1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
先日、愛読しているフードドリンクニュースの有料会員向けの記事に、大手居酒屋チェーンの「和民」で知られているワタミ株式会社 代表取締役社長 COOの桑原豊氏のインタビュー記事がのっていた。

和民というと、現会長の渡邉美樹さんが有名だが、現在の発展には桑原社長の力がなかったら無かったかもしれないし、もっと時間がかかっていただろう。

桑原社長は元々、スカイラーク出身で和民グループがまだ店舗が40店舗位の時から和民に参加している。

現在は600店を超えている。

スカイラークで得た経験をベースのキッチンレイアウトの統一や、カミサリーという集中仕込みセンターを導入したのも桑原氏の提案である。

かなり前の記憶だが、カミサリーが導入される前には店舗で家庭の主婦などをパートで雇って、店舗で仕込みをしていたのをTVで見たことがあった。

そんなこんなで、桑原社長の記事を読んでいたのだが、最後のリンク先にワタミのホームページのリンクがあったので、クリックするとワタミストーリーという頁にたどり着いた。

渡邉美樹社長が「つぼ八」のFCから始めたのは良く知られているが、なんと自分の地元の横浜でしかも、自分の通っていた中学校の近くで事務所を構えたことなど初めて知った。

そして、和民より以前にお好み焼きの宅配の事業をやっていたことなど。
大手酒造メーカーの作った業態にのって上大岡で居酒屋を開店したが、失敗したとか・・・。
その居酒屋さんは高校時代よく利用した経験があった。
お好み焼きの宅配は、当時確かにチラシなど見たことがあった記憶がある。

1981年に事務所を開設して1992年に居酒屋「和民」を新業態として作るまでに実に11年の歳月があるのだった。

おそらくその中で色々な失敗や、成功が交錯したのだろうが、だだひとつブレていないのは、働いているスタッフへの思いだと思う。

従業員の独立制度をつくったり、社会貢献など様々なビジョンをたてたり・・・。

まぁ、渡邉美樹氏のことは色々と書籍を通じてある程度知っていたが、フードドリンクの記事やワタミストーリーを見るまでは、あまり感じなかったが、素晴らしい企業だと感じた。

大切なのは、スタッフがこの企業に勤めて、楽しかったり、目標を見つけたり、やりがいを感じることが、お客様へのサービスにつながるのだと思う。

そういった意味では自分は、社長や先輩の方々に仕事を通じて、色々な側面から教えられたし、逆に後輩の社員からも教えられることもあり、本当に自分にとって会社というものを通じて、新しい自分を発見させてくれる場である。

ただ、その過程の中で、真剣だからこそ「泣かされたり」、怒られて「このクソ野郎」と思ったことは、何度もあった。たとえ、それが上司や社長であっても・・・・。
ただ、それも今から思えば自分の会社のストーリーである。

会社全体で考えると、30年の歴史とストーリーがあるが、飲食という部分で考えればまだ3年。
ストーリーは今いるメンバーで作り上げていこうではないか。
ストーリーは決して会社の上層部が作るものでもないし、全員が作っていくものなのだから。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
Omosan Streetの青山店が掲載されました。
omosan street
omosan street1
今回はテイクアウトの特集です。

omosan2
青山店はもちろん、全店でテイクアウト実施中です!
ぜひ、ご利用くださいませ。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
先日、仕事が終わった後に自宅近くの酉の市にいってきました。
自宅から歩いて5分くらいのところで開催されていますので、毎年ボビーをつれて来ていましたが、今年はいませんのでボビーと一番の仲好し猫「トントン」とボビーの「毛」をポケットに忍ばせて、かみさんと一緒に来ました。

まぁ、トントン以外の愛猫はおもてに連れて行ったら、大騒ぎしますので一緒に出かけるとなるとトントン以外はあり得ないのですが・・・。

毎年酉の市の時にはボビーは、洋服を着て買い物袋を口にくわえて歩いているので、大人気で・・・・。

しかし、トントンも負けたもんじゃなかったです。「招き猫だぁ~」と皆に頭をなでられて大人気でした。

しかも、途中で知り合いのゴールデンにあったのですが、ボビーを懐かしむようにゴールデンに近づき、怖がるどころかお腹の下に入ってスリスリする姿は自分とかみさんからしてみれば、ホロッとくる場面でしたが、周りから見れば全然犬を怖がらない猫ということで珍しいみたいで、人だかりができてしまいました。

ボビーと一番仲よくしていたので、ちょっと犬っぽいところもあり、根性すわってます。

色々と見て回ったのですが、色々な出店がでていました。
酉の市の出店の仕組みはわからないのですが、やはり「しずる感」があって、特徴があるお店がはやっている。

同じたこ焼きでも、普通サイズより大きめのものや、お好み焼きでも「広島風」とか「横須賀風」とか、鰹節がてんこ盛りだったり、ちょっと洋風がはいっていたり、そして作っている姿がダイナミックで目立つものが人気のようでした。

やっぱり見せ方ってのは大切ですね!

そんなこんなで、出店で焼きそばや、お好み焼きなど、その他諸々を購入したあと、ちっちゃな熊手を購入して帰ってきました。
まねき猫
大きな熊手をバックにトントンを撮影。

来年は今年以上に商売繁盛、良い年になりますように!

そして皆、健康でありますように!

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
先日テレビを見ていると、先入観の話しが話題になっていた。

例えば、事前情報として非常に高価なワインだと先入観を持てば、例え700円のワインでもすごく美味しく感じたり、料理にしてもスーパーで売っているようなコロッケでも、有名なシェフが作ったものだという先入観があればすごく美味しく感じるというものだ。

番組では実際に、ある有名人にドッキリ的な実験をして実際に上記のような結果だった。

つまり、人の味覚は「実際の味」が一番大切なのはいうまでもないが、かなり外的な要因に左右されるということだ。

前にも書いたことがあったと思うが、どんなに美味しい料理でも店内が不潔であったり、ホールスタッフのサービスレベルが低ければ、満足度は下がってしまうということである。

逆に同じ料理内容であっても、盛り付けの気づかいや、ホールスタッフのサービスよければ、味を含めて満足度が高くなるということである。

お客様は「美味しいものを食べたい」という欲求を持ってご来店されるが、もっとトータル的に言い方をすれば、「満足したい」ということである。
対価に合った満足度を得たいのだ。

サービス業は提供するものが、食事であったり、物販であったり品物が変わっても最終的な満足度がキーポイントだ。

ただ、その満足度というのは、その品物だけに限ったことでなくそれを取り巻く外的な要因も重要なことなのだ。
特に、飲食業はお客様の貴重な時間をいただいて、食事をしてもらうことなので、如実である。

「笑顔」と「気配り」という調味料を最後に振りかけて、提供されたものは、そうでないものより美味しいのだ。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票

ここのところ、スーツでの業務ではなく、ユニフォームに着替えてフライパンと包丁を片手にキッチンに入っています。

池袋のテストキッチンは本部にも近いので、なにかと便利で助かります。
以前は、中野坂上まで往復1時間かかっていた所を、自転車で3分ですから・・・・。

先日もキッチン業務の合間に、店長候補の2次面接が本部であったのですが、ユニフォームのまま自転車で移動した。
1次面接時はスーツでしたが、2次面接はキッチンユニフォーム。。
着替える時間はあったのだが、ちょっと面倒だし、1次面接でスーツを着た人間がユニフォームで面接した時の反応も見たいということで、ユニフォームのまま面接した。
これからはそんな事が増えると思う・・・・。

テストキッチンの目的は、さらなる東京純豆腐の発展のためへの新メニュー開発などもありますが、新業態の開発もあります。現在、自分は後者の業務を日々奮闘しています。

そして、このテストキッチンには客席ホールがあり実際にランチ時は営業しています。

あくまでテストキッチンの目的は、上記に書いたメニュー開発や業態開発がありますので、短時間の営業で広報活動などは一切していませんが・・・。

だた、業態開発の仕事をしているとはいえ、純豆腐の後輩と会えばメニューの事、仕事のことで相談されます。
もちろん、自分は純豆腐のメンバーでもありますから相談にはのりますし、考えます。

今の、課題はお正月のメニューです。

自宅に帰ってから、過去の正月メニューのデータを風呂に持ち込んで湯船に入りながら考えるたり、新業態のオペレーションを考えたりと自宅に帰っても仕事です。

ただ、「創る」仕事って苦しい部分がありますが、同時に楽しいです。
「作る」のとは相違は、事例にしたがって、その通りの手順を踏むのと、自ら創造して、独自につくっていくという大きな違いがある。
いわば挑戦である。
自分の開発したメニューや仕組みをお客様に喜ばれたり、評価してしてもらえるのは嬉しいですね。
業務は違いますが、営業マン時代にお客様に信頼していただけた喜びと同じような喜びです。

今日も自分の開発した「グ○ー○○○ー」が「美味しい!」とお客様の声を聞けて、すごくうれしかったです。

そんなこんなで、年始の特別スンドゥブにも、アイデアだけかもしれませんが、絡んでいきます。

ぜひ、ご期待ください。

 

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります