1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
昨日の続いて、自宅で韓国料理。

今日は自家製ナムルに自家製ユッケ、国産牛の焼肉のちょっと贅沢なビビンバ。

焼肉、ユッケビビンバになるのだろうか。

かみさんも「うまいうまい」と連呼する。

なんせ、ナムルもユッケもお店で作っていた時の秘伝のレシピなどで本格的なものだ。
ビビンバ

ちょっと具が多すぎてご飯が見えてない。

昨日の冷麺の時につかったキムチがあまったので、少し入れてみた。

韓国料理ってあまり食欲がないときでも、バリバリ食べれてよいですね。

ユッケがあまっているので、酒のつまみで食べる予定。

たまに、自宅で料理するってのもいいもんですね!

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
以前テレビで冷麺の特集をしていて見ていたのだが、美味しそうで非常に食べたくなった。
その日は、既に夕食のメニューが決まっていたので諦めたのだが、先日「今日はなに食べようかと」とかみさんとの話の中で、先日の冷麺のことを思い出し「冷麺」でというとOKだったので冷麺を作ることになる。

基本、会社が休みの日は自分が食事は自分が作ってます。材料がなければスーパーや食材店に出向いて買い物をして、仕込みから調理までします。

今回は、ちょっと手抜きで地元の韓国食材店で、冷麺セットみたいなものを購入して作りました。
キムチもそのお店で購入。
チャーシューは自宅近くの以前、神奈川新聞のアンケートで「NO1チャーシュー」になったお肉屋さんで購入。
冷麺

確か、中野CKに冷麺のオリジナルレシピがあったし、チャーシューは自分のオリジナルレシピがあるので、次回は完全手作りで作りたいと思います。

さて、その韓国食材店には初めて行ったのですが、実は以前にも行ったことがあったみたいだ。
最初に接客してくれた方は、まったくの初対面だったのだが、キムチを購入しようと移動したときに、白菜のキムチがなかったので、場所を聞いたのだが自分はわからなったが、対応してくれがスタッフのおばちゃんが自分を覚えてくれた。
「キムチ、冷麺にいれるんなら、これがいいよ」と勧めてくれた。
そして、「今日はトウガラシとにんにくはいらないのかい」と・・・・。
自分はまだわからなかったのだが、「あんた忘れちゃったのかい?、2~3年前に来た時に、しつこく唐辛子やにんにくなど質問したよね~、そしてちょっと経ったら、TVに出てたじゃない!」
TVは、はなまるマーケットのことだと思う。

やっと思い出した。東京純豆腐を立ち上げる時に、韓国食材はすべて地元の横浜で購入していた。
そして、唐辛子も種類が沢山あるが、わからないので色々と質問した覚えがある。
親切に教えてくれたおばちゃんだ!
そして、ここで買った唐辛子やニンニクをつかって試食会などを開いていったっけ。

なんか、懐かしいというと共に、覚えてくれていたことの感動した。
同じ商店街だが、違う場所に移転していたみたで気がつかなったが・・・。

自分は確かに、10分以上色々と質問したりしたので印象に残っているお客だろう。
ただ、3年以上このお店にはいっていないのに覚えていてくれた。
なんで覚えていてくれたのですかと質問すると、「あんたがいい男だからだよ」とおばちゃん特有の返しをされてしまったが、どんな商売をしていても、お客様の情報をメモリーするというのは重要なことだと思う。

これをきっかけに、今後、地元で韓国食材を買いにいくなら、鉄板でそのお店になるだろう。

これってアナログ的なことだと思う。
でも、それも大切なことだと感じた。
そして、おばちゃんが勧めてくれたキムチと冷麺もベストマッチ。美味しくいただきました。

 

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
新しい店が出来たり、美味しいという噂のお店があれば、なるべく出向くようにしています。
なんせ、食べるのも好きだが、業態が違ったとしても同じ飲食業ということで人気の秘密をさぐる意味でも、なるべく出向くようにしています。

最近はちょっとご無沙汰していましたが、豊島園駅から歩いて10分位の「ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト」部長2人と、I津係長と4人と出向いた。

なんでも、総務課にいるS入Y平君が言うには、「死ぬ前に1食だけ食べれるとしたら、ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポストのピザ」を食べたいという程だという。

まぁ、死ぬ前に食べるのがピザとは、普段Y平はあまりいいもの食ってないからと、半ば半信半疑だったが、WEBなどで調べてもかなり評判が良いお店だ。

行くなら予約必須で、しかも、なかなか予約も取りにくい人気店だ。

I津係長に予約の段取りをしてもらったのだが、意外にも簡単に予約がとれた。

仕事が終わって、いざ豊島園に。

駅についてテクテクと歩くが、繁華街という感じではなく、車はひっきりなしに走っているが歩いている人は少ない。渋谷や池袋とは真反対の風景だ。

お店につくが、決して店舗立地としてはよくない。おそらく利用されるお客様は地元の方か、評判を聞いてわざわざ訪れる人、そしてリピーターだろう。
そういう意味では、「お店の力」だけでお客様を集客している理想的な店舗でもある。
 ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト
お店には予約した19:30より5分位前についたが、既に満席でテーブルを片づけたりするために5分程待たされる。

そして、入店。皆でまずビールを注文。

前菜をお勧めされたが、H山部長が拒否。イタリアン大好きの自分としてはちょっぴり不満。
自分は和食が一番好きでその次に韓国料理とイタリア料理が来る程なのだ。
でもまぁ、今日はピザを食べに来たのだし、これも仕事だしと心を静める。
ピザを注文した。とりあえず2枚注文してシェアして食べようということに。

ピザが出来るまでの間、お腹がすいて我慢できないI部長が「前菜頼もうよ~」ということになり、生ハムとサラミの前菜を頼んだ。これは絶品で皆、美味しい美味しいと食べた。

そろそろビールが無くなりかけたときにお店のスタッフが、おかわりの注文を取りに来たのだが、今度はH山・I両部長が「大丈夫です」と断る。

このおやじ「ピザはピザで食って、駅前にあった居酒屋に行こうという魂胆か?」とも脳裏をかすめた。
大阪の人はその辺は合理的だから・・・・。

この予想は半分あっていて、半分間違っていたが・・・。

さて、そんなこんなで最初に頼んだマルゲリータが来た。
写真は撮り忘れたが、生地はもちろんだが、トマトソースのジューシーさとチーズの調和が見事で、衝撃のおいしさだ。実はH山部長を除くメンバーは前日にもランチで恵比寿の有名店でピザのランチを食べたのだが、そこと比べても数段美味しかった。とにかくソースが旨い!!

H山部長自ら、赤ワインのボトルを注文、皆この美味しさに臨戦態勢に入る。
自分たちのテーブルから、実際に生地をのばすところ、ピザ窯で焼くところが見えるので、トマトソースを使わない白いピザがトッピングされている姿を見て「これウチやろ」という感じで期待が膨らむ。

そして、モンテビアンコというトマトソースを使わず、生クリームや各種チーズを乗せた白いピザが登場!
モンテビアンコ

これが、衝撃。チーズの美味しさと生地の力が見事に合わさって、マジ旨い。

人生40数年やってますが、これがBest of Pizzaです。そしてピザのおける自身の世界観が変わりました。
ニューヨークでも美味しい感動するピザに出会いましたが、ニューヨークピザとナポリピザの違いがあり比較するのは難しいが、単純に美味しいという部分では、ここが上だと思った。

とにかく、このお店に来た4名は、青山の超有名店をはじめ、NYのピザも知っているが、この味に感動しまくりです。

そして、自然にピザの追加注文、ワインボトルも追加注文した。

そして出てきたのが、ちょっと辛いピザです。これも生地、ソースともに美味しく自然とワインも進みます。
フォルテ

気になったのは、いい意味で、自分らホールの方に「本当に美味しいですね」と言うと、それをピザを作っているオーナーシェフのAoki氏に伝えていたことだ。作る側からしてみれば、そのような言葉を聞けるのがうれしいですし、それを伝えるという部分は個人店とチェーン店では違う部分があるが、必要なことだと思う。良い内容でも、悪い内容でもお客様のダイレクトの言葉を調理する人に伝えるというのは重要なことだ。

食を通じて感動を与えて、世界観を変えることができる。

考えてみれば、かみさんと結婚した当時、ほとんど魚が食えなかった、かみさんを連れて近所の和食居酒屋に連れて行ったっけ。
ここは個人の居酒屋だったのですが、割烹料理などの板前を経験した主人の本格的、そして創造的な料理が食べれるお店だ。
日本酒も旨い店で、2人で2万5千円位かかるから、立地としてはかなり高価格のお店だ。まぁ、普段飲まない日本酒を自分がバカバカ飲む関係もあったとは思うが、かなりこだわっていたお店。

かみさんも毎週末行くたびに、嫌いだった魚を今では抵抗なく食べれるようになった。
それはこのお店でおかげだと思っている。

飲食業とは業態や形態がことなり、お客様にうったえかけるポイントは違うが、本質「お客様に喜んでいただく」という部分は共通だ。その部分を大切にしなければいけない。

いや~でも美味しかったです!
Y平君、ごめんなさい、今度一緒に行きましょう!

ダ・アオキ・タッポストピザ / 豊島園駅練馬春日町駅
夜総合点★★★★ 4.5

 

 

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

 

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
うだるような暑さと言っていたが、あっという間に夏が終わりそうだ。
しかも、暑い日は暑かったのだが、平均して涼しい日が続き本当に夏らしくなかった。
ゲリラ豪雨や雨に日が続き日照時間も、太平洋側では例年の6割程度、日本海側では4割程度しかなく収穫の秋が心配されている。特に野菜や米の収穫に影響しそうだ。

また、夏がかきいれどきの「海の家」なども大打撃だったようである。

涼しくなって移動の時などは楽になって良いとは思うが、なんかこんなに短い夏は個人的には寂しいと思う。

ただ家で飼っている犬のボビーにとっては、恵みの涼しさです。
夏の風景
愛犬もバテ気味です。

全身が毛でおおわれていて寒さには強いが暑さには弱いのが大型犬で、涼しくなって来たとはいえ室内はクーラーのかけっぱなし。
同じ大型犬を室内で飼っているいる人の共通の悩みというか苦労しているみたいで、自分も含めてクーラー病ではないですが今年はかなり体調をくずしています。

こんな時こそカプサイシンのパワーを借りて、体の中から夏バテ・クーラー病を克服しようと中野でスンドゥブを食べたのですが、みるみる体が温まってくる。暑いと汗が表面から出てくる感じではなく、体の芯から温まってくる感覚です。

おかげで少し、食欲が戻りました。

クーラー病や夏バテで食欲不振に人や、お疲れ気味の方はぜひぜひ、スンドゥブお勧めですよ!!
スンドゥブランチ

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
おかげさまで武蔵小杉店1周年を迎えました。
1周年記念として、人気NO1の「豚スンドゥブ」を通常価格より200円引きの700円にてご提供いたします。今月いっぱいの周年記念キャンペーンです。
お近くにお越しの際にはぜひぜひご来店ください。
武蔵小杉1周年

期間:8/22~8/31まで
店舗:武蔵小杉店

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります