1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

現在、全英オープンが開催中です。
今年はタイガーウッズが出場していないので、残念なのと混戦が予想され、誰が優勝するか非常に予想しにくい状況です。


そのタイガーだが、膝の手術を受けた後の復帰第一戦となった今年の、全米オープンでは 膝の痛みを堪えながらのプレーとなったが、最終ホールでバーディーパットを決めて追いつき、翌日の 18ホールのプレーオフとなった。
そこでも不屈の精神力でプレーオフを制して、ニクラウスに次ぐ 史上二人目のトリプル・グランド・スラマー誕生となった。

しかし、再度膝の手術をすることとなり、全英オープンはもとより、今シーズンのトーナメントは欠場することとなった。

いつもタイガーのプレーを見ていると本当に逆境に強い。そしてそこには精神力の強さはもとより、なにか目に見えない力が働いているようにも見える。

運を手繰り寄せるというか、他のプレーヤーとは明らかに違うオーラーと勝負強さを持っている。

以前、福島まで泊りがけで社長をはじめ会社のスタッフとゴルフに出かけたことがあった。

ちょうど全米オープンだったと思うが、TVで放送をしていたので、部屋でビールを飲みながら皆で見ていた。
緊迫する場面、ビビッてしまう場面のパットでもタイガーだけは、絶対にショートしない。

どんなに一流の選手と言われている人でも、極度の緊迫状態で思ったようにパットを打てなかったりする。

タイガーはパットが入らなかったとしても、ショートはしない。少なくともその時、みていた全米オープンではそうだった。

果敢に狙っていく。結果、狙いが少しずれてオーバーすることもあるがショートはしない。
ショートしたら絶対にパットは入らないのである。

そのプレー精神を、素人ゴルフながら実践していこうと、その場にいたメンバーでNSPC(ネバーショートプレーヤーズクラブ)という4名だけのクラブを結成して、キャップやシャツにロゴをいれて良く会社のコンペなどにも参加したものである。

NSPCってなにと聞かれても「それは言われへん」とずっと秘密にしていましたが・・・。ヤバッついに秘密をばらしてしまった・・・・。

・・・でなんでタイガーを例に出してこんな話を書いたこというと、仕事でも家庭でも人生でも「あの時に、こうしていれば」という後悔はしたくないものである。

NSPCのスピリッツはゴルフだけのものではなく、仕事や人生においても大切だと感じる。

タイガーのように例え失敗したとしても、可能性にかけて失敗するのであれば、それはキャリアにもなるだろうし、後悔はしないだろう。後悔したとしても、あの時は精一杯やったと自分なりに納得いくものである。


言葉ではわかっていても難しいことではある。

この辺でいいだろう、これ位でいいだろうと後で後悔するより、少なくとも、精一杯やって、狙っていく、それが良い結果が出ようと、悪い結果が出まいと、その時の判断はあっていたと言えるような、仕事と生き方をしていきたいと思う。

NSPCだ!

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

本日は土曜日。
ちまたでは3連休ということだが、田端店の引渡しがあったり、飲食業は店舗にもよるが連休こそがかき入れどきだ。
本部の業務はというと、連休はあまり関係ないのだが、日曜休日は本部のビルに入れないので、前倒しで仕事をしようと出社する。
商品部のO田係長は田端店の備品納入のチェックで外出、○茶店長も千葉店の荷物搬入および応援で出払っていて、事務所には一人だった。

黙々と仕事をしていたのだが、いきなりグラッと地震が来た・・・・と同時にファックスのピーという受信音のW攻撃で少々ビビッタ。普段、地震など平気なのだが、1人でいたのと一昨日見た「本当にあった呪いのビデオ」の影響か?


まぁ、そんなこんなしているうちにお昼も過ぎ、お腹がすいてくる。弁当でも買って来ようかとも思ったのだが、そんな気分でもないし、本当は何故かむしょうにとんかつが食べたかった。
でも、早く帰ってこられるということで、目の前の焼肉屋にランチしにいくことにする。
ここは、平日でも良く利用するのですが、ほとんど生焼けでも大丈夫な自分やI部長などは10分位で食事がすんでしまう。

それに安い割りに肉質がよくおいしいお店だ。

今日は1人焼肉にすることに。

お店に入り注文をして肉を焼き始める。まわりにはちらほらとお客さんがいるが、女性の1人客がいた。
また、自分の後に入ってきたお客さんも女性の1人客。メニューも見ずに注文をしているところを見ると、何度も着ている人だろう。

