「これでいいのだ」後編

 

前回、これでいいのだ理論を書きましたが

これで、いいのだの捉えかたや意味はどうでしょうか?

 

これで、いいのだって

その言葉通りに考えてしまうかもしれません。

 

もちろん、前提として「天才バカボン」見ていないと厳しいのですが

バカボンパパ

 

 

天才バカボンというアニメは、ハチャメチャで
バカボンパパがメチャクチャやるんですね。

 

 

自宅にゴキブリがでただけで、爆弾しかけたりとか、当時のわかりやすい狂気じみた事をアニメ上でするんです。

それがバカボン(息子)をいじめる友達にロケットとつけて、月に飛ばしてしまうとか。

 

でも、その理由がもの凄く純情で共感できるものであったり、あくまでアニメ上です。

 

今だったら、あたまの固いお役所から放送禁止されるかもしれません。

さて、本題に

これでいいのだ!

って、部分なのですが

バカボンパパは毎回「これでいいのだ」っていうのですが

 

バカボンのパパ、「これでいいのだって」いうのは

実は、変化があっての部分なのですね。

 

 

家を爆破したり、人をロケット飛ばしてしまっても

それは変化

 

これでいいのだって

だから、今ある自分の対して「これでいいのだ」ってことではなく

自分にとって、環境も含めて自身の力で変えることができたなら

これでいいのだ

って話しです。

 

だって、自分が変わらないで、周りが変わってくれることを

期待したり、願ったりする人がほとんどです。

そして、行動もせず、周りのせいにする人が一般的に8割でしょう。

 

そんな意味で、バカボンのパパって、すごい、

 

ある意味あこがれでもあり、そんな思考でありたいな。

ウラ情報ですが、バカボンパパと

広報のF木さんは設定的に同じ歳らしい。
だから、MSNの名前が「ゆかぼん」だったんだ。

それくらい影響を与えてくれたアニメなんだよな。

今ならワンピースなのかな。

 

 

 

ちょっと深すぎるけど

 

自分の人生の幕を閉じるときに、

 

「これでいいのだ!」っていいたいよね。

バカボンで最後、ちょっとウルウルする動画みつけました。

すごくほっこりします!

ご興味があるかたは!クリックを!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す