1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
中野CKで仙台パルコ店の新しいスンドゥブのレシピブック&写真撮影をする。
ちょうど調理長も、新作料理の試作ということで中野CKに来ていて、お互いに味見などをしていた。

調理長と中野CKで一緒にキッチンに立つのは、久し振りでなんとも懐かしい。
相変わらず、「口は悪いし、声は大きくよく響き、うるさい」
自分的には、調理長がキッチンに立つとにぎやかで、本当に楽しいです。
なんか自分的にはテンションがあがる!
まかない

まかないは調理長の試作のサラダと味噌ラーメン

NEWスンドゥブ
仙台パルコ店の新作のスンドゥブ、内容はまだ秘密です。

さて、話は変わるが先日の店長会議で、朝礼に関しての話題があった。

各業界によって、朝礼の形態や意味合いは違うと思うが、おおむね気持ちを仕事モードにするスイッチ的な意味があったり、仕事に向かうにあたって心を前向きになるような、それが朝礼だと認識している。

自分の初めての朝礼の体験は18歳の時に初めて就職した、営業会社。
今、考えれば凄い会社でした。
朝礼は前日に契約を取れた人の中から選ばれて行うのですが、当時24歳くらいの会社でも若手の先輩の朝礼が凄く衝撃的でかっこよかった。そしてはじめての朝礼に度肝を抜かれた。

ほとんど怒鳴り声に近い感じで、中腰でラグビーのスクラムを組むような恰好で「俺は、お前らと違うんだ~!、今日も絶対に契約を取ってくるぞ~、お前らも頑張れ!ただ、絶対に俺はお前らには負けないからな~!」ほとんど絶叫状態だ。
そして、「エイエイオー・エイエイオー・エイエイオー」と全員でこぶしを振り上げながら声を出す。
ちょうどエイエイオーが始まると同時に社歌が大音量で流れ始める。
そして、全員が机を手のひらで「バシッ」と叩き、アタッシュケースを片手に社外に出ていくのだが、事務関係の女子社員(20名位が)出口につながる通路に両側に並び、見送りをしてくれる。
その間、大音量で社歌が流れているのだ。
かなり、燃えるが、今考えるとちょっと引き気味になる位の朝礼だった。

そして、今の会社の営業部で所長をしていた時は、お客様に営業をするように、営業マンに対して朝礼のネタを考えて実施していた。
もちろん、営業は数字が命なので、数字に関しては厳しく言うが、朝礼ではかならず、営業マンがやる気が起きる、前向きになるようなストーリーを後半にいれる、そのネタを考えるのが朝の出勤時に考えるのが日課だった。

自分のやり方は、自分の考えを言うのではなく、何人かに質問をする方式を取っていた。
質問をして朝礼に参加意識を持たせるのである。
例えば、「コンビニって色々あるけど、どこを利用する?」一人・一人に答えてもらう。
そしてその理由も聞くのである。そして自分の利用するコンビニを紹介して、なぜ行くかを自分の考えを話す。
なぜ利用するかに関しては、きちんと自分の思いや理論を入れる。そしてスタッフが選んだコンビニに対しても、「こうだから、利用するんだよね」と突っ込みを入れる。
そして、自分のスタッフ全員に伝えたい思いや、行き詰っているスタッフに向けてメッセージを伝えるのである。

自分が嬉しかった&心に残っている朝礼は、契約が取れなくて少々悩んでいる営業マンと前日、事務所近くの居酒屋のいった時のネタだ。

普通に飲んで食べて仕事の話をしていたのだが、自分たちが座っている席の横に水槽がある。
中にはシマダイが何匹か泳いでいた。サイズが小さいので、観賞用なのかとも思ったのだが、そこの店長がお酒を持って来たときに、「これって食べれるんですか?」と質問をした。
自分の気持ちとしては、「なんでここに水槽がおいてあるの?」と何気なく聞いただけだったので、「はい、食べれます」とか「これは観賞用なんです」という答えを想像していたが、違ったのである。

「どちらにしますか?この大きめなんて刺身にしたらプリップリで美味しいですよ、お造りとかどうでしょうか?」

自分は思わず「じゃ、お造りでお願いします。」と言ってしまった。
そして、出てきたお造りは、メチャ美味しかった。大満足でした。

営業の仕事はある意味、お客様をリードしないといけない部分がある。

押しつけるのと、リードするのは異なる。

悩んでいた営業マンは、ある意味お客様をリードすることが出来なかったので、この話のネタにその営業マンだけでなく皆で会話をしながら朝礼を行った。

少し、長くなってしまって、それでも15分位だったかな?
でも、その営業マンは契約を2本成約。他の営業マンも全員でオーダーだった。

仕事が終わり、悩んでいた営業マンはハツラツとした笑顔で「所長、ありがとうございます、吹っ切れました」という言葉をもらった。嬉しい瞬間である。

自身も朝礼を通じて、「仕事ってこうなんだなぁ~」とか、TV番組の「深イイ話」ではないが社長をはじめ、上司の話に感動したりした。

朝礼って、ある意味儀式やルーチンになってしまいがちで、数字の話や伝達事項になりやすいみたいだ。

でも、朝のこれから仕事に入る直近、数字を伝えることも必要だが、心を伝えることの方が必要だと思う。

シフトの関係で全て店長や社員が朝礼に参加できるとは限らないが、ネタとは言わないが、せめて、社員が朝礼のイニシアチブをとるのであれば、自身で伝えたいストーリーを考えてもらいたいと思う。
自分のやり方があっているとか、間違っているとか別問題として、もっともっと朝礼でスタッフにアピールして欲しいし、スタッフに感動や気付きを与えてほしいと思う。

スタッフが感銘を受ければ、「伝染の法則」でそれがお客様に伝わるのである。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります