1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

セントラルアパート

 

 

 

 

 

 

 

 


紹介記事

セントラルアパートとは(以下HPから転写)

皆さんはご存知でしょうか。原宿セントラルアパートを。
今の代々木公園がワシントンハイツと呼ばれた米軍宿舎の頃。
原宿の表参道と明治通りの交差点に原宿セントラルアパートはありました。
1964年の東京オリンピックには各国選手団の選手村になったその場所は
高度成長期と共に、カメラマン、デザイナー、コピーライターなどが集まり、
クリエイティブなエネルギーに満ち溢れていました。
そして、1996年に原宿セントラルアパートは解体されました。

2006年、わたしたちは「セントラルアパート.com」を立ち上げます。
セントラルアパートの中で生まれた、新しく面白い情報を。
新しくモノを生み出すセントラルアパートの人々の行いを。
かつての原宿セントラルアパートのように、想像力と創造力、
エネルギーに満ち溢れた、発信源となります!

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

いよいよ、代表(社長)が28日にニューヨークに帰ります。
月曜日はその送行会を渋谷で行った。かれこれ14名程の幹部メンバーが集まった。

勿論、しんみりした雰囲気ではなく、いつもの事だが社長の独断上でトークしまくりでした。
最近に社長は飲むと人を笑わせることに生きがいを感じているらしい。
まぁ、標的を絞って攻撃することもあるが・・・
言ったジョークや小話が受けると上機嫌になる。あまりハズスことは無いのだが、仮に受けないときは受けるまでトークし続けます。

ニューヨーク

 

 

 

 

 

 

そんな中でも社長の不在中の東京純豆腐の売上げ管理や、今後の計画の準備をしっかりするように釘をさされる。
今度日本に帰ってくるのは、9月の予定だそうだ。
その頃には、今の青山店以外に、7月中旬オープン予定の新宿店、出店がきまっている渋谷店などもオープンしている状況です。

今回社長がNYに帰るにあたって、有名店である「ハンバットレストラン」や「ナチュラルトーフ」を再度食べて見るとのこと。

社長自身はこの両店には何度も食べに行っているのですが、東京純豆腐のスンドゥブを食べてからは初めての試食になります。

以前はハンバットレストランのスンドゥブを絶賛していた社長ですが、どんな感想を聞けるのだろうか?
不安もあるし、期待感もある。

ハンバットレストラン

 

 

 

ハンバットレストラン

 

 


 

いってらっしゃい!!社長!
9月に土産話楽しみにしています。それまで東京純豆腐も一大旋風を起こせるように頑張りたいと思う。

最後までお読みいただきありがとうございます。
気に入ってくれたらクリックお願いいたします。
 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

日曜日にお休みさせていただいたまして、お昼に「サンマーメン」を食べました。

「サンマーメン」って聞いたことありますか?

昨日、「スンドゥブ」はあまり知られてないという話をしましたが、このサンマーメンも神奈川では当たり前の中華料理なんですがね。神奈川意外の人は知らないという人が多いのも事実です。

まぁ、中華ラーメンの一種なんですが、もやしを中心とする野菜の「あんかけ」がのっているラーメンです。
おいしいですよ!

知らない人にサンマーメンの名前をいうと、「秋刀魚の入ったラーメン?」なんてよく言われます。

サンマーメン

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとウルサイ自分なので、一言付け加えておきますが、中華料理屋さんで食べれる中華ラーメンです。

みな価値観が異なるのを前提で、自身の理論を言っておこう。

自分はラーメン専門店のラーメンと中華料理の一部分であるラーメンは違うと思っています。
なので、サンマーメンはあくまで中華料理のラーメンです。

でも、中華料理としておいしいですよ!!

サンマーメンって地方料理なの??

ウキィペディアでは

サンマーメン(さんまーめん)(生碼麺、生馬麺)はラーメンの一種で神奈川県の地方料理。

細麺を使った、塩もしくは多くの場合醤油味のスープのラーメンの上に、歯ごたえが残る程度に炒めたモヤシを片栗粉を溶いたあんで絡めて乗せた麺料理である。 モヤシ炒めの中にはキャベツやキクラゲ等の野菜や蒲鉾、豚肉の細切り等も入っていることもあり、皿うどんのあんかけによく似ている。 モヤシがメインのあんかけではあるが、いわゆる「もやしそば」ではない。

生碼は生きのよい具材(碼)の意味。「馬」は「碼」の当て字。三種類の具(モヤシ、豚肉、ターサイ)を使ったので三馬麺としたとの説もある。 戦前からあり、発祥は横浜中華街の聘珍楼とも、伊勢佐木町の玉泉亭ともいわれており、各店舗のメニューにもその旨が記載されている。戦後、中国からの復員兵が安くて栄養価の高いモヤシを中国から持ち帰り、ラーメンに使ったのが起源との説もある。

多摩川以南、大井川以東で特に沿岸地域で多く食べられている。また、神奈川以外の地域 (特に静岡県東部) でも数十年前から見受けられるようになった。神奈川県ではこのサンマーメンを県の郷土料理としてアピールしていく動きがある。

代表する店
玉泉亭(横浜市中区伊勢佐木町)
聘珍楼(横浜中華街)


えっ、玉泉亭(ぎょくせんてい)って有名なんだ。今の会社に入る前にビリヤード屋に勤めていたのですが、よく玉泉亭からサンマーメン出前でとってたっけ・・・。有名だったんですね。出前の陳さんとは顔なじみでした。

話は変わりますが、渋谷に喜楽というラーメン屋さんがあります。・・・かなりの人気店で行列もできます。ほとんどの方はモヤシラーメンやワンタン麺を頼みまして、中華料理屋さんの定番のチャーハンを頼む人はごくまれです。確かにモヤシラーメンなどの人気メニューはおいしいですね。

H山部長も大ファンで、自分もファンなのですが、H山部長が言うほど美味しいと思いません。
似た味でサンマーメンを食べていたからかもしれませんね。

グーグルで調べてみました。
「サンマーメン」 43,400件
「スンドゥブ」  80,100件

上記はヒット数です。スンドゥブよりマイナーなんですね。
ちなみに「豆腐チゲ」で81,400件。スンドゥブと1300件差です。これは以外でした。豆腐チゲって誰でも想像できると思うのですが、スンドゥブは聞いたことがないとか食べたことがないと人が多い。
ただ、ネットの世界ではかなり話題になっているのがわかります。

来年はスンドゥブがネットもそうですが、普通の人にも知られている食になることを目標にしていきたい。

PS
日刊ゲンダイに以前「彼女がよろこぶレストラン」に掲載されたのですが、ネットでも掲載されていました。

ゲンダイネット

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
気に入ってくれたらクリックお願いいたします。
 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

新宿店オープンにあたって、備品関係や人事募集の関係で新しい業者の担当者の方、またアルバイトの面接などでスンドゥブについて話す機会が多くなっています。

いえることは、「スンドゥブ」料理を食べたことがない、初めて聞きましたという声です。

結構、アメリカ帰りの方や、女性雑誌のライターさんなどは知っていますが、まだまだ一般の人の認知度はどれくらいなのでしょうかね?

そうとう低いですね。

これが、年末・来年どれくらい認知度があがるのでしょうか?
スンドゥブ専門店も増えてきていますが、我が東京純豆腐も少しでも多くの人たちにスンドゥブファンになっていただき、普及していきたいと考えています。

さて、今週は打ち合わせや面接などで時間がとれなくて弁当ですますことが多く、スンドゥブを食べる機会がなく、やっと食べたのは土曜日でした。

まぁ、定期的に味のチェックで食べる習慣はあるのですが、ほぼ毎日食べていると感覚が逆に鈍るというのもあって、意識的に食べなかったのもありましたが。

・・・ということもあって、かなりスンドゥブに飢えていて、事務所のS口君と午前中から店舗に行って食べてきました。
うまい~です。手前味噌になりますが、スンドゥブはうまい。まだお昼前に、ご飯2杯とスンドゥブで満腹満腹でした。S口君もお代わりして腹いっぱいといった感じです。

午前中から良くたべたなぁ~

東京純豆腐のスタッフはスタッフであると同時に、東京純豆腐のファンでもあります。
店舗で働いているもの(その日のホール、キッチンに入っているもの)以外は、お金を払って食べています。割引なしです。
自分も試作などは別ですが、ランチなどは自腹でお金を払って食べています。

これは、当初は割引など考えたのですが、オープン当時「レジの操作が慣れていない」とかあったのですが、割引もしくはタダで食べていたのでは味に対しての判断が鈍るとかナアナアにしたくなかったなど・・・。

つまり、お客さんと同じ立場で食することで、お客さんとしての意見を持てるということです。

今後変わる可能性もありますが、現段階では成功だったと思います。

ランチで渋谷から青山まで来てくれるTさん。仕事が終わってから一人でも毎週スンドゥブを食べに来てくれるM山君。
同じ社内でも事業部が違く離れているのに食べに来てくれるのは「うれしい」ことです。

食べに来ていただいた、お客様のブログでも色々と「お褒めの言葉」を頂きありがたい限りです。

今後も東京純豆腐のファンを一人でも増やせるよう、慢心せず頑張っていきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。
気に入ってくれたらクリックお願いいたします。
 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

青山店の置き看板が完成してきました。

青山看板2看板1

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと写りが悪いですが、結構キレイに出来上がりました。

18歳の頃の看板のセールス時代を思い出しました。

看板はお店の顔ですよ! どんなに美味しい物を提供しているお店でも存在を知ってもらわないことには、ご主人さんの腕を見せれないじゃないですか~。

私がデザインして新規のお客さんを、3%~5%増やしますから、後はご主人さんの腕でリピーターにしてあげてください!!

新規のお客さんを増える根拠なんですが・・・・

なんて、やってたなぁ・・・。