まぁ、ランチだということだろうが、5組位のお客さんのなかで1人焼肉が3組とは以外だった。

それに、焼肉は複数人でいくもの。女性の1人客は、焼肉屋や牛丼屋にはいかないものと思っていた。いや事実10年前なら、まず無かっただろう。

それでも、最近は牛丼屋さんに1人で行って、「並、つゆだく」でという光景を時々ではあるが目にすることがある。

以前よりはそのような光景を目にする機会は増えてはいるだろうが、まだまだレアなケースかもしれない。

前に週刊誌で、男女対象に「1人で食事にいくとしたらどんな飲食店にいきますか」の問いかけに、男性は牛丼屋やラーメン屋がトップで女性はカフェがトップだった。

ただ、実際にウチのスタッフを含めて女性に聞くと、たまにはガッツリ食べたい時もあるけど、1人だとどうしてもカフェやファーストフードに行ってしまうとういうこと。

なかなか、女性が1人でも気軽に入れるお店は少ないようだ。

そこで、「女性のお客様が1人でも入り安いお店」「一度こられた女性のお客様が、異性を問わず一緒にいきたくなるお店」をコンセプトにオープンした東京純豆腐です。

そんな中、東京純豆腐は女性の1人客の方々にも評価され、ご利用いただいているのはありがたいことです。

今後も、皆様の期待にこたえられるような店舗でありたいと思います。

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

最近、締め切りがしまった仕事をしていると書いたが、やっている事というとデータベースを作ったり、DPTソフトを使ってマニュアルを作ったり、はたまたWEBサーバーの移転作業。
携帯サイトの更新、VTRマニュアルでビデオ編集と、さながらIT関係の製作会社みたいなことをしていた。


・・・っていうことで先日はスンドゥブの試食ということで、久々に飲食業的な仕事でした。
スンドゥブ試食

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純豆腐は今、創世記で皆が色々な仕事にたずさわっている。

商品部だから商品だけの仕事だとか、店長だから店長の仕事だけとかではなく、青山店のY崎店長なども接客に関するマニュアルづくりの指揮を取ったり、O田係長は新業態の調査などをしている。もちろんルーチンな業務をかかえながら。

声をかけられて、それに参加するという考え方もあるが、自ら手をあげて自分の持っているスキルを生かした業務に参加していくという姿勢も必要だと思う。

以前、自分がヒラ社員だったころ、上司から教わったことがあった。

ヒラなら主任、主任なら係長、係長なら所長、所長なら本部長。
一歩上の立場で物を見て、その意識の中で考え行動しろと。

まだ、純豆腐事業部は組織も体制もはっきりと決まってはいない。色々な経験、考え方の人たちがもっともっと経営に参加してもらい、自分たちで作り上げていきたい。

役職・職責の枠をこえた仕事を求められる、まだ始まったばかりなのだから。

東スンクラブ

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

(Yahooニュースから引用)
60歳以上の店員がたくさん働くファストフード店がある。ここでは70歳の人もいる。店側からすれば、若い人材が集まりにくいという窮余の策で始まったのだが、いまではお客に対する「気配りがすごい」といった積極的な評価になっている。

「モスバーガー」では注文を受けてからハンバーガーやポテトなどを作るために、待ち時間が5~10分程度発生する。その時間を退屈させないのが、良いところだという。若い店員の場合は注文を受けた後はお客に背を向けて、作業に没頭してしまうが、「今日はお天気でよかったですね」といった会話をしてうまく間をつなぎながら作業をする。こうした気配りは店が教えたのではなく、自発的にやっているそうだ。同店の30代の店長や若いスタッフらは、「こうした姿勢を学ばなければいけない」といっているそうだ。

広報担当者によると、五反田東口店は駅前に立地する大型店で、お客が多く訪れ、スタッフの確保が課題だった。そこで店長がアルバイトの募集年齢を60歳に引き上げたところ、59歳の女性の応募があった。採用すると、接客が見事なことがわかり、それ以降同店では採用方針を見直し、今では60歳以上が10人にも増えた。

 当時59歳だった女性店員は、10年間働いていて今では70歳。立ち仕事で体力的に厳しい面もあるが、「お客と接するのが好き」「若い人と働きたい」といい、楽しんで仕事をしている。
(ここまでYahooニュースから引用)

この記事を読んで、まず感じた事は70歳で接客を、しかもファーストフードで仕事をしているという事実とそしてそれを雇用している企業があったということにはビックリした。
ただ、記事の内容を読んでいくと「気配りがすごい」とか「自発的に行動しているとか」雇用している側の店長でさえ「その姿勢を学ばなければいけない」と感じるという。

店舗運営でおいて、ルールやオペレーションは守らなければいけない。ただ、そこに自身の接客や仕事に対するスタンスや気持ちがお客様に伝わるものである。

同じことをしていても違う印象がある。それは気配りなのかもしれない。

この記事を読んでいて、思いだしたことがある。

最近は行っていないが横浜に、横浜・東京で最古参のイタリアンレストランがある。
「オリヂナルジョーズ」という店で、1953年開店で自分の生まれた年の1965年には「ベルギーのアン王女」が来店されたこともある古いレストラン。

こじんまりして決して大きなお店ではないが、いつもお客さんがにぎわっている。

最近は行っていないが、自分がよくそのお店を利用していたころのホールスタッフは全て男性で60歳以上の方だった。
ダンディという表現が似合う方ばかりで、その味のある接客は気配りそのものだった。

例えば、料理を次々に注文していくと、「もうそれくらいでお腹が一杯になるよ」とか、「そんなに食べられないんじゃない」と言ってくれたり、料理の食べ方をさりげなく教えてくれたり、そんな気配りをしてくれる。
FR(ファミリーレストラン)などで、注文した時に、「もうそれくらいで、お腹が一杯になりますよ」とか絶対に言ってくれない・・・。マニュアルにもないだろうし、そこまでの気配りはないだろう。

ただ、このお店は料理もさることながら、そのダンディなスタッフの気配りも売りなのかもしれない。
少なくても自分が通いつめたのは、その部分である。

気配り、これは大切なことだと再認識させられた。

オリヂナルジョーズ → http://www4.plala.or.jp/Joe/index.html

 

東スンクラブ

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

アチャ~(心の叫び・・・)

締め切りがせまった仕事があったので、自宅に持って帰ろうと思い、いつものようにUSBメモリーカードにデータを入れて帰宅した。

昨日は帰宅してから夜遅くまでデータ整理をしていて、使用したソフトはマイクロソフトのアクセスとエクセルを連携させていた。

会社に出勤して完成されたデータをDPTソフトに埋め込む作業をしていたのだが、完成には程遠い、徹夜になる。
ならば自宅に持ち帰って仕事をしようと思ってUSBメモリカードにデータを入れた。
自宅に帰って、飯食って風呂に入ったら、既に10時を過ぎている。

でも、ここからが俺の時間ジャンと意気込んだがUSBにカードを差し込んでみると、データを認識しない。
そりゃそうだ、埋め込み作業をしようと思ったDPTソフトがインストールされてないのだった。

そこで出た言葉が何故か、「アチャ~」だった。

そのまま、TVでも見て寝るかとも思ったのだが、オペレーションVTRの編集をチャレンジしてみたり、WEBで純豆腐のことを調べてみたりした。今、会社でそんな余裕がないので、余計気になった。

グーグルで「純豆腐」で調べるとTOPで表示される。
そして、その上に関連検索というものが自動表示されるのだが、そこで一番先にいる、「純豆腐 レシピ」をクリックすると2008年7月16日現在でいうと、「美人手帳さん」のブログがTOPに表示させる。
http://blog.livedoor.jp/kw4111/archives/50788327.html

そこに、純豆腐のレシピが載っていたのだが、多少の違いがあるが、自分が「はなまるマーケット」に出演したときの「家庭で出来る純豆腐レシピ」とほぼ同じ調理工程が記載されている。

色々検索してみると、このレシピは「結構WEBで書かれているんだなぁ」と感じた。
確かに「はなまるレシピ」という本にも紹介されている内容だしそれもそうかと思ったのだが、それと同時に純豆腐がいよいよ家庭で作られているという事実に、ちょっぴりだけ感動した。

あくまで、ちょっぴりですが。

ラーメンもカレーも家庭で作れる。だが、それでも専門店に行くという心理。
食文化という観点から考えたら、そこが重要だと感じている。

自分が思うに、調理方法が特殊なもの(例えばフグ、割烹)はそこにいかないと食べれない。

一般家庭において、自宅で作れなくもないけど、あえて特別な日や、食べたいと思った時は専門店に出向きたい。
そんな店舗づくりをしていきたいと思う。

おいしいと感動できるお店、元気をもらえるお店、自宅では体験できない空間を提供するのが目指すところだと思う。

 

東スンクラブ