涙がチョチョ切れた!

初めての東海地区への出店。栄店のオープン。北千住店の店長であった、H口店長が赴任。

そして、H部統括店長も応援で立ち上げをした。

本当にご苦労様でした。良いスタートが切れたようです。

オープンから1週間経って、H部統括店長が東京に戻ってきました。

まぁ、オープンから1週間と言ってもその前の募集や、トレーニング期間も含めると1カ月以上離れていたので、本当に久しぶりな感じがします。

先日、久々に一緒に飲みました。

ますます、生意気で偉そうになってます!(これ褒め言葉だからね!)

そんなH部統括から聞いた名古屋での話。

うんうん・・・・・涙がチョチョ切れる程嬉しい話しを聞いた。

なんでも、寒ーい日に訪れた女性お客様、2名様のコメント。名古屋での話です。

寒ーい日に道を2人で歩いている時に、たまたま出張で行った池袋で食べた東京純豆腐を思い出して、「池袋で食べたスンドゥブ美味しかったね、こんな寒い日に食べたいねぇ~」なんて会話を歩きながら話していたそうだ。

たまたま通りかかった、勤め先近くに東京純豆腐・栄店を発見!!

「えっえっ~こっちに出来たんだ~」と来店されて、純豆腐を堪能していただいた。

これって、もの凄く嬉しい。東京純豆腐の味を覚えていただいて、支持していただく。

はっきりいって、今回の話しみたいなのは、涙がチョチョ切れるほど嬉しいんだよな。

お客様のアンケートでも、好評をいただいているが、意外と東京純豆腐を名古屋出店前に食べている、または知っているという人が多く驚いたわ!!

また、エリアを超えて支持してくれている。

うーん味を作っている者としては、涙が出るほど嬉しい限りです。

商品は開発したものから言わせたら、子供なんです。

だから、子供を褒められるのは嬉しい限りです。

思いがあるんです。その思いがあるものを商品としてではなく、本当に血を分けた肉親のような。

だから、調理長も吠えるんだし、俺もこだわるんだよな!

その思いがお客様と共有出来た時に思いの程、喜びがあります。

よっしゃ、名古屋でも、もっと親しまれる店を目指して頑張ろ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す