1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

朝見た光景

朝、表参道駅に着き事務所に向かっている時、駐車監視員の方々が3名ほどで取り締まりをしていた。
ドトール珈琲の前においてあるバイク(スクーター)でした。

見るとヘルメットがシートの上においたままになっている。どう考えても、持ち主はドトールにちょっと寄ってテイクアウトで買い物をしている感じだ。
まぁ、それでも違反といえば違反だろうが、別に迷惑になる止め方をしているわけではないので、「そこまでやるか!」って感じで通りすぎる。

ドトールの前を通りすぎて骨董通りのマックスマーラーの前で信号待ちをしていると、同じく駐車監視員の方がまたもやバイク(スクーター)の取り締まりをしていた。

見てしまいました。そのバイク、キーのところが壊されて直結されています。明らかに盗難されたバイクと考えられます。

その駐車監視員は気がついていて取り締まりをしているのか、気がつかなくて取り締まりをしているのか分らないが写真を撮ってステッカーを貼るという一連の作業をしていた。

普通に考えると、自分自身のバイクを壊して直結するというのは考えにくい。よっぽど親の危篤とか緊急で鍵をなくしてとか・・・・でも普通はないかな。

そうなると今の道交法で考えると盗まれたバイクの持ち主が反則金を払うことになるのか?

駐車監視員

 

 

 

 

 

 

 

駐車監視員の方々は、そこまで考えて行動していたのだろうか?

ただ、そこに駐車してあったから取締りをしていたのだろうか。それより前に「盗まれたバイク」という事に気がつくべきだと思った。


そんな思いで事務所につく。

最近、新宿店オープンに先駆けてアルバイトの方々が沢山入社されています。
飲食業の経験がある方ない方。

現在は新宿店のオープン準備で、アルバイトの教育は現場にまかせています。勿論、頭でする仕事ではないですから現場で仕事を覚えることが大切です。
その方の資質もあるでしょうが、初日から元気良く仕事をしている方もいますし、緊張して声もあまりでない人もいます。テキパキ動ける人もいます、そうでない人もいます。

思うのは、先ほどの駐車監視員ではないですが、上司に言われたから、先輩に言われたから、その通りに行動をしますという人と物事の意味合いを理解して行動している人は、だいぶ結果が変わってくるということです。


自分も今回の飲食業だけではなく、宿泊業の立ち上げや営業部で部下を育てる立場にいたので、色々な場面に遭遇することありました。

営業の仕事はちょっと特殊性もあるので、単純な仕事でいえば

お客さんに送る資料を10部コピーを頼む。普段その事務所ではコピー用紙はプリントを失敗した用紙とか再生紙を利用している。

A 言われたとおりにコピーをする
B お客さんに送るものなので、再生紙と新しい用紙を交換してコピーをとる
C Bのとった行動にプラスしてホッチキスで束ねた。

Bはあえてお客さんに送る資料と告げなくても、内容を見て自身で判断をした。
Aは言われたとおりにコピーをした。内容の確認もしなかった。

AとBは同じコピーにも係わらず、大きな結果の違いがあった。
Cは更に一歩進んだ仕事をした。

なんの為に何をするかという部分が大切、このことをスタッフにも徹底させたい。

料理でも何故ここで塩を入れるのか理解しているのと、レシピに書いてある分量だけ入れるのとでは味が変わってくる場合もある。

塩を少々といっても、味付けのためのものと隠し味のためのものでは全く意味合いが変わってくる。それを理解しての少々と理解していない少々では味は変わってくるだろう。

これから新宿店・渋谷店と人が増えてくる。
なんのための「ありがとうございました」なのか、なんのための「いらっしゃいませ」なのか。

看板スンドゥブイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました→お越しいただきありがとうございます、またのご来店を心からお待ちしています。
いらっしゃいませ→ようこそお越しいただきました。スタッフ一同心からのサービスでおもてなさせていただきます。楽しいお時間をお過ごしください。

意味合いを理解した上での挨拶ならば、自ずと感情が入り、またそれが自分自身にも影響して動きも変わってくるはず。味も大切だがスタッフ教育も要になってくる。

さぁ、明日は新宿プレオープン、あさってはグランドオープン。心のこもった「いらっしゃいませ」で迎えたい。

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

新宿店を来週オープンをひかえバタバタなSです。

なんか、不思議なもので青山のオープンの時と違い同じ「バタバタ」ですが感じが違います。自分を含めた運営サイドの話しなのですが・・・。

意外と余裕があるような感じがあって・・・。
自分も、ここは誰々やっておいてとか、ここは頼むねといった感じで進んでいるのですが・・・。
皆、青山店の準備を経験しているので、その経験が生きて前よりはスムーズに事が進んでいます。少なくとも精神的には・・。

じゃあ、自分は今、何をしているのかというと、新宿店のメニューブックの作成と看板のデザイン、チラシのデザイン、その他新店舗の設計&打ち合わせで息をつく暇がないです。もっと前倒しに出来た事はあったと反省していますが、新宿店の店長になるN田君も現在青山で中核となって現場で仕事をしている関係上、なかなか時間が取れなかったのも事実ですし、調理長のH氏とも中々打ち合わせ時間が取れませんでした。

チラシ

 

 

 

 

 

 

 

S作のオープン用のチラシ、月曜から配布しようと計画しています。

今日、やっと時間を取って話しが出来ました。
一時的に全員ではないですが、青山店で経験がある者が新宿店にいき業務の流れを作りながら、徐々に新人を投入して戦力を作っていこうという作戦です。
この戦略は元々決まっていたのですが、具体的なスタッフを決めたのは今日でした。

今回、募集広告が好評で数多く面接を行いましたが、学生さんが多いため夜しか勤めれないとか、週に2日~3日しか勤められないとか制約が多く、うまくシフトを組んでいかないとなかなかまわらない状況です。
新宿店と青山のバランスを考えて配置していくのもひと苦労です。

なんとか話が一段落すると、自分は今日刷り上ったオープンのカラーチラシに、12日プレオープンのお知らせのチラシ(コピー)をホッチキスでとめていきます。実はカラーチラシもコピーのチラシも全てSの手作りです。
メニューブック、看板デザイン、ホームページとここのところ厨房ではなくパソコンの前でつくる日々が続いています。

さぁ、いまから携帯ホームページの変更にかかります。

おしらせ
7月12日新宿店プレオープン

プレオープンチラシ

 

 

 

11:30~15:00 通常ランチ900円~1,200円が500円にて!!

新宿3丁目駅C4出口より徒歩0分、出口の階段を上がって右側のビルの地下1階です。1Fがメガネスーパーのビルです。

新宿店地図

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご来店をお待ちしております!!

最後までお読みいただきありがとうございます。
気に入ってくれたらクリックお願いいたします。
 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

新宿店の引渡しがあった。
ビル全体の外壁工事をしているため、外の看板の設置はまだ終わっていないが、大まかな内装工事は終了している。青山店と同じオープンキッチン。

新宿店2

 

 

 

 

 

 


 

オープンキッチン

青山と比べると明るめのデザイン。席数は21席と青山と比べて少し小さい店舗です。

新宿店1

 

 

 

 

 

 

 

 

新宿店コンロ

 

 

 

 

 

 

 

 

スンドゥブが作られるコンロ

ただ、新宿3丁目駅のC4出口の真横という立地もあり、かなり人通りが多いところです。もともとトルコ料理のお店だったのですが、全面改装しました。
また、青山と違った客層の方が見えられるだろう。期待が膨らむ。

7月13日オープン予定です。
新宿店地図

 

 

 

 

 

新宿3丁目駅C4出口より徒歩0分

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

昨日夜ですが、プライベートでしたので名前は出せませんが、今一番勢いがある超アイドルが来店されました。
残念ながら、自分は会えませんでしたが、店のスタッフに聞いたところ、かなりのオーラを放っていたらしい。
ちなにに女性タレントです。

5人組みで来店されていたのですが、途中で他のお客様が気がついたらしくざわざわと。

そそくさとスンドゥブを食べて帰っていったとのこと。

有名人も大変ですね。

さて、話は変わりますが今回新宿店と渋谷店のオープニングスタッフの募集をしているのですが、大人気で面接が入りまくっています。
フリーターの方、学生さんと色々な人が面接に来るのですが、例えば将来タレントになりたいとか、目指しているものがある方と、生活のためだけとか小遣いを稼ぎたいという人は目の輝きが違いますね。

やっぱり夢を持つことは大切なことだとつくづく感じた。

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

ブラジル破れる。
ワールドカップも大詰め。イングランドVSポルトガル、ブラジルVSフランス、大方の予想を裏切りそれぞれポルトガルフランスが勝ちあがった。

ブラジルはロナウドとロナウジーニョの2トップ。
前半見た限りでは、ロナウドになかなかチャンスでパスが通らず、今までのロナウド、アドリアーノの2トップでMFロナウジーニョの方が良いと思った。

アドリアーノが投入されいつものフォーメーションになるとブラジルの怒涛の攻撃がはじまったが、フランスの固い守りで完封されてしまった。

ただ、アドリアーノが前にいき中盤にロナウジーニョに下がって明らかに攻撃力が増したように感じた。

ジダンの華麗なテクニック、フランスの守りが評価されて当然だが、ロナウジーニョをフォワードで使ったのが負けた原因の1つであったと感じている。

もちろん、ロナウジーニョが悪かったわけではない。

ロナウジーニョ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かにロナウドはワールドカップの新記録になる通算ゴールを達成するほどの逸材ではあるが、それもいいボールが配給されないことには彼の能力を発揮することはできない。

これって、店舗の運営や、味にも共通することだとブラジルVSフランスを見終わって、強引に感じてみた(^^ゞ

まず、スンドゥブでいえばスープや豆腐がロナウド・アドリアーノで、とりわけ具材がロナウジーニョといったところか?

強烈な印象を与えるスープを具材が盛り立てる、豆腐の柔らかさとそれぞれの具材の食感が混じることによって、より豆腐のフワフワ感や味を盛り立てています。

またスープとタテギに関しては、様々な食材が入っていて、その食材ひとつでも入っていないと同じ味は作れない。この食材に関してはお客様に目に見えるものではないので、もっと裏方の存在でサッカーで言えばディフェンダーやキーパーのような存在かもしれません。スープの命を守っている要ということでピッタリな表現かもしれません。

それぞれに役割があって、その役割以上・以下になると同じ味にはならないということです。

店舗でも同じことが言え、キッチンではお客様に「美味しいと喜んでもらえる味をつくり」ホールが「くつろげる雰囲気とサービスをする」
また、事務所の経理・人事・広報ではディフェンダー的な存在だが、スタッフが安心して働ける環境を作ったり、店舗を一人でも多くのお客様に知っていただくための広報をする。
どれ一つ欠けても健全な店舗運営ができないということ。

よし、ブラジル敗北の話題から強引に持ってきたぞ・・・。
もうちょっと頑張ってみよう。

チームワークが大切・・・。一般的になんとなく使われる言葉です。

確かにそうなのですが、じゃチームワークってなに?って聞かれて、10名中何名が的確な答えが返ってくるだろうか?スタッフに聞いてみたくなった。

まさか、「仲良く仕事をすることです」なんていう幼稚な答えはないだろうが・・・。

チームワークの定義は沢山あっていいと思うが、自分の考えるチームワークは自分の店舗に関する役割をしっかり意識して、行動すること、また、他のスタッフの役割も理解して行動する、これが全員出来た段階でチームワークがとれた店舗ということだと思う。

ちょっと社内向けの内容になってしまったな・・・。

おっ~と突っ込まれる前に言っておこう
味噌バタースンドゥブはバターの存在感も強くて、「じゃバターはどこのポジションか?」なんて言う人もいるかもしれませんが・・・・。


答えはフォワード。味噌バタースンドゥブは、3トップなんです。

最後までお読みいただきありがとうございます。
気に入ってくれたらクリックお願いいたします。