1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票

予約を入れてある旨を伝えると「○○様ですね。このたびはご予約ありがとうございます。」と、とても丁寧におっしゃってくださったので、歓迎されていると感じることができ嬉しくなりました。「このたびはご予約ありがとうございます。」の一言を付け加えるだけでこんなにもお店の印象が良くなり、気分良く入店できるものなのかと、しばらく感動してしまいました。

ある飲食サイトでの覆面調査の報告です。

「○○様ですね。このたびはご予約ありがとうございます。」の一言でお客様の気持ちをつかんでいる。

また、自分が良く利用する本部事務所のファミリーマートでも、必ずレジを済ませると「ありがとうございました、またどうぞお越しくださいませ。」と感謝の言葉を言ってくれる。

どんなにレジに人が並んでいようが、いつ行こうが、全員徹底している。

自宅近くのあるコンビニでも同じような言葉をかけてもらう事があるが、スタッフによってまちまちだったり、徹底はされていない。5回に1回位の頻度かな?

コンビニも飲食店も同じサービス業だと思うが、お店に求めている目的が違う。

コンビニは希望の商品を購入することが目的。
飲食店は美味しいものを食べたいとか、楽しい時間を過ごしたいという部分が目的だと思う。
そして滞在時間も異なっている。

よりいっそう、コンビニに比べて、飲食店に求めるサービス度合いは高いと思う。

もちろん、サービスやホスピタリティというものはお客様をおもてなしする気持ちであったり、態度であるのは間違いない。ただ、たった一言で印象が変わるのも事実だ。

TVで挨拶やマナーを教えている名物女性社長が、ある企業の研修をしていた時に「ありがとうございます、なんてどんなお店でも言ってる事なのよ、同じ事をしていても駄目なの」みたいなことを言っていた。
どんな気の聞いた言葉を教えるのかなぁと期待していたのだが、「ありがとうございました、またどうぞお越しくださいませ。」だった。もしかしてファミマの研修だったのかなぁとも思ったりもしたが、特別な言葉ではない。
接客8大用語の一つだ。

ただ、それだけ「ありがとうございます」という言葉はどこでも聞くが「ありがとうございました、またどうぞお越しくださいませ。」という言葉は自分の経験からもあまり耳にはしないのも事実。

アッパーなお店では「本日はご利用いただきありがとうございました。お気に召していただけましたでしょうか?、ありがとうございます。またのご来店を心よりお待ちしております。」なんて言葉をかけてもらえる。

まぁ、そこまではしないまでも、たった1.5秒(ゆっくり丁寧に言うので)の「またどうぞお越しくださいませ」が言えないお店が多い事か・・・。ウチも含めて。

なにも「またどうぞお越しくださいませ」という言葉だけではなく、感謝の気持ちや、また来ていただきたいという言葉を考えても良いと思う。スタッフ全員が言わなくてもいい、最終的にお見送りする人が言えばいいと思っている。

どうしても飲食業界に長いと、飲食店の指数的なものや経費、そして直接的な販促に目がいってしまいがちだと思う。
ただ、自分は飲食業界に関しては永遠の素人、お客様目線で考えていきたい。
事実素人だ、ただお客として様々なジャンルの料理を人一倍食べてきた素人の思いと、長年やってきた営業という仕事で得たエッセンスだ。

その試みを3カ月、半年、全員が徹底してみれば単純にクーポン券を配ることより、お店の価値・売上を上げることを実感できると思う。

マクドナルドのスマイル0(ゼロ)ではないが、1.5秒の努力を惜しまないで欲しい。
その1.5秒の積み重ねが大きな価値を生むのだと思う。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 twitter始めました!
ツイッター

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
冬季オリンピック、女子フィギュアスケート。
いや~真央ちゃん惜しかったですね。ただ、想像をこえるプレッシャーの中、本当に頑張ったと思います。

安藤美姫・金妍児・浅田真央の演技を連続で見ていたら、なんか涙が出てきた。
素晴らしい演技にも感動したが、一生懸命さを超えた全身全霊をこの瞬間にかける姿、そしてこの4分間の為に数千時間の練習時間と流した汗と涙が、演技を通じてハートにビンビン伝わってきたからだ。

思わずツイッターでつぶやいてしまった。

なんか、ミキティ、金妍児、浅田真央の演技を続けてみたら、涙が出てきたよ。凄いと思わせるのが技術。涙を流せるほどの感動は選手の一生懸命さや思いが、演技を通じて伝わってくるんだなぁと感じる。見ている者に感動と勇気を与えてくれたという意味では、全員が金メダルです

本当に感動を与えてくれました。
真央ちゃんはお姉さんとご両親とで渋谷店をご利用いただいたこともあったので、よりいっそう感情移入がありました。ただ、順位やメダルの色ではなく、見ている人のハートをつかんだという意味ではツイッターの「つぶやき」ではないですが、全員自分的にはNO1の存在だと感じた。

そう言えば、調理長とも話したのだが、前回の冬季オリンピックの時はまだ東京純豆腐という店舗は存在していなかった。まだ、試作作業の段階で、当時の通称「別宅」と呼ばれていた社長の自宅近くのセカンドハウス(マンションの一室)で自分と調理長、現在仙台店の店長のS水君と3人で、骨を煮込んだり、タテギを作ったり試行錯誤していました。スープをとる間に時間があるので、別宅にあったTVでフィギュアスケートを見たりもしたっけ。

選手の衣装がどうだとか議論したり、荒川静香の「イナバウアー」のマネをして腰を痛めたり、バカみたいな話もしていましたが楽しかった思い出です。

ただ、いざスープが出来上がると皆、顔つきが変わって味見・味見です。そしてI部長やH山部長をはじめ現在の本部の社員が合流して、喧々諤々やっていたのを思い出す。

当時は飲食業は初めての経験だし、頭でどうのこうの考える前に、「美味しい純豆腐」を作りたい一心でハートで考えていた。頭で考えることも必要だが、ハートで考えることの大切さを痛感した。

今回のフィギュアでも、「ハートで感じる」という、本来生理学的には考えられないことだが、そんな「思い」の強さが伝わってくるフィギュア競技であった。

「ハートで感じる」「ハートで考える」

それが、明確にどうする事なのか、ということは断言できないが、重要なキーワードだと感じた。
思いはハートにあるのだから。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 twitter始めました!
ツイッター

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
ルミネ荻窪店オープン予定

3月2日11:00グランドオープン予定

皆さまのご支援の元、19店舗目のオープンを迎えることが出来ました。

東京都杉並区上荻1-7-1 ルミネ荻窪5F
03-5347-9010
JR荻窪駅 西口徒歩1分
ルミネ荻窪
  ↑
クリックで拡大します。(PC)

お近くにお越しの際にはぜひぜひ、お立ち寄りください。

渋谷店10%オフセール

本日より渋谷店にて、28日(月末)まで10%オフセールを実施いたします。
ディナーのみ限定ですが、ご利用金額の10%をサービスさせていただきます。
渋谷店限定ですが、ご利用の際には下記チケットを印刷するか、画面をスタッフに見せてください。

http://www.tokyo-sundubu.net/shibuya_ticket.jpg
28日まで有効です。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 twitter始めました!
ツイッター

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票

東京純豆腐のファンクラブ、東スンクラブ会員募集中です。
今年は、春に会員様の中からビックなプレゼントを企画中です。

おもな会員特典

1.東京純豆腐からのnewsやお得な情報を、メールでお知らせします。1日限定のプレミアムサービスなども配信させていただきます。

2.新メニュー試食会(無料)に参加することが出来ます。
※ご参加の際には試食した感想などアンケートにお答えいただくことによって、あなたの意見がメニュー反映されることもあります。

3.宴会・団体予約時に割引特典をうけることが出来ます。

4.ミステリーショッパーズメンバーとしてサービス向上のご協力していただきます。(任意)
 店舗に出向いてお食事をしていただき改善点などをご指摘していただきます。
 その際のお食事代はいただきません。

その他、様々な会員特典を企画しています。

ぜひ、ご登録お願いします。

ご登録は下記からお願いします。(現在携帯会員のみ)

東スンクラブ

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
朝、ツイッターでつぶやいてみた。

「人を良くすると書いて食と読む。今日も1日一人でも多くの良い時間を過ごしてもらえるように頑張りたいと思います。それが飲食店の使命だと思います。」

これが結構評判で何件か、Retweetやメッセージをいただいた。

人を良くすると書いて「食」とは日本語はよく出来ていると思う。

そしてポピュラーな話だが、信者を増やすことが儲けにつながる。信+者=儲という字になる。

飲食店であれば、あの店に行けば美味しいものを食べられる、あのお店にいけば良いサービスを受けることが出来るという、信者ではないがファンをつかむことが結果お店にも利益をもたらすということだ。

つまり信用していただけるお店づくりが必要だということだ。

昨日のブログでも書いたが、「代償先払いの法則」ではないが、信者を増やす為には、まずこちらがお客様によろこんで頂ける、良い時間を過ごしてもらうことが不可欠だ。
企業である以上、利益(儲け)がないと成り立たないが、その前に信者ありきだということを忘れてはならない。
これは何年たっても、店舗数がどんなに増えようとも、周りがなんと言おうとも自分自身忘れ去らないよう肝に銘じておきたい。

それと「食」という言葉の意味。人を良くする。我々はそんな仕事をしているのだがということを、自覚して考え行動していかないといけない。

そしてそんな「人を良くする」事業に真剣に取り組んで考え行動出来たなら、そして人を良くする事が出来たなら、それは自分という人を良くすることが出来ると思う。

幸せを与えることが出来たなら、それは自分に返ってくるものだ。

「食」という言葉の意味、自分も含めて改めて意識していきたい

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 twitter始めました!
ツイッター