手間のかけかた

手間をかける。
手間がかかる。

ちょっとした言葉の違いだが、かなり意味やニュアンスが違う。

手間をかけるは、積極的で肯定的な言葉で、手間がかかるは、消極的で否定的な言葉に思う。

確かに多店舗展開や、バイトや少ない人数で運営するとなると、作業効率などを最大限にしていかないといけない。

いわゆる、チェーンフォーマット理論だ。

この理論は正しいと思うが、業態や自分たちが目指す方向性があっているか、考慮する必要性があると思う。

いわゆる、ファミレスのようにどこでも食べれると言ったら語弊があるが、性別年齢問わず幅広い層、または安価を売りにしているような業態では向いていると思うが、当社の様に専門性のある業態では、必ずしも合致しない。

なぜなら、お客様の求める目的が違うのだから。

そこを外しちゃ行けない。

だからといって、効率を無視してなんでも手間をかければいいというものではない。

ニンニク1kgを包丁で微塵切りにするのに、どれ位時間がかかるだろうか?

ならば、フードプロセッサーを使った方が時間短縮出来るし、その余った時間で他の仕事の当てることも出来るし、手間をかける時間的な余裕ができるわけだ。そんな感じで、東京純豆腐をはじめ、タイズ、A-Pizza、タッカンマリ×2も、一手間かけようを合言葉で進んでいます。

全ての業態、ドレッシングやタレ、ソースは全てオリジナルです。

それが、専門店のこだわりです。

質にこだわるって事です。

なにも、料理だけではなく、ホールオペレーションも同じ事が言えると思います。

料理を運ぶのがホールの仕事ではないし、お客様に一言かけたり、お見送りをしたり、全員揃って有難うございましたと言うのも、質の向上につながるのです。

全てはお客様目線、だけど従業員もモチベーションを持って仕事が出来て、作業効率を良くする。

一見、矛盾しているようだが、繁盛店はそこが出来ているし、それが本部の仕事だと思います。

本部は店舗運営を管理するのは、従業員が働きやすい環境を作ること、お客様の愛されるお店を作るためのサポートするのが、仕事だと思っています。

そのための指針も店舗と密接にコンセンサスをとり出していかないといけない。

ちょっと話が飛びましたので戻します。

最小限の努力で、最大限の結果を!

なんて言葉が有りますが、自分は好きではありません。最小限の努力なんて果たしてそんな努力なんてあるのでしょうか?

ただ、ニュアンスは理解出来ます。

自分は、どこに手間をかけるかが、キーワードだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す