実は違った題材のエントリーの下書きをしていたのだが、踊る大捜査線を見ていて、改めて思う事がある。

事件は現場でおこってるんです!マジで。

自分は東京純豆腐をはじめ、タイズやAーPizza、タッカンマリx2とすべての業態のレシピはもちろん、現場にも少なからずも立ってます。
だから感じる事もあるんですわ。

現状ではタッカンマリに入って、感じたんです。

鶏はチルドなんで、2日前発注と予測をたてるのも店長の仕事ですが、土日や祝日を挟むとかなり予測に正確さを求められます。
そこを精査せい!

それが店長の仕事なのでしょうが、タッカンマリは新しい業態なので、ちょっと難しい部分がありました。

何で、鳥の業者さんの交渉をしたら、全然大丈夫だと。

八百屋さんに交渉をしたら大丈夫だと。
韓国食材の業者さんもしかり。

そこで、同じ業者さんとお付き合いさせてもらっている業態も、前日発注が可能になったわけです。タイズとかピザも。

ちょっと反省してます。
自分も青山でランチやディナー入ってましたし、中野キッチンで殺人的な仕込み量をした後、調理長が入院した後は新宿店に入ってキッチンやってたし、タイズもピザもしてますし。
そんな中、現場も見てます。

なんで、もっと早くしなかったのか。

出来るんじゃん!

おそらくタイ食材の業者さんも、前日いけると思います、

すべて2日前発注の方が間違いがないという、ミス軽減の為の指針であったが、現場では前日の発注が好ましいのは間違いない。
例えこの業者は2日前発注だが、この業者は前日と。
それが、現場感だとおもう。

必要なのは現場感を