1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
先日の純豆腐事業部の忘年会で特別表彰された、渋谷店のK西店長代理。
本来の受賞者は違ったのだが、本人の意向により、彼の頑張りに感銘を受けたスタッフが彼に譲り渡す形で、表彰が行われた。感動しました。
受賞した本人は涙を流していましたが、彼に受賞を譲った本部スタッフの行動にも心が動かされました。
普段は辛口で店長や社員に接している彼ですが、にくい演出というか、それよりきちんとスタッフをみているんだなぁ~と当たり前の事ではありますが感動しました。

最終的に年間の表彰を受けた渋谷店のK西店長代理ですが、私見ですが本当に頑張り屋で気づかいもあり、非常にまじめ。

身を粉にして働くタイプで、決して多店舗展開を図る、東京純豆腐が目指す部分ではないのが、ただ、自分が出来る部分で自身の持っているキャパの中で、確実にできることを確実にやりきったということだと思う。

彼の勤務している時間は、タイムカードを押している時間だけでもNO1だ。

自分が店舗に入り続けることで、スタッフに自身の思いと行動を伝えたいという部分だ。

はっきりいって、もしかしたら彼の行動は理想ではないかもしれない。
ただ、店舗をひとつ企業と考えれば、自身が確実に利益に近づく行動をとるはずである。
今、自分が出来ることを確実に行動に移した、これこそスピリッツであると・・・。

まぁ、色々とありますが・・・・

理想は部下がしっかり、働いてくれて、立地もよくてお客様も沢山来店する。
長は部下の教育や指示をして、色々考える時間をもって・・・・。
これが理想ですわな!!

それを目指していくのが必須だが、現状出来ていないのなら、そこをいったん離れてまず、自身が確実に行動に移せて直接的に利益や売り上げにつながる、もしくはスタッフのレベル向上につながる部分の行動をとるべきなのではないかと感じる。

店舗を置き換えると、家庭であって、今日食う飯がなかったら家長である長が、どんな形であったとしても、倫理道徳・飲食業態のルールを守った上でやるべきだ。

「チラシを1000枚を2日ポスティングする計画です」

それを計画で終わらせてはいけない。どんなに時間がかかっても自分の気持ちさえあれば出来ることなのだから。

店舗の売り上げは、外的な状況に左右される。例えば嵐のように雨が降っている状況では店舗の売り上げは、基本下がる。でも、そんな時に東スンクラブ会員さん向けに、特別なお得情報をメールしたり、インフォメーションしたり。
それで効果があるかないかの問題ではない。
自身がどれだけ真剣に取り組んで、自分のキャパでやりったということだと思う。
それが自信や自己意識につながるのだと思う。

大切なのは、成功したとか達成したとかではなく、それにどれだけ自分のキャパで近づく具体的な行動をしたかであると思う。

それを続けていれば、例え失敗で始まっても、やがて問題点が出てきたり、方法論を構想する機会もできるはずだ。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票

個人的な話になるが、学生時代はあまり歴史に関しては興味がなかった。
特に世界史はそう感じた。今となっては人の歩んできた歴史を知ることは、今後の自分の思想に影響を与えたり、自身のあり方を見つめなおすとっても深い学習だと感じるが、当時は10代で「そんな過去の勉強するより、直接的に必要とされる数学や英語に目が行きがちだった」と記憶している。

日本史に関しては戦国の武将の話などは多少の興味を感じたが、あくまで教科書の勉強ではそれ以上興味深い話は見えてこない。

社会人になってから、歴史の本を読むと面白いと感じる。学生時代は年号を覚えたりとか、政令の内容や誰が作ったのかとか暗記する内容、言い方を変えるとテストの為の勉強なのだ。

それより、武将の心理的なやり取りや、戦略、上下関係など非常に面白いと感じると考えさせられる。
日本史とは離れるが、三国志なども非常に登場人物が個性をもっていて、面白い。

自身のおかれている状況に置き換えて、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康はどの人物なのかとか、三国志であれば中心的にいる劉備・孔明・関羽・張飛・趙雲はだれなのかとか考えてみるのも面白いかもしれない。

もちろん、誰も当てはまらない部分もあるかとは思うが、そんなきっかけで歴史に興味を持つこともありだと思う。
張飛のイメージは純豆腐でいうと、自分は調理長のイメージがあるのだが・・・。

ちょっと前振りが長くなったが、未来を創造するためには実は、過去の歴史を知るということも必要だということだ。
方法論だけでなく、その時の気持ちや思いを感じることも必要だし、先人がやってきたことを参考に、よりよいやり方を創造するために、スピリッツを感じることが必要だと思う。

別に過去のやり方に、こだわる必要はない。

必要なのは、やり方ではなく、気持ちが伝承されているかであると思う。スピリッツの伝承である。

それが、昨日書いたマンパワーではないが、企業を強くするのではないかと思う。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
先日年末のグループ全体の会議があった。
東京純豆腐だけではなく、いままで自身が携わっていた営業関係や新しく出来た事業部などすべての責任者が出席する会議である。
この会議は3か月おきに行われるのだが、忙しくて欠席することもある。
長い会議で、発言時間も限られていて、はっきり言って議論をする場ではなく発表の場という感じだ。
一人何分で発表してくださいという、いつしか慣例もあった。
他事業部の動きがわかるといった意味では、必要な会議ではある。。

ただ、純豆腐としては組織が成熟していない状況で、日々仕事を追いかけている中、例え6時間~8時間でも惜しいのが現実だ。新しい事業展開や、新店開店、メニュー改定となればなおさらだ。

そんな感じだったので、気乗りはしない会議ではあったが、年末ということもあり午後から出席する。
純豆腐の会議報告は自分とH山部長が行い、それが終了してから営業部の会議報告だ。

営業部の本部長をはじめ、副本部長などやキャリアが長い社員さんとの交流はあるが、中には名前だけ知っているが実際に話したことがない所属長もいる。
そして年末ということではないが、好成績をあげた所属長に本部長から、本部長賞が贈られてその発表もあった。
その数は8名位に及んで、それぞれがコメントするのだが、みな立派なコメントだった。
中には選挙演説のような気が入ったコメントもあったし、さすが営業マンといったところだが話が面白いし、臨場感があって魂を感じさせるコメントだった。

表面上の会議での話ではなく、魂を感じるしおそらく今日表彰された人の中から、次世代の営業本部を担っていくのだろうなという期待感もわいた。
その後、忘年会があって上記のメンバーとも話をしたのだが、頼もしく感じた。皆それぞれの会社に対するイズム(BCイズム)を持っている。
世の中が不景気と言われている中、色々な外的な要因が商売に影響してくる。
デフレ・就職難・買い控えなど、マイナス要因が多い。
仕組みやシステムを基盤で商売をしている所は、軒並み減収・減益の企業が多い。
ただ、マンパワーというものは外的な要因に影響を受けにくい。
全く影響を受けないわけではないが、人の力や心が一点に集中すれば、知恵も出てくるだろうし、火事場の馬鹿力ではないが、能力以上の力が出てくるものだと思う。
そんなマンパワーの大切さを改めて、痛感させてもらえた会議&忘年会だった。

こんな会議なら、ぜひ純豆腐の現場で頑張っている店長に参加してもらいたいと思ったし、会議のあり方も考えさせられた。

分析や対策を考える会議とは別に、会議という形ではないかもしれないが当社全体に進むべき方向を語り合ったり、元気をもらえる場をもっと、もっと現場の人に体感してほしい。

そしてウチの会社を一番よく知っている、自身を含めてI部長やH山部長などが、BCイズムを伝えていかなければいけないと思った。
そして新たに、純豆腐イズムを作っていかないといけない。
これは、今いるスタッフが作っていくべきものなのだ。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
あいかわらず、ひどい肩こりに悩まされていて、いつも行くマッサージ店に行ってきた。
60分のコースだったのだが、たまたま先日マッサージしてもらった中国整体の人だ。

前のマッサージをしてもらった時は、かなりハードで痛かったので、今日も痛いようだったら我慢せずに文句を言おうと思っていたのだが、前ほどハードではなくちょっと痛い場面もあるが、それほど気にならない。
やはり肩・腰を中心になかりコリは酷いようだ。

マッサージを受けながら、お酒を飲みますか?とかちょっと胃腸が弱っていますね、とか寝不足ではないですかとか、体を触っているだけで、その先生はわかるらしい。

今回のマッサージは肩こりや腰のこりもあるが、肩こりから来ているのかもしれないが、首が痛くて首の稼働範囲が少ない、簡単にいえば首が回らないのを軽減してもらうことを目的としていた。

だいぶ入念にコリをほぐしてもらったが、それでも首が回らない状況だった。

そしたら、靴下を脱いで仰向けになってくださいと言われたので、どうするのかと思ったら、手にクリームを塗って親指付近をグリグリとマッサージを始めた。

徐々に強くなっていき、「ウッ~」をうなり声を洩らす位痛い。そしてマッサージをしながら途中で親指を強く握り、思いっきり引っ張られた、こうなるとうなり声なんてもんじゃなくて「ウギャ~」と悲鳴をだしてしまった。
「ウギャ~」「ウギャ~」「ウギャ~」と治療院に叫び声が響きわたる。
幸い、先ほどまで治療をしていたお客さんは帰ったあとで、自分ひとりしかいなかった。

しかし、悲鳴を上げたのは何年ぶりだろうか? いや、悲鳴をあげたこと自体記憶にない。

足の親指のマッサージが終わり、今度はベットの腰かけて手の甲を親指で強く、押される。
これもかなり痛くて「ウッ~」とうなり声がでてしまう。
最後はかなり痛い治療ではあったが、首を回してみてください言われたので、首を回すと完璧ではないが、なんと首が回るのである。

手や足にツボがあるのはわかってはいたが、これほどの効果があるものなのかとビックリしたと同時に、今日の先生のファンになってしまった。
実は先日も首が回らない状態で違う先生のマッサージを受けたのだが、気持ちよくコリもほぐれたのだが、首は治らなかった。その先生が言うには1回の治療では難しいですねとのことだった。

どちらの先生の治療方法が良いかというのはわからないが、多少でも首が回るようにしてくれた中国整体の先生のプロフェッショナルを感じたし、満足感が高かった。

お客様が来店される意味は多様だ。その要望に答えることが一番大切なことなのである。
飲食店における係数や、管理は大切なことだし、避けて通ることはできない。組織が大きくなればなるほどその重要性は増していく。
ただ、お客様の要望やニーズに目を向けることはもっと大切であり、最優先課題だと思う。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
形あるものは、いずれ壊れるという言葉があるように、そのやり方や方法が今現在正しくとも、未来には通用しないかもしれない。そして同じ目的を達するために他の方法にやり方を変わっている。

例えば、電子レンジの登場で再加熱や時間のかかる作業が大幅に短縮された。
その後スチームコンベクションが出来たり、電子レンジでも高機能なものが出来る範囲が広がっている。

つまり、やり方というものは常に時代に合わせて変化していくものだと思う。
だから、今やっている方法論も3カ月後・3カ月後には変化しているのかも知れない。
これが、正しいというフォーマットは時代によって変わるものだ。

だから、時代や消費者の変化に柔軟に対応していくこと、そして常に方法論に固定概念を持たないことが、これからの企業の必須条件だと思う。
居酒屋チェーン店が好立地の場所に出店して、好条件の待遇(好立地なので時給も競争)でバイトを雇い、同じようなフォーマットの料理とお酒の提供をする形式で、今苦しんでいる。
差別化がないのだと思う。
自身で考えても、どこの行きたいかと聞かれたら、迷ってしまう。その居酒屋に他にはない特色の料理があれば、それを選ぶし、なければ、サービス券などお得感があるお店にいくだろう。

これは消費者という表現をしたが、従業員に置き換えることができる。

高度成長期時代や、バブルと色々な時代があるが、働くスタッフの気持ちの持ちかたにも時代によって違う。
人はモチベーションを持てることによって、自分の持っている能力以上のものが発揮できるのだ。
その部分は変わっていない。

ウチに入社してきた転職者も、面接時に退職の理由を聞くと、ほぼ「がんじがらめで、自分のやりたいことができない」というのが共通した部分だ。

ただ、それは組織的に絶対に出来なかったのかというと、?である部分も多い。
ある意味言い訳かもしれない。
ただし、それは、逆に考えば、そう考えさせた企業の問題とも言える。
もちろん、本人の努力不足だったり、スキルの無さという部分もあったかもしれないが、それをそれだけで終わらせてはいけないと思う。

組織が大きくなると、どうしても形をつくらないと管理ができない。
ある程度のフォーマットをつくらないといけないとは思う。

ただ、一番大切なのは、ウチに何かの縁があって「同じ釜の飯を食う」という仲間に、先輩が業務を教えて一人前にしたり、夢を持って仕事をしているスタッフをもっともっと大切にしないといけないということだ。

形の話に戻るが、形は色々と変化する。
これが正しいという事はない。

ただ、普遍的な部分で言えば、飲食業は「美味しい料理」を「おもてなしの気持ち」はこれは多分、飲食業をやっている以上、形ではなく普遍的な部分であると思う。

お客様に本当の喜んでもらいたなら、まず従業員にこの会社に入って良かったと生き生き仕事をさせてあげる環境を整えてあげることが必要だと思う。

数字やシステムも必要だが、人と人とのつながりや信頼感が、組織をつくっているのでだ。

ただ、スタッフ自身も仕事の質を上げていく努力は必要である。
スタッフのレベルが上がり、ワンランク上の視点が持つことが、組織を発展させ、しいては働きやすい環境を作り出すのかもしれない。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります