1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
自分が18歳の頃、社会人になって初めて勤めた営業会社は、言わば「モーレツ営業会社」で厳しいのはもちろん、鉢巻をしめて営業訪問にいったり軍隊のような雰囲気があった。朝礼では営業成績が良くない営業マンは、通称「つるしあげ」といわれる洗礼をうける。言葉はもちろん、手まででてくるので、今であればかなり問題になるだろう。

そんな会社であった。

ある時に、全国の営業マンを集めて旅館に宿泊して営業研修をすることになり、全国から営業マンが集まった。
普段顔を合せた事のない、地方の営業マンまで終結した。人数にして100名くらいか?
自分は最年少だった。

この営業研修のネーミングは「地獄の特訓道場」。旅館の研修ルームに大弾幕が張られ、2泊3日の日程だった。
社長・営業本部長、そして研修部長3名が指導にあたる。
それ以外にも外部の講師陣も来ていた。

朝起きてマラソンから始まり、食事をしてから夜の11時まで缶詰状態での研修だ。
研修の間、研修部長3名が竹刀を片手に研修を見つめている

あくびなどしようものなら、容赦なく竹刀と罵声が飛んでくる。3日間の研修で計10名くらいが、夜逃げした。そんな緊迫感がある研修だった。

確か、初日の後半か2日目だと記憶しているが、ロープレを研修部長3名と他の営業マンが見つめる中でする試験があった。

営業マンが2名壇上に上がり、一人はお客さん役、一人が営業マンで、会社から教えられた基本の営業を演じるのである。

この研修の目的は、会社から支給されたマニュアルをいかに忠実に守っているかをチェックすることだ。特に話し方がうまいとか、切り返し話法が鋭いとか、そんな部分は関係ない。マニュアルを覚えていれば出来ることだ。

しかし、ロープレが始まると、ことごとく皆、基本ができていない。
そのたびに、教育部長の罵声と竹刀で床をバシバシ叩く音が響き渡る。

ある種異様な雰囲気。竹刀をもった教育部長、100名位の営業マンが見つめる中でロープレをするのだから、緊張感はMAXだ。

それにしても、基本というかマニュアルを覚えていない人が多いという現実にちょっと驚いた。

自分はというと、緊張で口から心臓が飛び出そうになりながらも、「とりあえず、ぎこちないけど合格」と教育部長からの言葉をもらった。
自分は初めての社会人で、基本を覚えるしかなかったのが幸いした。
ただ、なまじ社会経験があって、営業経験などあると、自身の下手な経験から基本をおざなりにしがちである。

結局一次試験で100名中、合格をもらったのは、40名程度だった。

不合格の人は、会場から廊下に出され、通称「壁トーク」をする。(壁をお客様に見立てて一人でロープレをする)

合格した人のみが、別室に呼ばれて社長からの訓示があった。
社長いわく「マニュアルや基本を守っているだけで、契約は取れる」「逆にそれを守らなくても契約は取れるが、安定的な成績は残せない」「基本ができての応用」とかそんな話があった。

そして論より証拠と言って、営業成績トップ10は全て合格者のメンバーだと話してくれた。
それと同時に「基本=簡単と思われがちだが、トップセールスマンにはそんな思考はない」「下手な頭を使って応用を考えるより、基本を磨いていく方がトップセールスマンへの近道だと」そんな言葉をもらった。

遠い昔の話でしたが、単純なことほど差が出やすいのも事実だ。
スンドゥブを1杯作るということに関しても、コチュジャンやタレ・スープを作る段階からになると別だが、それらがそろった状態で作るのは、単純で簡単かもしれない。

ただ、そんな単純な調理にこだわりと気遣いが必要だと思う。
単純な作業ととらえるか、美味しく食べてもらいたいという気持ちや気遣いで、変わってくるのが料理である。

お米を炊きなさいと言ったら誰でも炊けるだろう。
ただ、米の粒をそろえたり、水、浸水時間、火加減、蒸らしなど単純な中に気遣いやこだわりもち、「飯炊き名人」と言われる人がいる位なのだ。

純豆腐を作るスタッフは「純豆腐名人」「純豆腐・名プレーヤー」を目指して欲しいものである。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
NYで食べたデリをはじめ色々な食べ物が懐かしくなり、先日はおいしいピザでも食おうよとなり、I部長とI津係長と青山までランチにしにいく。
目指すは青山の人気店で、午後1時過ぎくらいに着いたのだが、既に予約を入れた人以外はクローズだという。
なんでも、電話予約ではなく、混み始めるとお店で名前などを控えてもらって、予定時刻にまた来店するというシステムらしい。
せっかく出向いてきたのに残念だった。しょうがないので近くのカフェで食事をとって帰ってきた。
ピザを頼んだのだが、専門店ではないので残念な結果だった。
悔しいので、I部長と別れた後に係長と、池袋に戻ったあと西口にある有名店に出向くが、そこでもピザは夜にならないとないという。
さらに事務所近くの、イタリアンに行くが居酒屋的なところで、思うようなものに出会えなかった。
さらに傷口を広げてしまった。
翌日、リベンジということで同じメンバーで少し早めに事務所を出て、現地に開店時間の11時30分頃に着く。
あいにくの雨だったが、すでに行列が出来ていて、あらためて人気店だと認識すると共に期待が膨らむ。
しか~~し・・・・。
なんとピザ窯が具合が悪くて今日はピザは提供できないという。
雨の中、池袋からわざわざ出向いたのに2日連続で、フラれるとは縁がない・・・。
気を取り直して、ちゃんとしたピザが食べれる店をI津係長がメモリーしていたので、そこを目指すことにする。
2つあったのだが、ニューヨークスタイルのお店があるというのでそちらに行くことにした。
表参道の駅から少しあるいて入店する。
なるほど、店内の中心にはサラダバーがあり、なんとなくNYぽさがある店内だ。
席についてメニューを見ると「ピザ」がない。
I津係長も少しあせり気味でお店のスタッフに「ピザはないんですか?」と聞くとピザのメニューは夜だけだということだった。再度がっかり。
よっぽどパスタでも食べようかとも思ったが、「パニーニ」なる商品がある。
トッピングしてあるものは、モッツァレラチーズやハムやトマトとかピザとほぼ同じものを使っているので、ピザの代用品ということでそれを皆で頼んだ。
サラダバー
サラダバーがあるので、好きなサラダを選んで食べることができます。
サラダを食べていると、いよいよパニーニが登場です。
パニーニ
出てきたパニーニ!ボリュームありそうです。
なかなかボリュームがあっておいしいのですが、やはりピザとは別物でした。
自分自身パニーニを食べるのは初めてなのですが、なんか食べたことあるような、ようはフランスパンのサンドイッチって感じでした。サラダとドリンクがついて1350円。
別に不満はなかったのですが、3人の中でもやもやしたものがあったようです。
もちろん、2日続けてピザにフラれたというのもあるでしょうが、違う何かが心の奥深くで・・・。
食べ終わって帰ろうと3人で歩いて表参道の駅に向かいます。
ちょうど駅の入口に向かおうと道を曲がりかけたところで・・・・。
あるタペストリーを見て唖然と・・・・「これだ~~~!」
サブウェイ1
一同唖然・・・・
そしてお店の看板をみると
サブウェイ2
NYでもよく見る看板ですが、池袋にもすぐ近くにあります。
3人ともその場で立ち尽くして思わず笑ってしまいました。
そうなんです、パニーニを食べていた時に皆口には出してなかったのですが、心の中で「どこかで食べたことがあるような気がしていたんです」
そして、わざわざ表参道まで来て食べたのですが、事務所のすぐ近くで食べることもできる、しかも安価で。
もちろん、サブウェイと今日行ったお店は内容が異なるのはわかってはいるのですが・・・。
ピザを目的のお店で食べれなかったのとWショックで思わず笑ってしまいました。
いやいや、決してパニーニが不味かったとか、満足できなかったというわけではなかったのですが、2日続けてピザにフラれて、こんなことがあると拍子ぬけしたというか。
ボクシングの試合でリングサイドの席を10万で取って、電車で1時間以上かけて会場に来て、いざ試合が始まったら内容は良かったが、30秒ノックアウトで終わってしまったような感じといったらよいか・・・。
なんとも言えない、残尿感というか、割り切れないというか、そんな感じの気分だった。
しかし、このメンバーだとNYのみならず、日本でも珍道中になってしまう。
まぁ、来週リベンジするかと言って電車に乗り帰路につくことにした。
たかが食事ではあるが、そこには人それぞれの期待や思いがあるのだ。
我々飲食店は自身の経験をも置き換えて、その思いや期待に答える仕事をする必要があると思う。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
宛名が記されていないDMが抜群の集客効果を発揮している。
ヤマトダイアログ&メディアが2006年11月からスタートさせた宛名なしDM「エリアダイアログ」の1通当たりのコストは新聞の折り込みチラシの約5倍。だが、レスポンス率は約10倍、時には50倍から100倍もの数字をたたき出すという。
秘密は細かいマーケティング手法に秘密があるらしい。
国勢調査や自動車登録台数など公のデータを使用してエリアを決めていく。
たとえば、車のディーラーが高級車のDMを打つ際には、クラウンなどの所有率の高いエリアを選択するが、実際には都内であれば足立区や江東区が高くなる。・・・・というのもタクシー会社が多いエリアだからだ。1つの営業所に多数のクラウンを所有しているわけだ。
ただ、タクシー会社はターゲットではない。
データを言っても、多角的な観点で仮説を立てながら検証しながら、丁寧に人の手でチェックしてターゲットを決めるらしい。
また、DMの作り方や配達時間にも工夫がなされている。
ある車会社のDMは、あえて車の写真や絵を使用しなかった。昼間にポストからDMを取り出した主婦に「夫が車の買い替えを言い出しかねないから」とこっそり捨てられるのを未然に防ぐためだ。
週末に集客を図りたいときには、DMを金曜日のできるだけ早い時間帯に配達している。一般に土曜日の朝は起床が遅い。金曜に夕刊を取り出した後に配達すれば、土曜日の昼すぎまでDMが見られない可能性が高くなり、来店確率はがくんと落ちる。ターゲットが手にするシーンを想定したきめの細かい工夫が、DMを生きた販促ツールに仕上げている。
そんな細かい事前準備と分析が、レスポンス率の大幅なUPを生み出しているらしい。
また、宛名を書かないことによる副産物としては、宛名が書いてあれば、基本宛名の本人が開封することとなる。
まぁ、うちなどはDMなら勝手にかみさんがあけているので、意味がないが、宛名が書いてないということは郵便受けをあけた人がDMを開封する確率が高くなる。
本来対象としているターゲットが旦那さんだとしても、奥さんやその他の家族が見て効果を上げる例もあるという。
例えば、上記の車のDMの場合、まだまだ車の乗り換えを考えていなくても、奥さんが試乗会のプレゼントなどを見て来場したいとなったりして購入につながる例もあるという。
また、2世帯住宅などではDM対象者ではない対象者の両親がたまたま郵便受けをあけて購買動機につながったりもするという。
データは重要だが、データだけでは見えてこない部分を人の手を介して、考えたり、肌で感じることの必要性を実感させられる内容だ。
さらに、ただ闇雲にDMやチラシをまくだけではなく、時間と手間はかかるが分析して計画的に実施したものは、より効果的な結果をもたらす。
またチラシやDM作成に関しても既成概念にとらられず、いろいろと工夫することの必要性を感じる。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
普段からよほどのことがない限り、朝食をとる習慣はないのだが、ニューヨークにいってから朝よくお腹がすく。
ニューヨークでは毎朝デリに行って朝食を食べていたので、習慣になって体が朝食を欲しがっている感じがある。
なので最近は立ち食いソバなどで、朝食をとることもあるのだが、ニューヨークのデリがなつかしくなる。
デリで朝食NY
NYのデリがなつかしいです。
野菜ジュースとスクランブルエッグとベーグルやトースト、軽くサラダも・・・。
なんか、健康的だし元気になれる感じがする。
今日も、そんなことを思いながらも出勤途中のコンビニによってサンドイッチとトマトジュースを買って、会社についてから軽く食べた。
ただ、なんとなく寂しい。会社や自宅近くにはニューヨークのようなデリはないので、明日は自宅でデリ風なものを作って食べようかなぁとも思ったりもした。
ただ、正直いえば近くにNYのようなデリがあるのが理想なのだが・・・。

自分がいままで朝食べなかった理由は2つあって、まず朝食を食べる時間があったら少しでも寝ていたいことと、ある理論がベースだった。
田舎暮らしの農家の方などは、朝の5時・6時には起きて作業をして、7時や8時位に朝食をとることが多い。
つまり、寝て起きてから1時間以上は体を動かして胃腸も完全に目がさめている状態だ。
ただ、自分などは仮に朝食を食べるとしても、起きて1時間もしないうちにまだ目が覚めていない胃に固形物をいれることとなる。それはあまり胃腸にとっても良くないことだし、太る原因にもなるという説をなんかの本で読んだことがあった。
その手の説は沢山反乱していてどれが正しいのかの判断は難しいのが現状。
ただ、習慣のようにお腹がすいてなくても無理やり食べるのは良くないと思うが、逆に体が欲しているのなら、午前中の脳の働きを良くするためにも朝食は良いので、少しの間続けてみようと思う。
月・火・水の禁酒に朝食と少しは健康に気をつかうようになった、今日この頃です。
野菜スンドゥブ

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
試食会続いています。
先日も取引業者のテストキッチンをかりて、業者さんからの商品提案、夏メニューの検証会がありました。

試食会1
試食会2
試食会3
試食会4
試食会5
また、夏のデザートも開発中です。
さて、どんなメニューが新登場するか、乞う!ご期待!

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります