1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

新宿プレオープンは11:30~15:00の限定で行われました。
青山でも出しているランチメニューを500円で提供。値段のせいもあったでしょうが盛況で終了しました。
80名以上の方々に食べていただき、新宿店の規模から考えるとランチで4回転と好結果です。
行列も出来ました。ありがたいことです。

ちょっとした「ほのぼの」した話もH山部長から聞きました。

すでに行列状態で食べるまでは30分はかかる状況に、近くのオフィスの女の子とその上司の男の人が一緒に食べにきたそうです。当然上司の方は、「またの機会に」といった感じだったのですが、女の子が「どうしても食べたい!!」と粘って、「私が並んでまってますから、その辺を散歩してきてください!」って感じのやり取りをしていたそうです。仕方なく上司の男の人は、1Fに上がりタバコをふかして時間をつぶしていたそうです。

そんなこんなで、やっとランチを食べて、その女の子は帰りがけに「凄くおいしかったです、またきますね!」の一言、上司の方は苦笑い・・・。

またのご来店おまちしておりま~す!!

残念ながら、自分は調理長と相談をして、青山店がピンチになった時の「お助けマン」として青山に残ったので生のお客様の反応は確かめることが出来なかったのですが。

お助けマン。・・・というのも調理長をはじめ調理の主力メンバーが新宿店に当分の間応援でいきます。
青山店もランチ時はそうとう込み合いますので、ピークの時にピンチになったら、応援に駆けつけるという作戦でした。
朝、青山の開店前にその辺の打ち合わせをして、「ピンチになったら、必ず呼んでくれよ!」と店長に言って事務所に戻る。お店を出る時には既に、1組のカップルがならんでいました。

準備中の看板を営業中に変えて、「いらっしゃいませ、どうぞ!」と入り口に誘導して、事務所に戻った。

新宿店も青山店もどんな状況なのか気になってしかたがないが、配布用のティッシュのデザインやホームページの更新などを手がける。

新宿店に電話をして状況を聞きたかったが、忙しい中電話をするのも悪いと思い、向こうから連絡が来るのをまつ。

事務所のメンバーも新宿店の状況がきになっているらしく、電話があるたびに「いま、新宿からの電話?」という会話が飛び交います。・・・正直自分が一番聞いていたクチですが。

そんな中、2時過ぎに調理長から自分宛に電話がある。

調理長「今日、午前到着の荷物がまだ届かないんですよ」
自 分「えっ、そうなんですか?じゃちょっとS口君に電話かわりますね」
   「どうですか?忙しいですか?」
調理長「半端なく、忙しいですよ~」と一言。

ちょっぴり安心した。結局、11:30から15:00までの予定だったのですが、15時15分前くらいに材料がなくなり(ランチナムル)終了したとのこと。事務所のスタッフからの安心の笑みと喜びの笑みが自然にわいてくる。

さて、そうなると気になるのが青山店。お助けコールもなかったので、「今日は悪いのかな?」なんて考えていたのですが、用事があって電話をしてみる。

すでに、4時を過ぎていたが売り上げ金額を聞くと約90名ほどの来店。こりゃ、青山も凄いや!!
ランチ3.4回転位だった。

普段ホールの店長がキッチンでよくがんばったと思いますし、ホールの皆も頑張ったね。
こころから、ねぎらいの言葉を送りたい。
店長も「新宿には負けませんよ~」と力強い一言。

さぁ、明日はいよいよ新宿店正式オープンです。明日からが本当の勝負でサービスで、味で認めてもらえるかが決まってきます。

青山店に関しても、今日の好調は前日までの積み重ねの結果。
特別チラシをまいたとか、広告をだしたとかではない以上、今日の結果は前日までのサービスや味の満足度の指標。
毎日の積み重ね、今日来店された方が満足してくれて、リピートしてくれたり、新しいお客様を連れてきてくれた時にはじめての実力になる。

明日も真心をもった調理と接客を心がけて欲しいと思う。

最後までお読みいただきありがとうございます。
気に入ってくれたらクリックお願いいたします。