1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

ある日の会話。

かみさん 「今日は休みなの?」
自分 「うん、一応かな?」

かみさん 「一応ってなに?」
自分 「今日は会社には出勤しないけど、家で仕事をしないといけないんだ・・」

かみさん 「なんの仕事?」

自分「調理マニュアルとか・・・・横浜オープンとなると携帯サイトの更新とか・・・メニュー更新やら、HPも更新しないと・・・・今日は携帯サイトの更新かな・・・」

かみさん「いったい、いつ休めるの?」

自分「今の事業が落ち着くまでかな・・・」
かみさん「正月も、GWも盆休みもないし、その上日曜日まで仕事?、休みだといっても自宅で仕事ですか?なんで、いつも家でも仕事してるの?誰が決めたの?」

自分 「俺!!」・・・・・。

別にあえて仕事を自宅に仕事を持ち込んでいる訳ではないし、自宅まで帰って仕事はつらいものもありますが、自分が好きでやってることなので・・・・・。
自分の性格なのかもしれませんが、「やっつけ仕事が出来ません。」どうせ作るなら、どうせやるならと・・・
かなり自分が出てしまいます。

ある意味弱点ですがめ・・・。

調理マニュアルも見栄えと作りやすさから、出版関係者が使ういうソフト(QX)を使って、外見だけを気にしていたが、昨今の原料高騰に対応しようと、Dataベースに連係できるようにと・・・。
この発想は出版業界にはないです。
自分の余計な考え方なのかな?
なにがやりたいかというと、食材の原価が変わったら、調理マニュアルの原価を誰でも簡単に変えることが出来るということです。
つまり、ネギが3円上がるとしたら、それぞれのスンドゥブもそうですが、ネギを使ったサイドニューも3円上がるわけです。そこをネギの値段を変えることによって、商品原価を変えると自動的に料理マニュアルの原価も変わる。
Dataベース上ではたいしたことはないのですが、DPTに(QX)に反映させるには苦労しました。今も苦労してます。

でも、良くしたいんです。東京純豆腐を良くしたい、お客様に喜んでいただきたい、スタッフにもより良い環境で仕事をして欲しい。良くしたいと思ってしているんです。

ウチのスタッフに関しては幸せをつかんで欲しいし、幸せをつかむ方法論をつかんで欲しい。
そのための基盤は幹部が作らないと・・。
どれだけ、会社を愛せるか、どれだけ、その事に精力をそそげるか?
仕事というのは、表舞台も裏舞台も関係ないと思う。
その事業をどれだけ愛して、どれだけ行動できるか!

自分は「東京純豆腐」「ブラスアンドカンパニー」が大好きです。

一緒に成長したいと思った。会社とも、スタッフともです。スンドゥブ乾杯!!

感謝と謝罪と幸せと夢

今日、午後から取引先主催の「展示会」に出向くために本部事務所のエレベーターに乗った。
たまたま上の階から乗っていた役員にエレベーターの中で遭遇。

青山から本社のある池袋に純豆腐本部を移してからは頻繁にあることです。

「純豆腐食べに行ったんだけど、並んでて食べられなかったよ~~、同じ階の店で食べたけどね・・・。食べ終わって純豆腐の前を通ったら更に行列が出来ていたよ~すごいね~~!」

この事から感じるのは2つ。

それだけ、行列まで作ってくれて食べに来てくれる人への感謝。特にリピーターの多さに感激です。
もう1つは、せっかく来てくれたのに時間の関係で食べれなかったお客様。

池袋は本社があるし、新宿は本社グループの拠点があるので、「うちの社員でいっぱいになるんだろうなぁ」と思っていたのですが、ほぼ一般のお客様で満杯で入れない状況が続いています。
グループの皆様、誠にすみません<m(__)m>

まぁ、当社の社員はともかくとして(怒られるか・・)、せっかくお越しいただいたお客様が、目的を変更せざる(お待たせする、時間の関係で並べない、他のお店でお食事をすます)のは心が痛みます。

より多くの方々に、東京純豆腐を味わっていただき、満足していただくためのシステムと味の探求をしていきたいと思います。なにより、我々は純豆腐(スンドゥブ)を世に広めていきたいのですから。
それだけ大きい課題です。

壮大な目標や夢も、信念の元、細かい具体的な積み重ねから達成される。
お客様のため、スタッフのため・・・。
ちょっとおおげさになったが、間違いなく信念をもっていれば目標は達成される。

スンドゥブをラーメンやカレーのように、国民食にするぞ!!

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

水餃子がキャンセルできないと知って、なんとか喰うしかないなと腹を決めて、とりあえず何個か食べる。
自分としてはまだまだいけると思っていたのだが、なんと先ほどたらふく食べた焼きそばがドーンと2皿自分の目の前に置かれた。
I部長と一緒に「さっき出たよ」とか「注文が重複してるよ」と言ったのだが、2つとなりのテーブルにいた麻布台のS木店長が頼んだらしいのだ。
その後も次々に出てくる料理に、勘弁しろよ~S木と。S木店長バッシング・・・。
I部長などは「これって、飲み放題じゃなくて、喰い放題?」とボケる始末。
このころになると皆、お酒のピッチもあがってきてレモンサワーやウーロンハイなども待つのがいやなので、3杯単位で注文する。
テーブルの上には40個近い餃子、中華の炒め物、焼きそば、そして飲みかけのグラスが何個もと、本当大食い選手権のような様相になってきた。

もう限界!! かなり頑張って食べたのだが、やっぱり最後に餃子があまった。I部長から「お前まだ食えるいうたじゃん」って感じで自分の小皿に餃子がまわってくる。
自分は目の前にいた麻布台の副店長の皿に見つからないようにそっーとまわす。
そうするとまたI部長から餃子が、それを同じようにS水副店長へと。この餃子のベルトコンベアー作戦でなんとか食いきりました。
会計をすませて解散となったのですが、何名かで近くの深夜までやっている居酒屋チェーン店にいく。

お腹いっぱいの自分たちはまず、飲み物をたのむ。それを飲みながら色々と仕事の話をする。
まぁ、お腹いっぱいの自分たちにはありがたかったのだがフードのオーダーをいっこうにとりにこない。
深夜に飲んできたお客なのでフードのオーダーをとりにこなかったのかもしれないが、それにしても従業員の覇気も感じられず、こちらが注文するものをそつなく運んでくるといった感じだった。

かたや、前の中華料理店では、混んでいて本来であれば待つようなことなどない自分たちが、店員さんの必死な表情で引き止められた。
この違いって??

スタッフがお店のことを思って、目標にむかって行動を起こしているか、それとも自分の時給を得るためだけの仕事か・・・。
スタッフ教育の大切さを感じる。お客さまの満足度を高めるためには、スタッフの意識、スタッフのモチベーションをあげる。当たり前のことですが実感した日でした。

また、環境も・・・。生き生きした環境に入ってきたスタッフは、それが当たり前となり吸収していく。その逆もあり。

池袋と青山のエリア的な物価の違いは、両方経験した自分たちだからこそ実感できたことであり、ずっ~と池袋にいたら物価が安いとか感じなかっただろう。

話の内容に違いはあるが、教育と環境って大切だなと感じた1日でした。

PS
3月29日 横浜クイーンズイースト店 グランドオープンです。
ご来店お待ちしております。

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

接客とサービス

昨日(6日)は店長会。厳密にいうと一昨日。

店長会の前に外部の業者さんを招いての研修会やら説明会やらで、始まりが遅かったので終わったのは10時ごろでした。
おいおい、店長会の内容は書かないのかよ!
まぁまぁ、それなりに会議の内容はあったのでいいじゃんし・・・と自己突っ込み。

そんなこんなで、恒例の親睦会&新しく入った店長候補の歓迎会。

時間も時間なのでどこにいこうかとI部長とH山部長と自分と打ち合わせ。

なんせ、前の青山と違って池袋は安いお店が多くて、最近魅了されてる3人です。
I部長は、今自分たちの知りうる範囲で「最安値」のお店の電話番号を携帯に登録しているほど。
なんでも、それほど安いお店に予約を入れて行くほどの根性です。あの店に予約かい!!
池袋ってこんなに安かったっけ?って感じです。


本社のある池袋は自分も何年も勤めていたし、I部長もいた期間がありました。
H山部長もしょっちゅう出張で来ていたし・・・。一緒に何回も飲みにいってました。

ただ、3人が経験したのは池袋から新宿を間に挟んで、渋谷→青山という勤務先(それぞれ同じ部署だったり、違う部署だったりしたが)が変わったこと。

池袋から渋谷・青山に移ったときは飲食代が高いという印象があったかもしれない。でも今はその記憶はありません。逆に青山から本社の池袋に戻ってみて初めて池袋は渋谷や青山と比べると飲み屋さんが安いところが多いと感じる。

これって??(後記で結論)

結局その「最安」のおみせは閉店がはやいので時間的に無理でしたので、飲み放題のある近くの中華料理店にいく事にした。

総勢12名がその中華料理店にのりこむ。

案の定、混んでいて入れないが、店員さんの説明では「もうすぐ食事を終わる人がいるので、すぐに入れますよ」とのこと。まぁ、その言葉自体はあまり信用しなかったが、そのスタッフの方が一生懸命な話し方にI部長も「じゃあ、待ってますよ」って感じで、しばし店外で待ちます。

10分位してお店に入れることになった。

席について「飲み放題」メニューで、まずビールを頼む。
嫌な予感が・・・。店内は満員状態ですが、ホールスタッフが2名しかいない??

こりゃ、10時近くまで会議をして「腹ペコ12名」の注文に答えることが出来るのか??
飲み放題は失敗??

とにかく、一気に注文しなきゃいけないと・・・・。

1杯目の生ビールで乾杯した後、メニューを見て一気に注文する。
基本小皿料理なので色々なメニューを頼むというコンセプトで・・・。

まずは鶏のまる揚げを2匹、これは小皿ではないです。
それからバンバンジー3皿、焼きそば3皿と色々注文します。

中華で生ビールときたら、焼き餃子です。注文すると・・・なんと品切れでした。

残念無念・・・・・・・。気を取り直してメニューを見ると水餃子がありました。
I部長、目を輝かせて「これ3個で100円や~~」「安す~~~」
調理長の「そんなに喰えないですから~」という忠告を聞かずに・・・確か10何種類位あった水餃子を全て注文。
これだけで餃子40個以上です。それ以外にも色々注文しました。

徐々に料理が出てきます。味はなかなか美味しいです。

飲み放題ですから、飲み物は次々に追加オーダーです。ホールに人数が少なく、なかなか注文した飲み物がこないというストレスはありましたが、スタッフの方の「笑顔の応対」で頭にくるということはありませんでした。
これ大切ですね。

そんなこんなで、1時間もすると食べ物や飲み物でお腹がいっぱいになってきました。やっぱり中華はお腹にこたえます。I部長などは「水餃子キャンセルしてくれ~~」「だったら数を減らして~」とか店員に話したが聞き入れてもらえず。

12名で入ったので1人3個食べればたいしたことないので、「俺はまだまだいけますよ~」と店員側の弁護する。

しかし、I部長と自分が知らないところで悲劇が進んでいたのであった。
麻布台店の「ひろし」事、S木店長が焼きそばやら色々頼んでいたのであった。

続く。

ご無沙汰しています。
久々のブログ更新です。

最近の自分はと言うと金曜と土曜は中野CKで仕込み、その他は池袋の本部でせっせと仕事をしております。
主に調理マニュアルの全面改訂や業者との打合わせで時間を費やしています。
かなり根気にいる仕事で、そのストレスからついついオフタイムはお酒を飲みすぎてしまって・・・。
そんなこんなの日々を送っていますが、うれしいお知らせがあります。


東京純豆腐がいよいよ自分の故郷、横浜に進出です。

3月29日(土)グランドオープン
東京純豆腐 横浜クイーンズイースト店

ポスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まぁ、横浜の自宅で研究した味が東京で花開いて、凱旋したって感じで大変嬉しい思います。
横浜は家系ラーメンの発祥の地であったり、中華街があったりと東京とは異なった飲食激戦区ですが、スタッフ力を合わせて頑張って成功させたいと思います。

横浜image

 

 

 

 

 

横浜店イメージ

本当、東京純豆腐は走り続けているなぁ~~と実感する日々。それだけ体は休まる暇はありませんが、スンドゥブを日本の食文化に定着させるという夢を実現する原動力で乗り切っていきます。

ご来店を心からお待ちしております。

横浜image2

 

 

 

 

 

 


PS.TV放送が決定しました。
3月10日(月)22:00~

オジサンズイレブン
小倉智昭のオジミシュランにて紹介されます。
http://www.ntv.co.jp/ojisans11/