先日のセミナーの時もそうだが、耳が聞こえない彼の話は感動的だったが、必要以上に涙が止まらなかった。
帰りの電車の中でも一人涙が止まらなかった。自身で昨日のブログを書いていても涙してしまった。止まらなかった、涙が。
実は、自身の過去を投影してしまったから。実は今もこのブログを書きながら涙が止まりません。
涙が出るだけ良い事だと思います。
状況は全く違うが、自身も父親の愛に深く感銘を受けた出来事があったのだ。思いだしてしまったのです。
自分は19歳の時に母親を亡くし、翌日に父親は脳卒中で危篤状態になった。
父親を緊急病院に入院させながら、母親の葬式の喪主を務める事となる。

自分にとってかなり苦しい時代でした。
母親の死因にも納得できなかったし、オヤジの勤め先の人に、励ます意味で言われた一言。
「不自由が残って、生きていられるより一層のこと亡くなってくれた方が方がいいよね」
また、病院では回復の見込みがないので、退院してくれとか。
仕事の関係で病院にいけないと、看護婦の冷たい言葉。
さまざまな、周りの言葉や態度、制度でボロボロなった。
孤独と不安とせつなさ、絶望感、自分を見失った。悲しくてしょうが無いのに涙すら出ない。
本当につらいという状況を越して、生きているのさえ嫌になった。
ただ、言葉もしゃべれない父親が支えだった。
幸い、まわりの助けもあり、父もリハビリの病院に転院することになった。
しばらくして父親の病気が安定してくる。
もちろん、後遺症があったが、意識もはっきりしてきて病院に見舞いにいくと、笑顔をみせてくれる。
自分にとって暗黒の時代ではあったが、たった一人の肉親である父親の笑顔は嬉しい限りだ。
だけど父親は脳卒中の後遺症で言葉はしゃべれない。半身が動かない状況で寝たきり状態。

可能な限り、父親がリハビリをしている病院に行くようにした。洗濯物を持って帰り自宅で洗って病院にもっていく。バイトにいく。そんな生活が続く。難しい、保険の手続きや役所に顔をだしたり、なんか同年代の友人が、彼女がどうだとかギャンブルがどうだとか、半年前まで自分が話していた話題に加われない自分がいた。

頭の中は家族(おやじ)のことでいっぱい。
自然と友人との接点が減っていった。

でも、いいと思った。当時は世界にたった一人の肉親がオヤジだったんで。

元気な頃は、決してオヤジは大切にしてなかった。殴った事もあったし、馬鹿にしたこともあった。

でも今は、しゃべれなくても、あるけなくても、どうであろうと自分を生んでくれた親であるし、一番大切な人だった。

ある時病院に見舞いに行くと、しゃべれないオヤジが何度も訴えかける。

言葉はちゃんとしゃべれない。

「○○○~~~」

言葉は分からない。でも何度もオヤジ言ってくる。

最後は少し怒り口調で・・・・。

 

何度目位だっただろうか。はっきりと自分が理解できたのは。

「帰れ、俺にかまわないで」

なんか、ある時を境に直ぐに「帰れ」的な表現をすることが多くなったオヤジ。

時間を作って見舞いに言ってるので、行ってすぐに帰れってちょっと頭にくる。

あまりにそんな機会が多かったので、オヤジの真意を思い、じっくりと話した、筆記で。

「俺にかまうな!」

オヤジは俺のことを思い、脳の障害にあいながらも、俺にかまってないで自分の青春を楽しめ!

ということであった。

ベットの上だけで生活をしている親父が、自分の事を気にかけてくれている。

深く感動して、涙を流しながら親父の手を握り、「なに言ってるんだよ、俺にとって唯一の肉親が親父なんだよ、そんなこと言わないでくれと」病室で言った・・・今でも鮮明に覚えている。

自分の体験や今もかかえている色々なこと・・・・。色々あって1000人に一人かもしれないと1万人に一人の経験かもしれない。

どちらかというとマイナス的な要因かもしれない。

何度も良からぬ事も考えた時期があった。ただ、だからこそ今の自分がいるのかもしれない。

母を亡くして、父親の食事を作る必要があったから、料理を勉強したり興味ももてた。

両親を早く亡くしたので、必然的に自立しなきゃいけないって意識も強かったし。

一見マイナス要因に見えるが、プラス要因になっていると自分では思っている。

昨日の耳の聞こえない彼も、苦悩してはいたが父親の本当の愛情を感じることができ、得た物は大きいと思う。

自分も過去は過去として、今は亡き両親の分まで幸せにならないといけないと思うし、周りを幸せにしないといけないと感じている。

母が亡くなって25年がたった今、新たに感じた事です。
自分が幸せを感じるためには人を幸せにしなければ。
あの時の父親との思い出を胸に抱きながら、我を張る。頑張る!
オヤジと俺
ありがとう。今度は自分がありがとうと言われる存在になります。
オヤジ、お袋見ててくれよ!

先日、藤沢での赤塚元気さんのセミナー時に紹介のあった、感動する話の原文を見つけたので紹介する。
音楽付きでこれが流れた時に、思わず感動して涙を流してしまった。
恥ずかしかったけど涙が止まらなかった。周りでも涙を流している人が沢山いた。

俺には母親がいない。
俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。
産まれたときから耳が聞こえなかった俺は
物心ついた時にはもうすでに簡単な手話を使っていた。

耳が聞こえない事で俺はずいぶん苦労した。
普通の学校にはいけず、障害者用の学校で学童期を過ごしたわけだが、
片親だったこともあってか、近所の子どもに馬鹿にされた。
耳が聞こえないから何を言われたか覚えていない(というか知らない)が
あの見下すような馬鹿にしたような顔は今も忘れられない。

その時は、自分がなぜこんな目にあうのかわからなかったが、
やがて障害者であるということがその理由だとわかると
俺は塞ぎ込み、思春期の多くを家の中で過ごした。
自分に何の非もなく、不幸にな目にあうのが悔しくて仕方がなかった。

だから俺は父親を憎んだ。
そして死んだ母親すら憎んだ。
なぜこんな身体に産んだのか。
なぜ普通の人生を俺にくれなかったのか。

手話では到底表しきれない想いを、暴力に変えて叫んだ。
ときおり爆発する俺の気持ちを前に、父は抵抗せず、
ただただ、涙を流し「すまない」と手話で言い続けていた。

その時の俺は何もやる気がおきず、荒んだ生活をしていたと思う。

そんな生活の中での唯一の理解者が俺の主治医だった。
俺が産まれた後、耳が聞こえないとわかった時から、ずっと診てくれた先生だ。
俺にとってはもう一人の親だった。

何度も悩み相談にのってくれた。
俺が父親を傷つけてしまった時も、優しい目で何も言わず聞いてくれた。
仕方がないとも、そういう時もあるとも、そんな事をしては駄目だとも言わず、
咎める事も、慰める事もせず聞いてくれる先生が大好きだった。

そんなある日、どうしようもなく傷つく事があって、
泣いても泣ききれない、悔しくてどうしようもない出来事があった。
内容は書けないが、俺はまた先生の所に行って相談した。

長い愚痴のような相談の途中、
多分「死にたい」という事を手話で表した時だと思う。

先生は急に怒り出し、俺の頬をおもいっきり殴った。
俺はビックリしたが、先生の方を向くと、さらに驚いた。

先生は泣いていた。

そして俺を殴ったその震える手で、静かに話し始めた。

 

ある日、俺の父親が赤ん坊の俺を抱えて先生の所へやってきたこと。
検査結果は最悪で、俺の耳が一生聞こえないだろう事を父親に伝えたこと。
俺の父親がすごい剣幕でどうにかならないかと詰め寄ってきたこと。

そして次の言葉は俺に衝撃を与えた。

「君は不思議に思わなかったのかい。
君が物心ついた時には、もう手話を使えていた事を。」

たしかにそうだった。
俺は特別に手話を習った覚えはない。じゃあなぜ・・・

「君の父親は僕にこう言ったんだ。

『声と同じように僕が手話を使えば、この子は普通の生活を送れますか』

驚いたよ。
確かにそうすればその子は、声と同じように手話を使えるようになるだろう。
小さい頃からの聴覚障害はそれだけで知能発達の障害になり得る。
だが声と同じように手話が使えるのなら、もしかしたら・・・
でもそれは決して簡単な事じゃない。
その為には今から両親が手話を普通に使えるようにならなきゃいけない。
健常人が手話を普通の会話並みに使えるようになるのに数年かかる。
全てを投げ捨てて手話の勉強に専念したとしても、とても間に合わない。
不可能だ。僕はそう伝えた。

その無謀な挑戦の結果は君が一番良く知ってるはずだ。
君の父親はね、何よりも君の幸せを願っているんだよ。
だから死にたいなんて、言っちゃ駄目だ。」

聞きながら涙が止まらなかった。
父さんはその時していた仕事を捨てて、俺のために手話を勉強したのだ。
俺はそんな事知らずに、たいした収入もない父親を馬鹿にしたこともある。

俺が間違っていた。
父さんは誰よりも俺の苦しみを知っていた。
誰よりも俺の悲しみを知っていた。
そして誰よりも俺の幸せを願っていた。

濡れる頬をぬぐう事もせず俺は泣き続けた。
そして父さんに暴力をふるった自分自身を憎んだ。
なんて馬鹿なことをしたのだろう。あの人は俺の親なのだ。

耳が聞こえないことに負けたくない。
父さんが負けなかったように。

幸せになろう。そう心に決めた。

今、俺は手話を教える仕事をしている。
そして春には結婚も決まった。
俺の障害を理解してくれた上で愛してくれる最高の人だ。

父さんに紹介すると、母さんに報告しなきゃなと言って父さんは笑った。
でも遺影に向かい、線香をあげる父さんの肩は震えていた。
そして遺影を見たまま話し始めた。

 

俺の障害は先天的なものではなく、事故によるものだったらしい。
俺を連れて歩いていた両親に、居眠り運転の車が突っ込んだそうだ。
運良く父さんは軽症ですんだが、母さんと俺はひどい状態だった。
俺は何とか一命を取り留めたが、母さんは回復せず死んでしまったらしい。
母さんは死ぬ間際、父さんに遺言を残した。
「私の分までこの子を幸せにしてあげてね」
父さんは強くうなずいて、約束した。
でもしばらくして俺に異常が見つかった。

「あせったよ。お前が普通の人生を歩めないんじゃないかって
約束を守れないんじゃないかってなぁ。
でもこれでようやく、約束…果たせたかなぁ。なぁ…母さん。」

最後は手話ではなく、上を向きながら呟くように語っていた。
でも俺には何て言っているか伝わってきた。
俺は泣きながら、父さんにむかって手話ではなく、声で言った。

「ありがとうございました!」

俺は耳が聞こえないから、ちゃんと言えたかわからない。
でも父さんは肩を大きく揺らしながら、何度も頷いていた。

父さん、天国の母さん、そして先生。
ありがとう。俺、いま幸せだよ。

第11弾が本日1/24(月)から始まりました!!

Mus?e Naomiアーティフィシャルフラワー展
季節の花飾り「Printemps~春の喜び~」

a3
1
2

【プロフィール】
◇駒津直美(こまつなおみ)
 
長野県出身。東京在住。
大学卒業後、外資系コンピューター会社の総合受付業務を経て、2002年、Mus?e Naomi(ミュゼ・ナオミ)設立。

その間、国内にて小原流いけばな、パリスタイルのフラワーアレンジメント(生花・アーティフィシャルフラワー)、ウエディングを中心としたプリザーブドフラワーを、オランダにてダッチスタイルのフラワーアレンジメント(生花)を修得。
その他、国内外のフラワースクール、フラワーデザイナーに学ぶ。

2003年秋より、自宅にてフラワーアレンジメント教室を主宰。
同時にカスタムメイドのギフトフラワーのデザイン・制作販売をスタート。
また、プリザーブドフラワー専門ショップの商品のデザイン企画と製作を担当。
WEBにて花コラム連載。

2007年秋、アトリエを移転。
現在「心地よく美しい暮らし、色鮮やかに輝く暮らし」をコンセプトに心地よさ感じる美意識高い暮らしの中の花の楽しみ方を提案しながら、サロンスタイルのレッスンを中心に活躍中。

ミュゼ・ナオミサイト http://www5e.biglobe.ne.jp/~musee/
ミュゼ・ナオミブログ http://ameblo.jp/musee-naomi/

3
4
5
●詳細
期間:2011年1月24日(月)~2月6日(日)
[平日:11:00~23:30/日・祭日:11:00~22:00]
店名:東京純豆腐青山店
TEL: 03-5766-1121
住所:東京都港区北青山3-12-1 024ビルB1

・・・・・・・・・・・・・・

6

Lesson参加者も随時募集しております!

253
7
8

スンドゥブスープセット
スンドゥブ鍋セット
スンドゥブまんじゅうなど好評発売中
鍋セット
スンドゥブまんじゅう
自社ホームページにショッピング機能がつきました。
http://www.tokyo-sundubu.net/
ショッピングタグからお入りください。
ダイレクトURLはこちら

ぜひ一度ご覧くださいませ!

去年の年末に怪我をした関係で、近くの病院を探した時に気がついたのですが、自分が生まれる前からあった総合医院がなくなっていて、ちょっぴりショックだった。

地元では有名な医院でした。腕がいいとかそんなんじゃなくて、院長の人柄が皆に親しまれていました。

自分も子供のころからお世話になっていて、大人になってからも、お酒を飲んだ翌日に血液検査を受けてガンマGTPが高いと、○○ちゃん飲みすぎだね、ほどほどにね。でも、まぁ俺なんか800近くあるけど大丈夫だけどね。なんて医者らしからぬ人でした。

一番印象に残っているのは、自分が20歳位の時、母が亡くなり父親が倒れて病院に入院して6か月位たった時のこと。

もう、回復の見込みがないので退院してくれとその病院から迫られた。

歩けない、話せない寝たきりの父親を自分が面倒見切れるわけがなく、途方の暮れていた時に、上記の地元医院の院長に相談したら、快く入院を快諾してくれた。

しかも、リハビリをしても回復しないと前の病院で言われていたが、少しでも可能性があるならリハビリをした方が良いとすすめてくれて、リハビリを取り入れてくれた。

少しずつ回復して、最終的にはリハビリの専門病院まで紹介してくれて、そこに転院。最終的には杖をついて歩けるまで回復して自宅に帰ってこれるようにまでなった。

そんなハートフルな院長だったのだが、いまから10年位前だったかな、亡くなってしまい、その後を院長の息子が継ぐこととなる。

確かに偉大な父親の後はプレッシャーは大きかったかもしれない。

ただ、常に上から目線で、怒るし、相手の話をあまり聞かないタイプ。医師としての腕とかはわからないが、少なくとも患者として頼りたいタイプでもないし、力をもらえるってタイプじゃない。

患者を患者として。風邪をひいている患者なら風邪をひいている患者として見るが、個々の顔がみえていない。

カルテや症状を見て判断するが、顔をみないタイプ??ちょっとわかりにくい表現かもしれないがそんな感じだったので、少しずつ来院患者は減っていった。

そしたら、その病院はなくなり、飲食店で言えば居ぬきみたいな感じで他の医療団体が入っていた。

まぁ、なるべくしてなったともいえるが、ちょっぴり残念だった。

患者の立場や、患者の親族の立場から考えると医師って、その病気を治してもらうことが一番ではあるが、不安な心理状態を解してもらったり、勇気づけてもらったりって凄く重要なことだと思う。

「不安だったんだけど先生と話して少し落ち着きました」みたいな。

患者からしてみれば、それも一種の目に見えない処方箋なんです。

飲食店でも同じような事がいえます。

以前の飲食店って「食べさせてやってるんだ」的なお店が結構存在しました。

特に有名なラーメン店などは、お客様が店主に気を使いながらビクビクして食べている光景などもあった。

今でも中にはそんなお店はあるだろうが、ごくまれで、今の時代はそんなお店が通用するわけがない。

食を通じて楽しい時間をすごすのが今の外食なのだ。

ミールからシーンへ。

病院と飲食はもちろん異なる産業だが、カルテばかりみてる医者、お客様の回転ばかり考える飲食スタッフ。

そうじゃないんだよな。

個々の顔をちゃんと見ようよ。

これはお客様をスタッフに置き換えることもできる。店長から見たスタッフ。シフトのラインや労力だけってことじゃないんだ。仕事を通じて皆で成長するってこと。

顔をみる。大切な事だよ。