1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
プロ野球もペナントレース、クライマックスシリーズも終わり、今日から日本シリーズが始まる。
地元の横浜ベイスターズはペナントレース当初から、優勝争いから脱落してほとんど試合は見ていない。

そんな感じのプロ野球だったが、惜しくも日本シリーズ出場はならなかったが、楽天イーグルスは2005年創設以来、初のAクラスの2位。選手も育ってきている。

その楽天を率いてきた、野村監督が今年限りで監督業を去ることになった。
来年の監督継続をめぐって、球団本部とひと悶着があり、ちょっとミソがついたが、やはり野村監督の力は大きかったと思う。

かなり前のことだが、野村監督の著書を読んだことがあったが、その中で「積極的なマイナス思考」という言葉があった。

投手は「勝負相手である打者にプラス思考である必要性がある。」つまり、「必ず打ち取ってやる」という気持ちを持って勝負することが必要だが、捕手は「最悪を考えて、投手をリードする、得点差を考えたり打者を特性を考えて、最悪打ち込まれてもこのコースだったら単打ですむとか」危機管理ではないがそんな発想も必要だと説くとともに、投手が迷ったり、自信が持てなかったら「自分の言うとおりに投げれば大丈夫だと」投手をリードしたみないな話しが書かれていたという記憶がある。

ただ、「自分の言うとおりに投げれば大丈夫だと」と言っても、それでいつも悪い結果が出ていれば投手もやがて信用しなくなる。つまり口だけでは駄目だが、打者の癖や特質を徹底的に分析した野村監督は投手のリードという部分でも実績を残した。

捕手は守備の要とも言われ、投手を盛りたて、そしてリードする。
これって、会社の上司と部下、本部と現場という部分にも共通するのではないだろうか?

そして現役を引退してからも、監督業で名将と呼ばれる結果を残している。

先日、監督引退したばかりの野村監督の対談が雑誌に掲載されていた。

「弱者と強者は同じことをやっていても駄目なんです。目に見えないプラスアルファをどうチームにもたらすか。その一環として情報の収集、分析、そして活躍がある。こうした無形の力が加わって初めて強者の胸を借りることができるんです。」「有形の力」が投手ならボールの速さ、野手なら足の速さや打球の飛距離だとすれば、「無形の力は頭脳である」「人間には器というものがあり”有形の力”をさらにパワーUPさせようとしても限界がある。ただし、”無形の形”は無限だ。」

ボヤキの野村と言われているが、ボヤキだけではなくビジネスにおいて感銘を受ける言葉も残している。

そんな、野村監督のプロ野球入団から引退まで、そして幼少期のエピソードは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E6%9D%91%E5%85%8B%E4%B9%9F

かなりの苦労人&努力家ですね・・・・。
だからこそ、説得力がある言葉だと思った。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

 

東スンクラブ会員募集中です!

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票

東京純豆腐のファンクラブ、東スンクラブ会員募集中です。

おもな会員特典

1.東京純豆腐からのnewsやお得な情報を、メールでお知らせします。1日限定のプレミアムサービスなども配信させていただきます。

2.新メニュー試食会(無料)に参加することが出来ます。
※ご参加の際には試食した感想などアンケートにお答えいただくことによって、あなたの意見がメニュー反映されることもあります。

3.宴会・団体予約時に割引特典をうけることが出来ます。

4.ミステリーショッパーズメンバーとしてサービス向上のご協力していただきます。(任意)
 店舗に出向いてお食事をしていただき改善点などをご指摘していただきます。
 その際のお食事代はいただきません。

その他、様々な会員特典を企画しています。

ぜひ、ご登録お願いします。

ご登録は下記からお願いします。(現在携帯会員のみ)

東スンクラブ

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
最近、居酒屋や飲食店で頻繁に「ハイボール」の名前を聞く。
ウイスキーのソーダ割りだ。
新しい飲み方ではなく、ウイスキーの飲み方ではポピュラーなものが、2年ほど前ではメニューにのっている所はほとんどなかった。

以前のブログでも書いたが、ウイスキー離れが続いていた中、サントリーがもっと気軽にウイスキーに親しんでもらおうとCMや営業活動をしてこのハイボールを浸透させていった。
サントリーの角瓶の販売数は今年、前年比の16%増の見込みだという。

確かに、自分はウイスキーを飲んだ世代だが、最近はもっぱら焼酎。
ウイスキーというとロックグラスに大きめの氷をいれて、ロックでちびちび飲むという印象がある。
また、本当のウイスキー好きは、そのような飲み方が多い。

しかも、ちょっと洒落たBARで落ち着いて、しっとりした雰囲気で飲むという印象がある。
決して、居酒屋で大人数でワイワイ飲むといった感じはない。

その辺が若者にあまり受けいられなかった要因の一つでもある。

それを普通の居酒屋でしかも角瓶特製のジョッキで提供するとした部分が、チューハイやビール飲むような気軽さを演出した。ホテルのBARでハイボールを注文したら、ジョッキで提供されることはまずない。

つまり、今回のハイボールブームは、全く同じ飲みものではあるが、新しいスタイルを確立した、新しいメニューであると言える。

同じ商品であっても、盛り付けやお皿を変えたり提供方法を変えるだけで、違うメニューになりえるということを思い知った気がする。
そしてハイボールという名前は古い世代からしたら、懐かしいネーミングであって、若い世代の人には新鮮なネーミングではないだろうか?

焼酎サワーも、実はハイボールがヒントで出来た商品なので、元々は「焼酎ハイボール」と呼ばれていた。
ある時、ある酒造メーカーが、もっと親しみを感じられる名前をと「焼酎ハイボール」の名前を略して「チューハイ」とネーミングして大ヒットにつながったことを思い出す。

ただ、最近ではハイボール人気にあやかって、あえて以前の呼び方である「焼酎ハイボール」というネーミングで商品を販売しているところもある。

そう、提供方法や盛り付けなどにプラスしてネーミングも大切だ。

かつて「ジャワティー」という商品がヒットした。
この商品が1980年代に登場したときは驚いた。ジャワティーとは、原材料表記にもあるように要は紅茶である。しかし「紅茶」を全面に出さず、あくまで「どんな食事にも合う新しいお茶」として、お洒落にパッケージングしたことでヒットした。
当時、紅茶にはレモンやミルクを入れて、砂糖をいれて飲むのが一般的で、缶製品でも既に、砂糖などが入っていた。だが、ジャワティーはストレートで飲む、いまでゆう緑茶と同じで食事を選ばない。

紅茶で和食は合わない感じがするが、ジャワティーなら和食でもある感じがする。

新しい商品を開発するということは、全く異なるものを作るということもあるが、今あるものにプラスしたり、マイナスしたり、提供方法を工夫してみたりネーミングを変えてみたり・・・・。

そんなことも商品開発で必要な要素だと感じた。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

 


1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
ボビーが逝って3日後位だったが、明るくしている自分に「かみさん」が「もう悲しくないの、ボビーのことはどう思わないの?」と言われた。
自分の答えは「毎日泣いているよと・・・・」
思い出しては時には電車の中で我慢できなくなり泣いたり、彼の顔を思い出すとどうにも涙が止まらなくなる。
決まって、会社の帰りや時には出勤途中にだ。それだけ14年という歳月と彼との生活は楽しかったし、大切にしていたのだから。
でも、仕事は別だし、普段はみじんも感じさせることなくしようとしているし、今の仕事の状況からして、まったりしている時間がないので・・・・。

仕事という部分と、自分は両親が亡くなっていて、少なくとも2度の肉親との別れを経験しているので、その辺でも経験しているからという部分があるので立ち直りは早いかもしれない。

ただ、一緒に暮らしている家族を始めて失った、彼女の気持ちは自分以上のものだろう。

まして、かみさんとボビーの過ごした時間や、病気になってからの時間の過ごし方の違いは自分と比べても違う。自分は仕事で家を空けるが、かみさんとボビーは常に一緒だった。
余命を宣告されてから病院に頻繁に通っていたのだが、それもかみさんが中心だったのを思うと、励ますというより、そっと見守っていてあげて、そして支えていきたいと思っている。

bobby
自分は、立ち直りが速いと言われるかもしれないが、自宅のPCの壁紙にボビーの最後のクリスマスの写真にしているのだが、亡くなった当初はその画像をみて、涙が止まらなかったが、今では生きているボビーに会えるようで、思わず「ボビー」なんで言ってしまう。
ボビーとなになにしたというのも思い出も沢山あるが、ボビーが笑っているイメージが自分の中で一番の思い出だと感じる。

今では、ボビーの楽しい思い出のイメージが思い出せる部分がある。そして彼は自分の体を失ったが、逆にいつでも人の心に入ってきてくれる。今は、仕事中でも外出中でもいつも一緒なのだ。

人はイメージ(偶像)が思い出(脳に)と残るという。
楽しいも思い出や、悪い思い出も同じ量だけインプットされるのだが、人は本質的に楽しい思い出は、右脳で感覚的にとらえ、悪い思い出は左脳で理論的にとらえるらしい。

そして右脳でインプットしたことは本能的な部分が多いので、いつまでも消えないという。

ただ、これはあくまで大人の大脳の構造で、子供や大人でも強烈な危機感や悲しみなどに見舞われた時には、右脳で感じ取ってしまうことがあるらしい。いわゆるトラウマというものだ。

悲しい、嬉しい、そして美味しいというのは、間違いなく「なにがなんだから、悲しいとか嬉しいというのはなく、人の生きてきた本能で感じるものだ」簡単にいうと感情や本能だ。

前置きは長くなったが、間違いなく「美味しい」と感じる味は、意識はしてはいないが過去の右脳に蓄積された味覚のデータベースとやり取りして人は判断しているのではないだろうか?

そして、「美味しい」と感動するのも「右脳の判断」が多いのではないかと思う。

・・・ということは、料理を作る側も右脳的な発想のメニュー作成が必要ではないかと感じる。

これとこれを組み合わせれば、こうなるという発想より、こんな味を作りたいとか、これとこれを合わせたら、今までにない味になる・・・とか・・・・。
いままでも、そんな発想で出来たメニューは意外とヒットしている。

チーズやバターもそうだし、ゴマ坦々も。
ジャガチーチヂミなどは新宿店にお客さんとして会社の同僚と飲食をしにいっていたのだが、チヂミにチーズをいれたらどうだろうかと、いきなりキッチンに入って作ってその場にあったジャガイモをカットして作ったっけ。
最初は、バイトの子の指示して作ってもらったんだけど、「これはいける」とカットの仕方を変えたり工程を変えたり、店舗にしてみれば迷惑でしたがね・・・・。

そんな感じで、理屈や計算ではない、メニュー作りもあってよいと思う。

自身も含めて、メニューはもちろんのこと、もっともっとチャレンジしてほしい。

そして、健在意識(左脳)も大切だが、潜在意識(右脳)にも目を向けてほしい。
ものすごい可能性を持っているのだから。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投
ボビーが逝った日に、かみさんから電話を受けて急いで自宅に帰った。
自宅について、寝ているようなボビーにスーツのまま寄り添い、抱きしめて涙はもちろんのこと鼻水も出て、顔はくしゃくしゃだった。
まさに悲しみのピーク。
そんな状態でも、容赦なく携帯に電話がかかってくる。

無視すればよいのだが、丁度、東京純豆腐のメールサーバーが調子が悪く業務にも影響を与えていたこともあって、
午前中からやり取りをしていたサーバー業者の電話だと思って気持ちを切り替えて電話に出る。

電話の相手はお付き合いのある、レンタル関係の業者さんだった。

話の内容は「営業的」な内容だった。

20日といえば営業会社の締め日が多いし、「なんでこのタイミングで営業の電話」をしてくるんだよと、思ったが、
そこは相手はわからない状況なので、大人の対応というか、当たり障りなく後日自分から電話することにした。

次の日にボビーの火葬をした。
奇しくもボビーがよく遊びに行っていた、釣りのポイントだ。
そして良く遊びに行っていた八景島シーパラダイスとも近い場所で、なんか因果を感じるというか運命的なものを感じた。

翌日電車で会社に向かう。
いきなり電話が入ってきたが、電車の中なので無視したが、電車から降りたときに、また電話が鳴った。

その営業マンも悪気はないだろうが、またしても営業的な電話で、その場で成約を迫ってきた。
自分は「そんなに急ぎな案件なの?」自分としてはサンプルというかデモ機が入っていたので、相手が営業かけてくるのはわかる。

ただ、タイミングが悪すぎる。

デモ機と言っても、既に1台を導入しているし他店でも導入していて、その会社とは良好なお付き合いをさえていただいており、新規開拓などではない。
新規に取引をするといったスチエーションや、ライバル会社と競争していると言うならば、必死になるのはわかるが、既にお付き合いがあり、新規の出店のお店があると自分から電話して「このお店にも導入してくださいと注文する関係なのに・・・。」

営業という仕事はある部分特殊な能力がないと駄目だと思っている。それは実力はもちろんだが、運だ。
どんな能力があったとしてタイミングが悪ければ成績は残せない。
トップセールスマンと呼ばれる人は失敗や成功を積み重ねながら、その運を呼び寄せているのだ。
営業力とはそんな運も含んでいることだと思う。

今ではちょっと反省している部分もあるが、電話の相手に少し怒りを感じて、自分の思いを言ってしまった。

もちろん前置きはあったが、「タイミング悪すぎない!、おとといは自分の息子が死んだ日で悲しみのピークの時に電話をもらい、こちらから電話するって言ったでしょ!そんなに急ぐ内容なのか?」
そうしたら、電話が切れた。自分も携帯で相手も携帯だったので、自然に切れた可能性もあるが、切られたと感じた。
その後、彼からの、電話がない。

電話がないって、やっぱり切られたのかなと感じる。

その日のうちに他社の代用品の調査をかけた。
確かに自身ボビーの件もあって少し冷静さがなくなっていたのも確かである。

ただ、自分から電話してきて、突然、電話を切るというのはいかがなものかと思う。

良好な関係であった企業同士の付き合いでも、たった1つの細かい事でうまくいかなくことがある。

東京純豆腐のファンで大ファンであっても、たった一つ、たった一人の対応でアンチになってしまうんだなぁ・・・と思う。
人は5感と、感情というパソコンや計算式では対応できない部分があるのだから。

ただ、パソコンには分析も理解もできないが、人はそれに対応できるのだ。

「あなたに本当に会えてよかった」、そんな言葉も人(や生き物)だから出てくる言葉だ。

飲食店は「商品」と「人」だ。
だた、それは感情にも影響されるのではないだろうか。
だから、人間的な考え(あいまいと既定路線)が必要なのではないかと思う。
人間的な温かさや、情緒だ。
数字ではあらわすことはできないが大切なことだと感じる。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります