1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

(Yahooニュースから引用)
60歳以上の店員がたくさん働くファストフード店がある。ここでは70歳の人もいる。店側からすれば、若い人材が集まりにくいという窮余の策で始まったのだが、いまではお客に対する「気配りがすごい」といった積極的な評価になっている。

「モスバーガー」では注文を受けてからハンバーガーやポテトなどを作るために、待ち時間が5~10分程度発生する。その時間を退屈させないのが、良いところだという。若い店員の場合は注文を受けた後はお客に背を向けて、作業に没頭してしまうが、「今日はお天気でよかったですね」といった会話をしてうまく間をつなぎながら作業をする。こうした気配りは店が教えたのではなく、自発的にやっているそうだ。同店の30代の店長や若いスタッフらは、「こうした姿勢を学ばなければいけない」といっているそうだ。

広報担当者によると、五反田東口店は駅前に立地する大型店で、お客が多く訪れ、スタッフの確保が課題だった。そこで店長がアルバイトの募集年齢を60歳に引き上げたところ、59歳の女性の応募があった。採用すると、接客が見事なことがわかり、それ以降同店では採用方針を見直し、今では60歳以上が10人にも増えた。

 当時59歳だった女性店員は、10年間働いていて今では70歳。立ち仕事で体力的に厳しい面もあるが、「お客と接するのが好き」「若い人と働きたい」といい、楽しんで仕事をしている。
(ここまでYahooニュースから引用)

この記事を読んで、まず感じた事は70歳で接客を、しかもファーストフードで仕事をしているという事実とそしてそれを雇用している企業があったということにはビックリした。
ただ、記事の内容を読んでいくと「気配りがすごい」とか「自発的に行動しているとか」雇用している側の店長でさえ「その姿勢を学ばなければいけない」と感じるという。

店舗運営でおいて、ルールやオペレーションは守らなければいけない。ただ、そこに自身の接客や仕事に対するスタンスや気持ちがお客様に伝わるものである。

同じことをしていても違う印象がある。それは気配りなのかもしれない。

この記事を読んでいて、思いだしたことがある。

最近は行っていないが横浜に、横浜・東京で最古参のイタリアンレストランがある。
「オリヂナルジョーズ」という店で、1953年開店で自分の生まれた年の1965年には「ベルギーのアン王女」が来店されたこともある古いレストラン。

こじんまりして決して大きなお店ではないが、いつもお客さんがにぎわっている。

最近は行っていないが、自分がよくそのお店を利用していたころのホールスタッフは全て男性で60歳以上の方だった。
ダンディという表現が似合う方ばかりで、その味のある接客は気配りそのものだった。

例えば、料理を次々に注文していくと、「もうそれくらいでお腹が一杯になるよ」とか、「そんなに食べられないんじゃない」と言ってくれたり、料理の食べ方をさりげなく教えてくれたり、そんな気配りをしてくれる。
FR(ファミリーレストラン)などで、注文した時に、「もうそれくらいで、お腹が一杯になりますよ」とか絶対に言ってくれない・・・。マニュアルにもないだろうし、そこまでの気配りはないだろう。

ただ、このお店は料理もさることながら、そのダンディなスタッフの気配りも売りなのかもしれない。
少なくても自分が通いつめたのは、その部分である。

気配り、これは大切なことだと再認識させられた。

オリヂナルジョーズ → http://www4.plala.or.jp/Joe/index.html

 

東スンクラブ