1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

2006年も残すところ10日ほどになりました。
自分は東京純豆腐という事業にたずさわり、新しい仲間、新しい世界に出会い、激動の年だったと思っています。

それにしても、去年の今頃、一昨年の今頃は、忘年会やら飲み会やら参加する立場だったのですが、今年は提供する立場・・・・。

仕入れや年末年始の発注、仕込みでてんてこ舞いです。

師走・・・。
たしか、普段冷静な坊主(お坊さん)も走るくらい忙しい月と記憶しているのですが、飲食業界1年目の自分も全てにおいて走らないと間に合わないというのを実感しました。

ただ、自分の立場は「てんてこ舞い」で忙しい、「時間がない」とそれだけでは意味ないですから、忙しいなりの効率と今年得た経験と知識を2007年に生かすべくノウハウを確立していこうと考えています。

・・・なんて一年を締めくくるわけではないです。残りの10日間が大変だと、容易に想像できます。


青山店オープン当初、行列の出来る店にしたかった。いまは、4店舗ランチは全て行列。夜も自分がお客さんで利用したくても、満杯なので断られることが多いです。本当にありがたいことです。

結論じゃないのですが、飲食業ってお客様のスピリッツと、調理する側のスピリッツのぶつかり合いだと思っています。
同じ中華料理でも自分は横浜に住んでいる関係でよく中華街にいくのですが、やっぱりそれなりの店にいくと「凄くおいしい」「贅沢な気分を味わえた」「満足」といった感じです。

普段「出前」をとったり、夜遅くなって自宅近くの中華屋さんで食べるときもあるのですが、満足ですが中華街に求めるものと違います。

「腹をみたす」という目的と、「おいしいものを食べたい、幸せな気分を味わいたいと」

東京純豆腐は少なくとも、「腹を満たすだけ」のものとは思っていません。
少なくとも、「おいしい」、「良かった」というプラスのイメージを思っていただくと同時に、東京純豆腐のファンになっていただけるよう努力していきたいと感じます。

例えば、豚スンドゥブだけでも、コチュジャンからタレ、タテギ、ネギやシイタケのカットとか、単体で考えるとスピードや効率だけ考えて「雑」になってしましそうですが、最終系の「お客様の満面な笑み」をイメージしながら作業をしています。

お客さまに、幸せになっていただく、喜んでいただく。

そう願った食材と、そうでない食材と、料理は同じ材料をつかっていても、出来上がりが全然違うんですね。

そんなこんな思いながら、ふと時計をみると午前3時です。そろそろ寝ます。今日も中野CKに泊まりです。

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

今日は休みをいただいた関係でFIFAクラブワールドカップを自宅でTV観戦できましたが、いや~ロナウジーニョは凄いですね。テクニックに圧巻されたが、彼の楽しむという姿勢に共感できるとともに、一流になるためには、そんな要素も必要なんだなと感じる。試合終了間際のループシュートはゴールにならなかったけれども、鳥肌が立ちましたね。本当にサッカーを楽しんでいると・・・。

人間として、ビジネスマンとしてまだまだなSですが、考えてみれば「仕事を楽しむ」という部分に関しては工夫してきたのを改めて思い出す。

営業マン時代、営業本部長時代、色々な事業の立ち上げ、東京純豆腐の立ち上げ時など。
それぞれ立場や状況が違うが、エンスージアム(熱意)と思考回路の切り替えで乗り切ってきた思いがあります。

なんか急に熱くなりましたが、最近ブログ更新を怠っていて、久々に会った営業部の後輩(既に幹部)から「ブログの更新お願いします」とか「楽しみにしてるんですから」とか言われました。

そんな言葉を聞いて、ふとブログを書き始めたときの文書を見直したのですが、「熱いですね」・・・。

「開店への道」のカテゴリをぜひご覧ください。

・・・・っていうと今は熱く無いのかというと、そうではなく日々の業務に追われてなかなか更新が出来ないというか・・・・でも忙しくっても更新は絶対出来るんですよね。反省・・・。

さて、前置きは長くなりましたが、原動力というか熱意で仕事の質は決まりますし、料理でいえば調理する人の考え方が反映すると考えます。

よく、子供のころに「大根おろし」を手伝いでおろしました。「専用のおろし器」や「すりばち」ですった思い出があるですが、母は「嫌々すったり、怒ってすると、辛くなるよ!」なんていってましたが・・・。

今思えば、わかるような気がします。

調理もそうですが、材料選びから配送、接客、スタッフ同士の連係など全てがそろった時に完璧なのかなと思います。勿論、目指しては行きますが、当初から100%は無理だと思いますが、そこに近づく努力はしていこうと。

ただ、一つだけ確信しているのは、色々な役割があるなか、全てがロナウジーニョのように影で努力や血を流していても本番で「楽しむ」「楽しめる」というスピリッツをもてること。技術やテクニックではなくスピリッツです。
スピリッツが正しいなら、技術やテクニックはついてきます。

それぞれの与えられた立場を「楽しむ」「喜ぶ」「もっと良くしたい」という気持ちがあれば、東京純豆腐は、究極に「お客様に満足」を提供できるでしょう。

自分が楽しいと思わないで、お客様を満足させることは出来ない。

ロナウジーニョを見ていて感じました。
ロナウジーニョのテクニックは無いけど、スピリッツは生かせるな・・・。

お客様、東京純豆腐のスピリッツを感じてください!!!!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
気に入ってくれたらクリックお願いいたします。