1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
   ↓

ブログランキングに投票

先日、お昼ご飯を食べに行こうと広報のF木さんとK茶係長とエレベーターで1Fに降りる。

毎度のことだが、そこから何を食べに行こうかと色々悩んでいたが、近くの定食屋さんにいこうということになった。
パスタという話も出たが、自分は昨日の夜食べたばかりだったので阻止した。

何度も行ったことがある定食屋さんに着くのだが、あいにく3名で座れる席が空いていなかった。

待つことも考えたが、店を出て他の店を探索することにした。
そんな時にF木さんが、最近開店したお店で、前に行ったときは並んでいて入れなかった定食屋さんがあったのを思い出した。

目と鼻の先だ。そのお店を目指すことにした。
お店に着くと満席で、少し待たないといけないのだが、順番としては次だったので待つことにした。

ここの魅力は、無料で焼き海苔と卵がついていることだ。
お店に入る前に看板でチェックしていた。
ここのお店の売りは地鶏だ。

店の規模はそれ程大きくはないが、4名席が8、カウンター2席(ランチ時、夜は椅子をだして5名位座れると思う。)つまり、ランチ時は最大34名の席があるわけだ。勿論、4名席に3名客や2名客も座るので、ピークでも全席埋まるわけではないが、キッチン2人、ホール2人で効率よくまわしている。それも危なげない。

K茶係長が「この人数を4人でまわしていたら、生産性高いですよね~」と一言。

全くその通りだ。

しかも、ホールの女性スタッフ動きが良いのと、笑顔がすばらしい。
席に案内されると、待っている間に注文していた商品が、すぐに出てきた。

出てきた料理も、自分は地鶏のステーキと魚のお刺身。
サラダと漬物、味噌汁とご飯。テーブルの上には卵と焼き海苔が置いてあり自由に食べることが出来る。ご飯も味噌汁もお代わり自由。

ちょっとサービスしすぎじゃないかと心配になる。
まぁ、開店サービスかもしれないが、他にも沢山気に入ったところがあった。

料理も美味しいし、合格点でした。「池袋My lunch Shop」に加わる。

食事をしたメンバー共通の認識なのですが、ホールの2人が連携は勿論のこと、よくお客さんに目が届いている。
お店が混んでいたり、忙しいと忙殺されてしまって、お客様まで目が届かないことが多い。

ただ、ここのスタッフは以前にブログでも書いたが、「1Way 2Job」「1Way 3Job」がしっかりと出来ている。
「1Way 2Job」とは、1つの動きで2つの仕事をするということだ。

例えば、お客様に料理を持っていくという1つの動きのなかで、引き上げてくるときに、他のお客様の状況を見て次の仕事をすることだ。

ただ、引き上げてくるときにお客様に「すみません~水ください」と催促を受けてする仕事ではない。

常に自ら積極的に、周りの状況を見て、意識して行動することだ。

それを意識していると、それが習慣化して、それこそ「1Way 3Job」「1Way 4Job」も出来るようになってくる。

そんなに難しいことではなく、商品を提供に行ったときに、他のテーブルの食事が済んだお皿を下げて、ドリンクが無ければお勧めする、そして他のテーブルの食事状況をキッチンに伝える。

これだけで、「1Way 4Job」だ。なにも自身が動かなくても、自分の動きの中でお客様の状況を感じ取って、他のスタッフやキッチンスタッフに伝える、または指示するのも立派なJobだ。

その辺を意識して仕事を出来る環境なのか、そうでないかでだいぶ違ってくると思う。意識すると事と、訓練が必要だ。

ただ、それが自身で出来た時に、成長できたと実感できる瞬間なのかもしれない。

 

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります.