1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
雑誌を読んでいて、表題の記事が目に付いた。
以下、記事より抜粋

経営者の目を持つための最も大切な心構えとして、数年前に友人から聞いた言葉があります。
それは「真剣だと知恵が出る。中途半端だと愚痴が出る。いいかげんだと言い訳ばかり」という言葉です。
成功した経営者は日ごろから愚痴を言わないし、言い訳もしませんが、失敗した経営者からは愚痴や言い訳が聞こえてくることがあります。大成しないサラリーマンの専売特許も愚痴や言い訳。
それでストレスを発散し、同情を買い、自分を守り、慰めているのです。

ロイヤルホストの江頭匡一創業者から事あるごとに「僕は仕事をしているときはもちろん、食事中も、人とあっているときも、ゴルフをしているときも、寝ている時も、おしっこをしているときも、知恵が出る。アイデアが浮かぶ。それはいつも真剣だからだ。頭の良し悪しではない。君にアイデアがないのは真剣ではないからだ」と言われてしまいました。仕事を追っているときは、自分を追い込んでいるとき、思わぬ知恵やアイデアが浮かんでくることがあります。火事場のばか力といいますが、追いつめられた状態になったら人間は異常な能力を発揮できるのでしょう。

一方、無意識に愚痴を言っている自分に気がつくことがあります。自分の努力不足を棚に上げ、うまくいかない原因を上司や会社の性にして自分を慰めているのです。
うまくいかないのは社内環境や社外環境のせいではなく、すべては自分に原因があると考えない限り、進歩はありません。
(月刊 飲食店経営 2009年11月号から抜粋)

この記事を読んで非常に考えさせられた。
当社の社長も愚痴などは一切言わないし、会社を立ち上げる時にある課題があって、それを来る日も来る日もいつも考えていて、バスの乗っている時に激しく揺れた時に、そのアイデアが出てきたという逸話を聞いたことがあった。

経営者感覚という言葉があるように、いくら努力して経営者と全く同じ考えや心理にはなれない。
立場になって初めて知りうることがあるからだ。
母親や父親になって初めて感じるものがあるのと同じで、実際に経験してみないとわからない部分があるだろう。ただ、「経営者感覚」という言葉や「経営者の目」といういう部分では少しでも近づくことは出来ると思う。

記事にあった、「真剣だからだ」という言葉を置き換えてみると、「思い続ける」という部分と「常に頭を占有している」と自分は解釈している。
真剣にアイデアを出そうと思っていても、なかなか出てこない。しかし、思い続けていることによって、ある瞬間にアイデアが出て来るという場面はある。
発明家がその典型で、色々机上で考えていてもアイデアは出てこない。ただ、散歩をしたときや、人に会った時にその相手の行為やちょっとしたことから解決策が見つかったりするものだ。

常に意識していれば、ちょっとしたことでもヒントになりえるし、感じ方も違うだろう。
いっぽう仕事でデスクに向かっている時だけ、上司から時間を与えられてその時間だけ考えていても、なかなかアイデアは出てこないものである。

ずっ~と常に頭と心に意識を持つことによって、なにかのきっかけでアイデアとは出てくるものである。
「真剣」ということはそんなことなのかもしれない。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります