先週の休みの時に、久々に料理をつくりました。

 

エビチリ野菜炒めです。

 

 

昔から使っている、鉄の中華鍋を使ったのですが、

すごくいい感じです。

 

鉄のフライパンって、手入れが大変そうだったり、素人には使えなさそうに思っている人が多いですが、

 

使い込む程に、使いやすくなる。

 

そして、手入れと言っても、洗剤を使わずにタワシであらって、よく乾かす程度のことで

 

何十年と使えます。

 

熱伝導率がいいので、野菜炒めなどでは水が出ずにパリッとした仕上がりになります。

 

使い込む程に、使いやすくなる。

 

もう、この中華鍋は多分一生使っていくと思います。

 

最初はとっつきにくくても、使えば使うほど味がでるって感じ。

 

人もそうでありたいですね。

 

なんて、鉄の中華鍋を見て人生を語ってみたりして・・・・。

 


昨日、入社した社員および、アルバイトに配る

ハウスルールマニュアルの編集をしていた。

中綴じという方法を使っていたんで、1P足してくれって次元じゃなくて

1枚が2Pで構成されていて、1枚で4Pになり

ページ構成も複雑なんです。


そんなものを作った自分を恨んではいないのですが。

そんな感じなので、ページ構成上余白が出るのだが、その余白を埋める為に
自分が思いのある言葉を悪い表現で言えば穴埋めしてました。

色々と入ってました。

今では店舗数が増えて、どんどんスペースがなくなって削りましたが。

そんな中で、編集しながら自分で書いた文書でも、凄く印象に残った言葉が

ありました。

人の言葉だったとしても、自分が伝えようとして書いた言葉です。

いくつか、編集しながら読みながら

いい言葉だったのでコピペしました。

今の皆に伝えたかったのは

グッドマンの法則です。でも、今日はやめました。

でも、この文書をみてしまって

『一日延ばしの癖は、一昨日するべきだったことを明後日にまで引き延ばしてしまうという悪い習慣です。』
『常に一日延ばしをしている人は、言い訳を作り出す達人です。』
『進歩しない人には二通りあります。言われたことしかやらない人と、言われたことさえやらない人です。』

なので、最近、店長レベルから「マニュアル改革委員会」みたいなのを開いて、サービスとクオリティの向上をしていこうという動きがあるので、

自分はもちろん、サービスにも力を入れたいのだが、POSに連動したレシピ原価計算システムを作り始めました。

自分はアクセスなどのDBを自分で構築して、利用しているのですが、連動するためにはシステムを組むんですが、自分は上手く使えるんですが中々上手くいきません。

dataベースはフォーマットが変わると弱いってのありますし。

そんな、感じで本部の人でなくとも、原価計算やレシピブックを作れるよう今日は

ほぼ7割仕上がっていましたが、10割までと思って、

「一日延ばしの癖は、一昨日するべきだったことを明後日にまで引き延ばしてしまうという悪い習慣です。」

そんな、文書を見て手帳に書いちゃっったもんだから、今までかかっちゃいました。

アホだよね。

だって、俺以上

比べ物にならないくらい、皆戦ってるんだから

俺も頑張らなきゃね!

ガンバ!!だよね

文書の体裁を考える余裕がないので、このまま

おやすみなさい。