家庭で作れるスンドゥブレシピ

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

今の事業を立ち上げてからというものの、料理に関する書籍やDVDなどは暇さえあれば見る機会が多くなりました。元々好きなんで、普通の人から比べたら、以前から見ていましたが・・・・。

今日は意外と早い時間に仕事が終わったんで、まっすぐ帰宅。

ご飯食べて、風呂にはいってからDVD鑑賞です。「石橋レシピ」を見ました。TBSで放送されてた番組ですが、毎回プロの料理人が出て「かなり美味しそうな料理」を作るということで好きな番組です。
そのDVDが出たということで、東京純豆腐のメニューなどで応用できないかなと視線で見ていましたが、さすがでした。かなり参考になることもありました。

レシピといえば(おいおい、石橋レシピの話はもう終わりかよ・・・と自己突っ込み)

はなまるマーケットで「家庭で出来るスンドゥブ」のレシピを出演して公開したのですが、その後NTVの「たべごろマンマ」でも公開され、ブログなどでも紹介されていますね。

店舗レシピとは全く違うのですが、試食会や味の研究の時につくったものです。

作り方やレシピはここ
http://www.ntv.co.jp/tabegoro/recipe/07_0120/1.html

ブログなどでスープの段階でひき肉を取り出してしまうのは、もったいないとか、「捨てちゃうの?」といわれていますが、あえてスープのためのひき肉を「些細な贅沢」を追求しました。
レシピは豚スンドゥブですが、海鮮やその他のスンドゥブでも応用できるようにスープと具材からでる味を別と考えました。

はなまるさんで、「とにかく一般の人でもいつでも手に入る」という条件だったんですが、家庭レベルというなら、韓国の牛コツスープの素「ダシダ」が浮かんだんですが、韓国食材を売っている店が皆んの周りすべてあるとは思えないし・・・。

そんなこんなですが←(お決まりの言葉??)

スープを取った、ひき肉は「醤油」と「生姜(少々)」「酒」に漬けたものを炒めて(水分がなくなるまで)チャーハンやラーメンの具でいけますよ。

スンドゥブ新メニューを試作中です。乞うご期待!詳細は近日。

最後までお読みいただきありがとうございます。
気に入ってくれたらクリックお願いいたします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す