現場の長の条件として、自ら動くこと出来るということが必要だと思う。
指示して人を上手く動かすことも必要だが、自ら動くことが出来る。それが人を動かすのだと思う。
特に飲食であれば根本であるキッチン業務。

簡単なことだ。自分が個人的に飲食店を開くとしたら、どうするかである。
人を雇って自分はホールをやるなんていう人は金持ちか、飲食をビジネスとツールと考えている人が大半だろう。

なので、飲食業を営む上でキッチン業務を把握することって、全体を見るために大切なことだ。仕入れから原価調整やら、仕込みや調理まで根本になる業務が沢山ある。

また、業態にもよるが、技術のある調理人との話し合いでもキッチンを把握できないと、うまくいかない。

別にキッチンの業務をルーチンで入る必要はないが、流れを把握していることは大切なことだと思う。

要は、自らも出来て、指示できることが大切。

ただ、理想は店舗の新規開店などで、がっつりシフトインして自ら先頭を引っ張っていくことが大切だけど、いつまでも自分が労働力になってしまってはいけないということだ。

労働力となって、またその立場になって考えてあげることは必要だが、長はそれを体験してもっと良い環境を考えてあげたり、実現することが仕事。ワンランク上の仕事をすること。

ピンチには自分は先頭に立って戦う事が出来るが、普段は自分の育てたスタッフが先頭を走って戦っているっていうイメージかな?

とにかく、長がいつまでも朝から晩まで、一生懸命仕事をする姿勢を見せることは良くない。逆説的な考えですが。

そんな長の仕事に程度の低い尊敬の念は持てるかもしれないが、自身の夢は持てない、上司のようになりたいと思えないからである。

いや、男性でも女性でもそんな仕事ぶりにあこがれるかもしれないし、異性からもてるかもしれない。

でも、長という部分では違うだろう。

部下は、自分とは違う仕事、夢を追っている笑顔の絶えない上司を追っているのだと思う。

営業部時代にも自身も経験した。

頑張って頑張って、疲れている上司には本当に敬意を表わすし、ある意味尊敬出来る。

ただ、自身がなりたいかと思ったら別だよな。

なりたくない。

そう思わせた時点で、長としてはね・・・・・。

鎧は何度も脱ぎ換えても良いんだぜ。

頑張ろう!!まじ、年末から来年頭にかけて忙しくなるぜ!

それだけチャンスも増える。

動けるように!

そこんとこヨロシク!(←20年前のフレーズ?)