NYって、お客様とスタッフがある意味、台頭のステージにたてる。

または、お客様を巻き込んでストーリーをつくれる。

それが、双方で出来ている。

なんて具体的な事を書いていたが、iPadで書いてたんだけど消えた。

そんなところからスタートだな。

とりあえず

9c4765cc.jpg

0bb81b8b.jpg

3ae297e0.jpg

象徴的な建物だが、NYのいいところはふるきを思いじんでいること。
古いのかもしれない、凄く芸術的な建物がおおいです。

6d2c28b1.jpg

そして、お客さんもそんな感じで、「俺はお客様なんだよ」的な部分は無いように感じられた。

1f8c4f2c.jpg

友人の家に招かれて、食事をもてなされているような。

多少、料理の提供が遅れようが、イライラするような気配は感じない。

そして、圧巻な出来事が。

サービスステーションにあった、お皿を「ドンガラガッシャン」と「えーそこまでやるかー」位に倒して割ったスタッフがいた。

ba665bd0.jpg

広い店内、それこそ東京純豆腐の平均的な店舗が5つは入ってしまう位な広さで、そんな広い店舗でも。

ちょっと開き直っていたが

「イエーイ!」

「ドンガラガッシャン」の後、少し間を置いての「イエーイ!」だ。

思わず自分も笑ってしまったのだが、そしたらお客さんからも「イエーイ!」と歓喜が。
イエーイが続く。

そして、拍手。

帰るお客様は、ワザワザ握手を求める。

文化の違いとは言え、信じられないような出来事。

なんで、もし食器を落としとしまった時には「イエーイ!」と言いましょうね。

ウソウソ!

日本では外食とか言いますが、NYではもっともっと身近なんだろうなぁ。

そんな感じがしました。デリを初め外食というより、生活の一部なんだろうな。

もちろん、数日間のNY生活ですべてはわからないし、今回三回目ですが、印象に残る部分は人です。

もちろん、その人を感じながら、飲食の世界を感じて来ました。

生活の一部を外食で。

まぁ、色々感じて来たNY出張でした。