1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

ブログランキングに投票

やはり、日曜日であり3連休の中日ということもあり、今日は初日・2日目と比べると雲泥の差があるくらいの入場者数だろう。

昨日までとはまるで別。各店にぎわっている。

米沢牛弁当

 

 

 

 

 

 

 


昨日のランチは「米沢牛の弁当」「ふるさと祭り」で販売されてました。

米沢牛弁当2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

そんな中、休憩室で沖縄のブース出店している女性と、北海道のブースの人との会話を偶然聞いた。

「やっぱり、地方から出てきて、こんなイベントがあると嬉しいですね」
「地方から東京に出てきて、なかなか旅費もかかるし、地元に帰ることが出来ないけど、こんなイベントがあると、そんな方に元気を与えることが出来るみたいで・・・」
ウンウン、そうなんだ、このイベントの趣旨は、ふるさとから東京近郊になんらかの事情があって住んでいる方へ、ふるさとの感覚を味わってもらい元気を与えるイベントなのだ。
改めて思い出した。

祭り

 

 

 

 

 

 


 

ウチは特別出店という形だったが、そんな中で韓国の方も何名かお買いあげいただいた。

特に印象に残っている人が2人いた。

お一人は女性の方で、試食をしていただき、おほめの言葉をいただいた。
広報のF木さんが対応してお買い上げいただいたのだが、その時に韓国の方というのを聞いた。
F木さんも「本場の方にお褒め頂くのは光栄です」と・・・。

もう1人は、夕方だったが、めがね姿で体の大きい男性でリックサックを背負っている。

年は大学生位だろうか?

歩いていたのだが、突然立ち止まりポスターを見ている。

おもむろに注文を頂く。言葉はたどたどしかったが、スンドゥブという発音だけ良かったので多分韓国の方だと感じた。

スンドゥブを作り、手渡す。その時の笑顔がなんとも言えない感じだった。

彼に「ふるさと」の温かさを伝えることが出来たのか・・・気になるところである。

いや~飲食って本当に奥深い。催事もだけど。

今日は最終日頑張るぞ!!!

 

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります.