1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
最近、中野CKで試作をする機会が多くなり、試行錯誤しながら調理をしています。
先日も試食会があったのですが、20品目と言う品目数にこだわり、自分でも?の料理を出してしまった。案の定ダメだし。
味にこだわるのは良いが、試食会というイベントに本来の意味合いを忘れて、品目数にこだわったのは失敗だった。

案の定、「自身でこれはいける」といった料理やソースは高評価を受けた。
やっぱり自身の舌を信じることなのね・・・・。

中野CKで色々試作をしていて、時々思いだすことがある。
以前、仕込みなどをする合間に、様々な新作メニューを作った。
もちろん、採用するかしないかは、試食会を開いてその評価などを基準とした。
今でも残っているメニュー、消えたメニューもあるが採用されたメニューは自身ではすべて自信があったものだった。
メニューに載るまでに時間を要したものもあった。

店舗で人気のゴマ坦々スンドゥブはオープンして2年目位にメニューとして登場したが、実は開店前から頭にあった企画メニューでありました。
ただ、店舗オープン前の試食会でゴマペーストを入れたスンドゥブを作ったのですが、不評で自分としても満足できる味には程遠いものでした。

ゴマの油がスンドゥブスープの辛さとうま味を消してしまう。
そして、中野CKに入って色々な仕込みをするようになって、様々な食材、様々な手作りタレなどを作ったり、あつかったりする中、これとこれを組み合わせれば、うまくいかもと何度も試行錯誤しながら作ったスンドゥブでした。でも、「これって絶対無いよ!!、出来たら面白いね」と楽しみながら試作していました。

でも、それがお客様に受け入れられて、人気となると嬉しさも格別です。

しかも、他の韓国料理店や純豆腐専門店では味わうことが出来ない、完全オリジナルです。
その他の味噌バターをはじめ、純豆腐創業時には、夜遅く試作したり、休日に試作して「かみさん」にも味見してももらい「辛口のコメント」をもらっていました。それが役立ちました。

お客様に「オゥ~」と思わせて喜ばれるようなメニューを作成するのは、面白いのではないだろうか。
もっともっと仕事を楽しんでもらいたいし、楽しんでいる店舗をお客様も楽しいはずである。

楽しくイメージが出来る仕事をしたいと思う。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
料理って難しいですね。

美味しいという感情は万国共通なのですが、その基準は国によって、地方によって、またそれぞれ人によって異なります。また、苦手な食材というのも人によってあります。

自分は料理に関して好奇心があるせいか、比較的なんでも食べますし、好き嫌いが無い方だと思いますが、「ホヤ貝」だけは苦手です。

仙台に親戚がいたので、子供のころよく夏休みなどに行ったのですが、ホヤの食感とその味はダメでした。
もちろん、味覚は小学生の時ですから大人になって再度チャレンジしたのですが、駄目でした。
夏
本文とは関係ないが、ウチのボビー&猫チンどもも夏場仕様です。

癖があって、苦手のある食材と言えば代表格は日本では、納豆。
自分は大好物で、納豆と味噌汁と漬物があれば何日でも暮らせる。決して御馳走ではないが、好物である。

しかし、納豆を苦手としている人もいる。最近では以前ほどではないと思うが、特に関西の人は「あんなもの食べ物じゃない」とまでいう人もいるくらいだ。

最近、知ったのだが、一緒に仕事をしているI津係長は関東の人間だが、納豆は苦手で駄目だという。

自分からしてみれば、どうしてあんなに美味しいものが食べられないのだろうと思うのだが、逆にI津係長がホヤが好物だとしたら、言い返す言葉はない。

人の経験はその人の生きてきた人生分、作られてきたものがあり簡単には変えられないのだと思う。
20年間生きてきたならば、20年間で作られてきた経験や体験があるわけだ。

ただ、他の業界ではありえないとこなのだが、飲食の世界では、その経験をあさっさり変えることもありえることなのだ。
純豆腐のアンケートでも「辛いものは一切ダメで、避けていましたが、今日無理やり友達に連れてこられて食べましたが、美味しかったです。辛い物や韓国料理はさけていましたが、また来たいと思います」とか色々な言葉を寄せられる。

五感というのは人の持った本能。美味しいうまいは本能的な部分があるかもしれない。
辛いものがダメな人が、初めて東京純豆腐で辛い「純豆腐」にであって、新しい発見をする。

そんな飲食店の喜びもある。

ただ注文をうけて作るってことではなく、お客様の笑顔をイメージしながら作る。
それって、非科学的なことで、意味がなさそうだが、大きな意味がある。

お客様の好みや、苦手が聞けないが、自身がおかれた状況を考えて、お客様が喜んでいただけるイメージを想像して料理を作る。それが必要だと思う。

 

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
ホットでクールな旨いやつ
冷やしスンドゥブ
夏本番、暑い季節がやってきました。

東京純豆腐では夏の名物「冷たいスンドゥブ」スタートします。
旨辛味冷スンドゥブ
今年は「旨辛味冷スンドゥブ」3代目冷製スンドゥブ)

冷たいスンドゥブは東京純豆腐でしか味わえません。

ぜひぜひご賞味くださいませ。

なお、ルミネ北千住店のみ7/22のサマーフェアーからのスタートになりますので、ご了承くださいませ。

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
ゴルフ程不公平なスポーツはないという言葉を言った人がいる。
確か、新聞かなにかで読んだ覚えがある。

サッカーや野球などは「チームとして1対1」で、一緒にプレーをする。
テニスのシングルなどは個人で1対1で、つまり勝敗は双方の駆け引きで決する。
相手との戦いだ。
プレーしている時間は同じで、雨が降ろうが風が強くなろうが若干の不利・有利があろうとフィフティーフィフティーだ。

ゴルフの場合、同伴者がショットを打つときに無風状態でも、自分がショットをする時に急に風が強くなることもある。
ミスショットがキックして、良いポジションにボール行く人もいれば、ナイスショットをしてもキックが悪くて悪いポジションやディポットに入ったり。
最高のプレーをした人より、最低のプレーをした人が有利になることがある。(ワンショットに限って言えば)

そしてプロのツアーなどでは、プレーをする時間が最初の組と最終では、かなりの時間の開きがあり、一人はプレーしている時間は晴天が続き、一人はずっと雨の中でのプレーをしいられるなんてことが頻繁にあり得ることだ。

先日の全米オープンゴルフも、優勝したルーカス・グローバーと、6位に終わったタイガーウッズでは天候に左右された部分もあったと思う。
ルーカス・グローバーは最高のプレーをしたと思うが、もうちょっといい条件でタイガーがプレーをしていたら結果は違ったかもしれない。

そんな事を踏まえて、「ゴルフ程不公平なスポーツはないという」という言葉が出てきたのである。

また、ゴルフにはもっと、メジャーな言葉もある「ゴルフは人生と似ている」
山あり谷あり、ここで勝負に出るか安全策をとるか、それは自身の判断で、成功したとしても失敗したとしても全ては自分の責任だ。自分との戦いだ。

凄く相反する言葉だが、内容的には両方ともわかる気持ちがする。

ただ、自身が思うには周りの環境をすべて受け入れてそれで、自身の判断で最高の結果を期待することが大切なのだと思う。これはゴルフだけではなく、ビジネスや人生でも同じだ。

不公平というのは、ある意味多くは自身が抱く個人的な感情だ。
何度も書いているが、人は生れて来たときから状況が違う。
生きてきた人生や育った環境も違う。
自身がどう受け止めるかで、思考は変わってくるのだと思う。

新聞の言葉を読んで、人生に置き換えても、そんな事を感じた。

雨が降ろうが、強風だろうが全てを受け入れてビジネスでも人生でも「ナイスショット」をしよう!

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
もう、かれこれ7~8年位前にはやったチェーンメールで「時間銀行」というものがあった。
チェーンメールというと人を騙したり、ウィルスに感染させるようなマイナスなイメージがあるが、この時間銀行は内容的にビジネスや人生にグッと来るものがあった。
よく見る知り合いのブログに書いてあって、思い出したので紹介したいと思う。
–時間銀行–
次のような銀行があると、考えてみましょう。
その銀行は、 毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。
同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。
つまり、86,400ドルの中で,あなたがその日に使い切らなかった金額はすべて消されてしまいます。
あなただったらどうしますか。
もちろん、毎日86400ドル全額を引き出しますよね。
僕たちは一人一人が同じような銀行を持っています。
それは「時間」です。
毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。
毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。
それは、翌日に繰り越されません。
それは貸し越しできません。
毎日、あなたの為に新しい口座が開かれます。
そして、毎晩、その日の残りは消されてしまいます。
もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、あなたはそれを失ったことになります。
過去にさかのぼることはできません。
あなたは今日与えられた預金のなかから今を生きないといけません。
だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。
そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。
時計の針は走り続けてます。今日という日に最大限の物を作り出しましょう。
1年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみるといいでしょう。
1ヶ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしう。
1週間の価値を理解するには、週間新聞の編集者に聞いてみるといいでしょう。
1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。
1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。
1 秒の価値を理解するには、たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。
10分の1秒の価値を理解するためには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。
だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。
そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、十分に大切にしましょう。
その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。
そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。
明日は、まだわからないのです。
今日は与えられるものです。
だから、英語では今をプレゼント(=present)と言います。
—終わり—
生まれた時の境遇は皆違う。
大金持ちの家に生まれる人もいるが、貧しい家庭に生まれる人もいる。
生まれる国や、日本でいえば県も違うし肌の色も違う。顔も違う。
ただ、ひとつ人生において皆同じなのは、1日は24時間(86,400秒)だということだ。
その時間の使い方によって人の生き方は変わってくるのだと思う。
毎日、毎日なにもしなくても、自動的に86400秒は訪れる。
自分も含めて当たり前のように何も意識をしていない人も多いと思う。
ただ、タイムイズマネーではないが上記の時間銀行の話のようにお金に置き換えてみると、もっと時間に対して貪欲にならないといけないということが認識できると思う。
数年後、自身がどうでありたいか、今年どうでありたいか、今月どうでありたいか、今週どのようなしたいか、今日どうしたいか、今なにをすべきなのか?
時間銀行をうまく使いこなそう。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります