1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

企業において、横ばいは衰退であると良く言われる。
つまり、どんなに良い売上げをあげたとしても、それを維持しているだけでは衰退してしまうということ。
これは、人においても言えるのではないだろうか?
学生時代の生活、社会人時代の仕事や考え方、肩書き、それを人は経験という言葉で集約する。
間違いなく、人はその経験は良くも悪くも引きずって生きている。

どんなに輝かしい経歴・経験があったとしても、それは既に過去のことである。
逆に言葉は悪いが、いい加減な生活を送っていたとしても、それも過去のこと。
大切なのは今、また将来、自分がどうであるかが大切だということ。

過去にした経験を現状の仕事、未来の仕事に生かすことは大切だと思うし、プラスイメージであれば活かしていくべきだと思う。

ただ、過去の経験や経歴にとらわれすぎて、その中の範囲でした物事を考えられないことは非常にマイナスだ。
分りやすくいうと、自分の過去の経歴がこうだったから、自分はこうゆう考え方した出来ないとか、あの人は過去の経歴がああだから、自分とは違うとか・・・。

自分に足りない部分があれば、勉強するとか、教えてもらうとか、今以上の自分を求めて一歩踏み出す勇気が必要だと思う。大切なのは良くなりたい、良くしたいという気持ち。

自分自身も、自身の「ものさし」は持っているが、常に新しい経験、勉強をして、その幅を広げていきたいという信念を持っている。
特に、自分の場合は新しく飲食という世界に入ってきた人間なので、目新しいし色々学ぶところが多い。
ただ、同じ業界に何十年といると、考え方や仕事のあるべき姿の概念が固着してきてしまうこともあると思う。
飲食業はこうだとか、店舗運営はこうだとか、自分のキャパで考えてしまい、そこから新しいやり方や、違ったものの見方が出来なくなってしまいがちだ。


使い古された例え話だがサーカスの象という話があります。

子供の象は、調教する前に鎖につながれます。
鎖の長さが10mなら10mの行動範囲、5mなら5mの行動範囲。
調教する時も、餌を食べる時も常にその範囲内での行動しか出来ません。
そおゆう毎日を何年も経験すると、今度は鎖をはずしても、鎖でつながれているかのごとく、行動範囲が決まってきてしまうという話です。10mの鎖につながれていた象ならば鎖がなくなっても10mの行動範囲に・・・。

知らず知らずのうちに自分で自分の壁を作ってしまうという例え話だ。

スタッフにもこの話しを共有してもらいたい。
自分への戒めをこめて、常に成長し新しい視点を持つための努力をしていきたい。

 

昔、営業の研修をしていた時に「人は利益より損害で動く」という研修をしたことがある。
人は利益(良い出来事)を求めるが、それ以上に損害を受けたくないものだということ。どんなに利益があっても、損をする要素があれば、その不安を取り除かない限り、いくら利益の話をしても無駄だという研修をしていた。

その時に出した題材で、大雨で傘をさして道端を歩いている時に、道端に10円が落ちていたとしよう。
その10円を拾うだろうか?

10名位の営業マンがいたのだが、9名は拾わないと答えた。

では、同じ状況の中で財布を広げた時に、1円玉を落としたとしよう。どうするだろうか?
ほとんどの者が拾うと答えた。
1円より価値がある10円を拾わず、落とした1円を拾う。
もちろん、利益や損害以外でお金の大切さの部分で拾うものが大半だろうが、損はしたくないという人の行動意識の1つだと思う。

飲食店においても「損をしたなぁ」という店には絶対行かないし、友達から誘われても行かないだろう。

飲食業において、グッドマンの法則というものがある。

満足だったお客様は良い評判を平均5名に伝える。
不満を持ったお客様は、平均8人から10人に不満を言いふらす。
不満を持ったお客様の5人に1人は、20人に不満を言いふらす。
不満を持ったお客様のうち苦情を言うのは、27人に1人。

それだけ、お客様は飲食店で損をすることが嫌で、それを更に人に伝えるということ。
マイナスのクチコミである。更に1つのクレームがあれば、27名のクレームが潜んでいるということ。
飲食店において非常に怖い内容である。

昨日、朝の通勤電車で30分以上缶詰にされて、それ自体はしょうがないのだが、その対応の悪さに腹をたててしまった。飲食店だったら、2度と行かないだろうが、通勤では他の選択がない。
明日も同じ電車に乗るこことなるだろう。

我々は通勤電車ではないのだから、お客様に不満に思われてしまったら、取り返しがつかない。

それだけ、飲食店におけるサービスとは大切であり、重要だということを肝に命じたい。

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

皆、成人という部分で考えたら20年はそれぞれ違った環境で生きて来て、それぞれの学生時代、ぞれぞれの社会人経験をしていると思います。
それぞれ、生き方にはスタイルとスタンスがあると思います。

皆、様々だと思いますし、前に書きました「経験」から来るものが多いと思いますが、自尊心や将来の夢の部分から仕事に対するスタイルがあると思っています。

自分の夢は5年後に、国内でもスンドゥブがラーメンやカレーのように国内で一般的になり、オフィスのランチなどで「今日は、どうするラーメンにしようかそれともスンドゥブ?」「スンドゥブがいいね!!」「じゃ、スンドゥブといったら、東スンでしょ!!」という会話を聞いてみたいし、全国で東京純豆腐の味を味わえるようになっていたい。それに「素人集団の熱い信念」みたいなタイトルで『ガイアの夜明け』に出てみたい・・・・なんて。(いちおう熱いはスンドゥブにもかけてます)

この「スンドゥブをラーメンのように日本の国民食にする」というのは、東京純豆腐事業部で言えば企業理念のようなもので、皆に意識してもらいたいと思っていますし、そのためにはお客様には喜んでいただける味とサービスの提供は不可欠だと考えています。

また、お客様のご意見を聞き、それを考えてつぎのサービスにつなげていくことも重要だと考えています。

それと同時に、当社の入社してきたアルバイト・社員に方々にも会社の成長と共に、幸せになってもらいたいと感じていますし、それを実現するためには会社側からのアプローチも必要ですが、本人の努力も必要だと思います。
よく、部長だから出来るんですよとか、いわゆる役職についているから。
Sさんだから出来るんですよ、スキルや経験。(こちらの部分は営業のときによく言われましたが・・・)
最近良く思うのですが、ブログの場なので書きますが、「俺って駄目だなぁ」と思ってしまうことが多々あります。
でも、思ったとしても「俺って駄目だなぁ」ということを引きずると、自尊心の問題で、それがインプットされて、脳は駄目な自分を演じようとします。なので、それをかき消すだけのモチベーションをあげる工夫などしています。(飲みに行って、記憶をなくすのは、これとは全く関係ありません)
営業マン時代に買った本を読み返したり、本屋に行ってモチベーションがあがるような本を買って読んだりしてます。

駄目駄目の自分・・・転機

自分は前のブログで書きましたが、20歳そこそこで、両親をなくしてビリヤード屋さんでバイトをしていました。
仕事の開始はPM6時。AM0:30まで仕事をして、その後、店の常連さんと球をつきます。バイト代金はたかが知れてますが、仕事中は本当に1分も休まず仕事してましたから、それが社長の目にとまって毎月3~5万位イロをつけてもらってましたので、それでやっと生活できるといった感じです。

そして、午後3時頃から、そのお客さんのおごりで近くのパブに飲みに行って、カラオケの毎日でした。
自宅に帰るのは、AM7時位。自宅から近いので、酔った赤ら顔で自宅に向かいます。
自宅は歩いて8分位の所ですが、駅から近いので颯爽とスーツを着たビジネスマンの出勤風景を目の辺りにします。

スーツ姿の人と目が時々合うのですが、その目は「なに朝っぱらから酔っ払ってんだよ!」といっているように思えました。
そんな日が何日も続きました。ただ、ある日友人から「お前、彼女もいるし結婚も考えてるんだろ、いい歳こいて、いつまでも親のことを引きずるなよ」「ちゃんと就職したほうがいいよ」という言葉が・・・。昏々と話されました。

その時は受け流していましたが、いつものように仕事が終わって飲みに行ってから帰宅します。
また、見たくない風景に遭遇します。スーツ姿の颯爽とした青年、女性・・・・。その目は輝いている。
その時は不思議と目があっても「なに朝っぱらから酔っ払ってんだよ!」という視線は感じはなく、自分の気持ちとしては「皆頑張ってるな~」と位しか思いませんでした。
多分、友人から言われたたった一言の言葉が、自分を変えなきゃいけないという部分を刺激したのかもしれません。それが、いつもなら悲観的・排他的な物事の見方した出来なかった自分でも、肯定的に出勤途中のサラリーマンの見方が変わったのかも・・・。

自宅に帰って、まずトイレに入る。今日会ったことが、自然と偶像として頭に浮かんで来た。
友人に言われたこと、朝の出勤風景。
「俺、なにやってんだろ・・・」急に悲しくなるというか、なさけなくなって+α、天涯孤独の自分を見つめ、トイレで涙しました・・・・・。

「俺、このままでいいんだろうか?」

このまま、なりゆきで生活していいのだろうかと。

その日を境に、バイトをしながら、就職活動を始めました。
ただ、今、考えたらその姿勢はいいかげんで、真剣じゃなかったと思います。自宅から近い関内駅近郊にある、今の会社に面接に行きました。とりあえず、就職しちゃうって感じだったと思います。

履歴書に写真も貼らず、「得意なこと」に18歳の時に経験した営業の「クロージング」は得意ですなんて、いま考えたら笑える位、常識はずれの履歴書を書きました。
今考えると、面接で落ちて当然なのですが面接中の会話でかなり盛り上がって、採用になりました。ただ、ここで言えることは、やり方はどうであれ、目標に向かって進むことでした。
行動することですし、少しでも目標に向かって近づく努力するか。


入社して研修を受けて、自分のやってきた営業と違うし、18歳の時にやったいた対面セールスで新人でもしっかり数字を残した自負がありましたので、トークマニュアルはその日の夜にすべて自分流の書き換えました。
研修を終えて、いざ営業活動に入ります、たしか9件目位だったのですが、俺の書いてきたトークは駄目だなと感じる。更に改良も考えたが、会社から与えられたトークをまず覚えようと、車の中でテープを聴いたり、時間があれば、トークを覚える練習をする。営業開始から、3日目に初オーダーがとれた。
それからは、まずまずの成績をあげることが、出来、その月に社員規定をクリアして社員にはなれました。そこから主任、係長、支部長、本部長と・・・そして、いまは純豆腐です。

社員規定をクリ