1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

映画「あの空をおぼえてる」が本日(4/26)から公開されました。
実は自分は公開前に試写会で見てきちゃいました。(ちょっぴり優越感)

あの空をおぼえてる

 

 

 

 

 

 

 

ストーリーは
明るい笑い声が絶えない4人と一匹の深沢家は絵に描いたように幸せな家族だった。10歳の英治と6歳の絵里奈の幼い兄妹が交通事故に遭うまでは。生死の境を彷徨った英治はなんとか一命を取り留めるが、絵里奈の短い生涯は残酷にも終わりを告げる。英治は事故直後に空を飛んだ不思議な体験を誰にも打ち明けられないまま、悲しみのあまり抜け殻のようになってしまった両親に笑顔を取り戻そうと健気に振る舞うのだった。

愛する者の死を受け入れるのは難しい。ましてその死に責任や負い目を感じていれば尚のことだ。10歳の息子の痛々しいまでの奮闘も虚しく、底なしの悲しみに沈み込んでゆく父親・雅仁を演じるのは、これが7年ぶりの主演映画となる竹野内豊。その妻・慶子に水野美紀。どれだけ涙を流しても、お互いを思いやる心があればきっと乗り越えられる。そんな家族のあるべき姿を通して、『非・バランス』『ごめん』の冨樫森監督が生きることの希望を描き出す。アメリカの作家ジャネット・リー・ケアリーの原作小説「あの空をおぼえてる」の持つファンタジー性も生かされている。主題歌は平井堅が書き下ろした「いつか離れる日が来ても」。

Goo映画紹介から引用

・・・とちょっぴり感動系の映画でした。
出張から帰ってきてすぐに試写会に出かけたので、疲れていて途中で少し寝てしまったのですが、かなりいい出来の映画だと感じました。感動できます。

それに最後に流れてくる平井堅の「いつか離れる日が来ても」が映画のストーリーとマッチングしていて、これって大切ですよね。

平井堅の映画主題歌といえば、まずすぐに思い出すのが「世界の中心で愛をさけぶ」の瞳をとじて。
これも非常に印象的でした。

主役は映画のストーリーであって、演技を演じている役者さんであったり、映画を製作したスタッフなのだろう。ただ、主題歌はその主役を盛り上げる、いやそれ以上に感動させたり、印象付けたりする非常に大切なものだと平井堅の歌を聞いていると常々思う。

詳しくは知らないが、おそらく映画の台本または、原作を読んで、シーンをイメージして歌詞や作曲をしているのだろう。

映画のことはイメージしていなくても、最近鼻歌で「いつか離れる日が来ても」を歌っている自分がいる。

これって、飲食店に置き換えて見ると・・・。

主役は料理であって、うちで言えばスンドゥブ。その主役を盛り上げるのがホールスタッフのサービスです。
つまり、平井堅のように主役を盛りたてて、より感動を与えてお客様に満足していただく。当然、主役である料理のことを理解して、お客様の来店目的をイメージしてそれにあわせたサービスをする。それが大切だと思う。
変な話し、「あの空をおぼえてる」のラストシーンで「マツケンサンバ」がかかったら感動どころかドン引きでした。


さまざまな業態があるが大切なのは、それぞれの業態にあったサービス、スチュエーションあったサービスを提供すること、心からのおもてなしをすること。
これに尽きると思いました。
基本のサービスのマニュアルは作れるが、本当の意味でのおもてなしは、相手がして欲しいと思っていることを先取りしてしてあげる。
つまり、真心なくしては実現しない。
当社のスタッフもその辺を意識して、お客様に接してもらいたいと感じる。

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

自分は今の会社に入ったのは営業職として入社しました。
ちょうど今年で20年目になるので、23歳の入社だったかな?
歳は定かではありませんが、その当時のことはよく覚えています。

それまでは、ビリヤード店に勤めていて、あわよくばプロを目指していた時期もありました。
当時は映画「ハスラー2」の公開もあり、大変忙しい(10組待ちなんて当たり前)経験をしました。
今考えれば異常でしたが、ビリヤードの場合1台いくらという料金体系ではなく、1人いくらという世界です。
つまり、1台で2名で撞いても、1台で4名で撞く場合、売上げ的には倍違うということです。
極端に言うと、2名で撞いてもらうより、6名で撞いてもらえれば3倍の売上げです。

当時は店長的な仕事もしていましたので、「とにかく売上げをあげたい」という一心で、よく4人撞きや6名撞きをお客様にしてもらってました。
今、考えると「彼女と2人でビリヤードをしにきているのに」他のカップルと一緒にやらされるのは絶対嫌ですよね? ただ、当時のブームの影響もあって意外とうまくいったんです。

 

それは、ブームでビリヤードをしたいという方々が多かったんです。ビリヤードもスポーツであって、技術がないと10楽しめる所が2~3位しか楽しめません。
とりあえず、ビリヤードをやってみたいという方も実は「本音はうまく撞きたい」という部分があります。
ゴルフでも「ナイスショット」すると気持ちいいですよね。初心者でも同じようにタイガーと同じショットを打ちたい・・・。ビリヤードでも「ハスラー2」のトムクルーズのように撞きたいんですよね。
2名のカップルで来たかたに、無理を言ってカップル2組で台をつかってもらいました。
ただ、必ず自分がビリヤードの楽しさを簡単に説明したり基本をレクチャーしました。もちろんインストラクター料金なんて取りません。
お客さんとしては、1時間待つところを30分で撞けるんです。ただし、彼女と2名の空間ではないです。そこに抵抗を感じたでしょう。
でも、そこでたかが10分程度ですが、玉の撞き方を教えてあげるんです。
そうすると、初めてビリヤードをする方や2~3回しかしていない人でも、発見があって楽しんでいただけました。
その後、1~2時間ビリヤードを楽しんだあと清算を済ませてお帰りになるのですが、7割程度ですが「また教えてもらえますか?」という言葉。うれしい限りです。
特にカップルで来た男性の方は、その後1人で来るほどのハマリ具合で、その時に教えたことは彼女と一緒の時に彼が自分の言葉のように教える光景が多々ありました。
また、自分のスタンスを気に入ってくれた女性の方も口コミで多々来店してくれまして・・・・。
まぁ、いい思いをさせてもらいました・・・という前に、あの異常なくらいのビリヤードブームがなければ出来なかったでしょう・・・がね。

カップルで来て、2組に撞かせるなんて・・・。ただ、1つ言えることはサービスの基本は満足していただける、リピートしていただける(ファンになっていただく)です。
確かに今のビリヤード場では通用しないと思いますが、その当時は自分なりに7割の方には満足以上のものを体験していただいたと感じています。
自分目当てに来ていただけるお客さまがいることだけでも幸せでした。

そこには時給とかお金を稼ぐといったもの以上の経験をさせてもらったと感じています。
今の会社では営業マンとして入社していらい、様々な経験をしてきました。
もちろん営業ではお客様の交渉、売上げ管理、人材育成。仕事の厳しさも学びました。
その後、必要に迫られてといった部分もありますが、WEBデザインをしたり、データベースを作ったり、そして今度は飲食部門で調理やら、メニュー制作など。会社運営に関すること人の使い方やら。
すべて実際に経験したキャリアです。

キャリアはお金で買えるものではありません。
自分が入社した時の社訓で

「我社は教育事業を通じて、社会の人々のその潜在能力を引き出すことを助け、新たな知識を補完することによって、より豊かな安定した人生をきづいてもらう使命とする」といったものがありました。

先輩に実はこの社訓には2つ意味があって、1つはそのままだけど、「社会の人々」の部分を「我社の社員」と置き換えることによってもう1つの意味があるんだよ。

つまり、仕事を通じて自身の持っているポテンシャルを高めるという意味です。
仕事というのは単に生活するための手段ではなく、お金をもらって自分を鍛える所だと思います。

自分自身も含めて社員・バイト関係なく東京純豆腐に入社して良かったと感じれる事業部でありたい。
そうでなければ本当の意味で、お客様に満足していただく事は出来ないでしょう。

なんて、自宅でブログを書いていたのですが、かみさんから社員教育よりあんたの場合は旦那研修が必要だよ。
私が正しい旦那のあり方を研修しようかと・・・・
前日明け方まで社員と飲み明かしてしまって、言われてもしょうがないな・・・・。トホホ。
コレも経験・・・。

GWの営業時間のお知らせ
(池袋・横浜は除く)
4/29~5/6まで

青山
5/6 22:00迄
(L.O.21:30)
以外は平日営業

新宿
5/5、5/6 22:00迄
(L.O.21:30)
以外は平日営業

渋谷
5/4定休
以外は12:00~21:00まで

麻布台
5/5 11:00~17:00
  (LO16:00)
5/6 定休
以外は12:00~21:00まで 

池袋P店と横浜QE店は通常営業いたします。

フードのレシピブックとドリンクマニュアルが一応完成。
ドリンクの写真だけで170枚位。40ページ。

マニュアル

 

 

 

 

 

 

フードの方は写真が約400枚、100ページ。いや~~疲れました。
ただ、写真の方は商品部のO田係長が8割かた撮影してくれたので助かりました。
写真撮影も自分がやっていたらと思うとぞっ~とします。

まぁ、これからが大切で「仏つくって魂いれず」じゃないですが、マニュアルがあってもそれを使う人の育成をしていかないといけません。

まだまだ踏ん張らないと・・・・

池袋パルコ店が近代食堂に紹介されました。

近代食堂表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近代食堂記事