1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

先日のランチはI部長と広報のF木さんと、鉄板焼きのお店に行きました。

いままで、ランチの時に何度も通っていたお店なのですが、ちょっと奥まっていて全然気がつきませんでした。
情報元はI部長で以前ブログにも登場した女性スタッフから教えてもらったそうです。

自分とF木さんはステーキの定食を頼んだですが、880円というリーズナブルな料金にしては、なかなかの味でした。I部長はちょっと高めのサイコロステーキを頼んで、「うまい、うまい」と満足した様子。
自分はサイコロステーキというと、スーパーで売っている肉片を固めたものをイメージして頼まなかったのだが、きちんとした肉をサイコロ状にカットしたもので、おいしそうでした。


I部長が今回おとづれたお店の情報を仕入れてこなかったら、その飲食店との出会いは無かったかもしれない。

この口コミというのは、飲食店において非常に大きいのである。

それが専門店であればあるほど・・・・。

専門店といっても、牛丼チェーンやハンバーガーのチェーンといった知名度もあり、同じ商品を扱っているライバルが犇く(ヒシメク)いわば成熟した分野の話ではない。

今回おとづれた鉄板焼きのお店であったり、ウチのスンドゥブも該当するような、マーケット的にまだ確立されていない分野の飲食事業のことをさしている。

飲食店に求めるお客様の欲求は色々あると思う。(自分がお客という立場で考えても)

例えば、ランチであれば毎日のことなので、「なるべく安いものを」という心理は働くだろう。
また、仕事やスケジュールの関係で「なるべく早く食べれる」ものだったり、逆に「食事をした後に、お茶をしながら長居をしたい」とか色々な欲求があると思う。また入りやすいお店だったり、ランチは必然として会社に勤めているのであれば、周辺に限られてくる。

夜は夜で「一杯いこうか!」となった時に、懐具合もあるし、その時のメンバーなどシチュエーションによって選択肢は変わってくる。

自分もお店の使い分けはしているように、お客様もしているのだ。

自分は、駅中にある、「立ち食いそば」を利用したり「牛丼チェーン」を利用するが、そこに求めるものは「早さ」だ。
サッと食べてサッと移動できたり、仕事に移れる。それ以外はない。


でも、飲食「専門店」における、目的は上記の条件とは異なると考える。安いとか、早いとかの外的な要因ではお客様はつかめないのである。
専門店に来店いただける1つの条件は「味」がいいか、「サービス」がいいかに集約されると考えています。
値段の安さや手軽さも必要だが、我々はスンドゥブ専門店という部分において、その味やサービスにおいて誇りと自信をもたなければならない。

専門店にお客様が求めているものは、確かにお得感は必要だが、味やサービスに左右される。

それが専門店の本質なのであると思う。(続く)

 

話題のレストラン・飲食店ブログ、TOP10を見る

最後までお読みいただきありがとうございます。
共感して頂けたらクリックお願いいたします。
 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

朝、日経MJに1ページ広告で「ハルエとケイジ」という液晶ポスターの広告が載っていた。
大変興味深かったのでWEBで調べてみた。

液晶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サムスンが誇る高性能32型業務用液晶ディスプレイに、液晶ポスターの制作・表示に必要なシステムをオールインワンパッケージ。既存ポスターのスキャン画像を利用したシンプルな表示から、1スクリーンに動画をはじめ複数のコンテンツを自在にレイアウトしたこだわりの表示まで、ニーズに合わせた液晶ポスターづくりをイージーかつリーズナブルに実現。店頭でのプロモーションからパブリックスペースでのインフォメーションまで、あらゆるシーンにおけるビジュアルコミュニケーションをサポートします。
メーカーページより引用

本体には、デュアルコアCPU搭載のWindowsコントローラとステレオスピーカーを内蔵し、PCや外付けスピーカーが不要の省スペースタイプ。電源さえ差し込めばどんな場所でも使用できるという。

 コンテンツの登録はUSBメモリを用い、本体に差し込むだけで、制作したコンテンツが自動で登録される仕組み。最大2000枚まで登録でき、切り替え表示に対応する。

動画やテロップ表示にも対応する。また、スライドショー、デジタルエフェクト機能、BGM、音声再生にも対応可能だ。同製品にはネットワーク配信機能も備えている。

なんと音声も出てスライドショーの設定も可能だという。CPU内臓でメモリーやOSも内臓ということでいわば、機能は限定されているがパソコンそのものだ。

しかも、実売価格で198,000円ということで、従来の業務用デジタルサインと比べてもかなり低価格になっている。ちなみに、価格COMで32型の液晶モニタを調べてみたが32型が載っていなかったので30型で調べると、15万円代のものとあとは21万円代のものが検索された。
これを見てもかなり低価格なのがうかがえる。

仙台パルコ店のオープン時に、スンドゥブという料理自体知らない方が大変多かった。
そんな場所に設置して、スンドゥブとはどんな料理なのか、ビジュアルで東京純豆腐のアピールポイントなどを表示できたら効果的だと思う。
元看板のセールスをしていた自分から見ても、画期的な商品だと思う。

元来、新し物好きなので、これから色々調べてみようと思う。

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

営業の仕事では、どれだけ働いたかという労働時間ではなく、結果が全てでその結果により、その人の収入や人事評価、地位などに反映される。

トップセーラーといわれる人は、下位のセールスマンと比べると、効率よく成約する。
お客様との成約に至るまでの時間も下位のセールスマンと比べて早いことが多い。
下位のセールスマンからしてみれば、簡単に契約を取っているように見えるかもしれない。

しかし、そこに至るまでの準備や情報収集、外回りなら移動ルートなどいかに効率よくセールスをしていくか、時間をかけているのである。
極端な話、トップセーラーの中には準備7、商談時間3なんて人もいるのである。

もちろんセールス技術を向上する努力も日々怠らない。

そうした努力を重ねていくことによって、良い循環が生まれる。
毎日成果をあげることが出来る→明日の準備に時間をかけることが出来る→考える時間を持て新しい企画や営業トークが出来上がる。

取れない営業マンが成約を求めて夜遅くまで残業する。気持ちと時間に余裕がないので準備や考える時間を持てない。結果成果が上がらない。負の循環である。


では、営業以外の仕事を考えたらどうだろうか?

例えば飲食業など。アルバイトやパートの給与は基本時間給である。内容がどうであれ、働いた時間に対して賃金が支払われる。

社員や店長は時間給ではなく、年棒制もあれば月給というところもあるだろう。
売上げや利益に対してインセンティブがついている形態の飲食店もある。

時間給であるアルバイト・パートの仕事の内容を高めていくのが店長や社員の仕事であり、バイトの仕事内容が高まれば高まるほど効率の良い運営が出来る。バイトの評価もあがりモチベーションUPする。
ES(従業員満足度)があがり店に活気が出てサービスが充実して、結果お店が繁盛する。
社員や店長の評価が上がる。

言葉で言うと簡単だが、実際は根気がいることであるが、そんな図式も描ける。
「健全な飲食店」の循環だと感じる。
その為に社員や店長がどのような行動をしているかが大切だと思う。

基本、自分は営業の仕事をしていたので、表面上の勤務時間が長いからといって良いとは思っていない。
仕事につながる、自分への勉強や、考える時間、リフレッシュする時間は重要だと考えている。

重要なのは仕事に対する情熱であったり、責任感だったり思いなのだ。

1ついえることはセールスは自分の数字を作ることが最も重要な仕事だが、飲食店の店長などはお店の数字を、アルバイトや社員を使って作るのが仕事である。

当然、コミュニケーションも必要だし、シフトで人のやりくりが大変な時は自ら率先して穴埋めをするだろう。

そんな店長や社員の前向きな仕事を見て、バイトの士気が上がったり、ついていこうという気持ちが生まれるのだ。

飲食店の場合、立地や天候など外的な要素で売上げ左右される。

ただ、売上げ高という部分でなく、先ほど書いた「健全な飲食店」という部分で考えると勤務時間が長ければ良いわけではないが、少ない店長の店は出来ていない傾向が出た。

何事にも適正というものがあるのである。

数字は物語っている。

話題のレストラン・飲食店ブログ、TOP10を見る

最後までお読みいただきありがとうございます。
共感して頂けたらクリックお願いいたします。
 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

オリンピックで金メダルを獲得した、ソフトボールのエース上野投手は、準決勝のアメリカ戦、3位決定戦のオーストラリア戦ともに先発完投。投球数は21イニングで318球を数えた。決勝戦での投球数は95、準決勝からの3試合で計413球だった。

金メダル

 

 

 

 

 

中指の皮がむけて、常人では痛くて投球が困難な状態であったにもかかわらず、その不安要素をナインに隠して投げぬいたという。

ある番組で、上野投手の特集をしていたのだが、その中で凄く印象的な言葉があった。

上野投手は318球を準決勝、3位決定戦で投げきり、決勝でも100球近く投げての金メダル。

普通なら疲労困憊で、どんどん球の威力が衰えていくものだが

こんな言葉を残した

「最初の1球と100球目の球は違うなって思う、だってそこには100球分の成長があるから」

感動した。なんの説明も要らないだろう。

常に成長していく。

この言葉とスピリッツは大切にしたい。

 

話題のレストラン・飲食店ブログ、TOP10を見る

最後までお読みいただきありがとうございます。
共感して頂けたらクリックお願いいたします。
 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

仙台出張から帰ってきました。

仙台オープンに立ち会えて本当によかったと思います。

カウンター席

 

 

 

 

 

 

 

仙台の夜景が見れる「展望カウンター席」好評です

考えてみれば、青山店の開店以降は中野CKに入っていて、なかなかドップリ開店に入ることは出来ていませんでした。

店舗が開店となると中野CKの仕事が1店舗分増えるわけで、開店に立ち会いたいとしても、仕込みの作業で手が回りませんでした。

今回のオープンでは直に、ご来店のお客様と接したり、スタッフと接することが出来、色々と感じさせられました。

初の東北出店で「果たして純豆腐を受け入れてもらえるだろうか?」という不安もありましたが、その10倍位、「純豆腐を支持していただける」と確信していました。

ただ、実際にオープンとなるとドキドキものです。

幸い、オープンから閉店までほぼ途切れなく、お客様に入店いただきホッとしました。

それにしても、パルコのパワーは凄い。館内が人で、新宿駅の改札のようだった。
これからの季節は純豆腐にもってこいの季節です。
ただ、まだまだ料理自体を知らない方が多いので、その部分を強化していきたい。


それと、自分が感じたことは、仙台パルコ店のスタッフが凄く生き生きしていた。
お客様に東京純豆腐を味わっていただこうという、気持ちが見ていてヒシヒシと感じられた。
サービスレベルはまだまだ改善点はあると思うが、マニュアルを守り、見ていてある意味安心感もあった。

「初心忘れべからず」ではないが、テクニックも必要だが、このオープンの時の気持ちを忘れないでほしいと思う。

そして、東京純豆腐の味とサービスを仙台にも広げていって欲しい。

話題のレストラン・飲食店ブログ、TOP10を見る

最後までお読みいただきありがとうございます。
共感して頂けたらクリックお願いいたします。