1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
人間のどういう嗜好が流行るかを徹底的に考えて、見つけ出すということが一番大切だということ。
海外情報が氾濫し、いろいろなレストランや料理を知るようになった現在、たぶん日本人が一番味にうるさい。
それなのに経営者が、システムだとかコストだとか、見当違いな勉強を一生懸命しているんです。
そんなことより皿の上をもう少し何とかしたほうがいい。
どうしたらその店が当たるか、流行るかは、人のマネをしないことです。
自分で商売をやりながら何かを開発していく。どうしたら人が喜ぶかを考えていくと、本当は大体分かるんです。
僕たちがやっていることは、基本的に他店とそんなに変わらない。
紅虎餃子房など多くの飲食店を運営している際コーポレーションの中島社長の言葉だ。

飲食店を運営するにあたって、コストコントロールやオペレーションのシステム化なども必要になってくるが、一番重要なのは、飲食店であるということだ。
食べ物を提供することでお客様に喜んでいただくことが原点なのだ。
当り前のことと簡単にかたづけてはいけないと思う。
どうしたら人が喜ぶかを継続して考えていくこと、お店の論理ではなくお客様目線で考えること。
そんなエッセンスがこの言葉には秘められている。大切にしたい言葉だ。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります