1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
昨日は大人気もなく、ボビーの事を思い出してボロボロしてしまった。

ただ、伝えたかった事は人って、理屈や簡単な言葉だけでは動かないし、頭でわかってもハートに響かなければ本当の意味で伝える事は出来ないということ。

そして、普段何気なくお客様が来店されたり、お並びを頂いて姿を見て何も感じないスタッフがいるならそれを改める必要があるってこと。

現在、東京純豆腐も20店舗以上になり、TVや雑誌などで紹介されランチ時には行列が出来るお店になっている。
ただ、青山店開店時には「豆腐屋」さんと間違われたりして知名度はゼロ。

そんな中で来店してくれるお客様は、もの凄くうれしかったし、リピートしてくれたお客様が帰りがけに「おいしかったよ」とか「また来るね」なんて言葉をかけてくれたりしたら、それこそ涙が流れる位嬉しかった。

それ程、東京純豆腐というブランドに思い入れがある。働いているスタッフにもその気持ちを少しでも共有してもらいたいと思う。そんな気持ちでいる自分が、自転車を盗まれた事に対して2万位の自転車だしと理窟で考えてしまったことが情けなくて書いたブログでした。ボビーごめん!一緒に良く山下公園いったよね!


そんなこんなで翌日は19時過ぎに会社を出て地元の交番に盗難届を出しにいくことにした。
案の定、H山部長とI部長に30分1本勝負で飲みにいこうと、冗談まじりに誘われる。もうこれは帰りがけの合言葉のようだ。まぁ、今日のは誘いっていうより、ボクシングで言えばジャブを空打ちしてけん制程度。

本当に「行こう!」なんて時はI部長が「仕事だから」とか訳のわからない理由でたたみこんでくるのである。
しかも、これは自分にも原因はあるが、30分で済んだためしがないのである。
自分は走るようにエレベータに乗り込み池袋駅に。自宅に着きまず飯を食らう!

そして地元の交番にいった。交番に警官がいなかったので、机の上にあった電話をした。
防犯登録NOを聞かれたのだが、分からないから照会してくれと申し出たのだが、登録証があるはずだからそれで調べてくれと。照会は出来ないという。

もう、3~4年も前に購入したものだし、登録証のありかが分からない事を言ったのだが、登録NOが分からないと盗難届も出せないという。

照会出来ないってホンマかいなと、「自転車を盗まれた人が全て、登録NOを分かっているんですか?」とか「その自転車にカバンがつけてあったら、盗難届だせるんですよね、なんで?自転車はNOが分からないと届すらだせないの」見たいな突っ込みをいれたのだが、答えは同じ。まぁ、電話で話していてもらちがあかないので、とりあえず自宅に帰る事にしたのだが、丁度その時に交番の警官が戻って来た。

ただ、結論は一緒だった。ちょっと感じに良い人だったのであまり突っ込まなかったが、とりあえず自宅で防犯登録証を探してみようと。なんとか照会できる仕組みはないかと聞いたがないということだった。クレーマーかな?俺って?

かみさんが購入したので聞いたのだが、やはり記憶がさだかだった。

ただ、ちょっと納得いかないなぁ。

自分はあまり経験はないが、警官に自転車を止められて盗難車ではないか、本人が乗っているか照会をさせられるケースがある。あれってどうなのだろうか?

まさか、番号を台帳で調べてるってことないよね。PCを使って検索しているだろうと思う。
それなら、電話番号でも住所でも名前でも逆引きは出来るはずだと思うんだけど。
盗難届を出せないってこと自体疑問だよ。財布やカバンにNOは無いけど一応特徴や無くした(盗まれた)場所を含めて色々聞かれて、とりあえず届は出せる。

家に帰ってからWEBで調べてみた。

Q33 防犯登録所が登録番号等を警察に問合せをすると教えてもらえますか?
 
① 自転車防犯登録は、個人情報となっていますので、第三者が警察に問い合わせても、登録番号等は教えていただけません。
② 防犯登録番号を照会するには、所有者本人が警察署に出向き、身元を明らかにして行わなければなりませんので、お客様からの問合せには、販売店控カードを年月別、番号順等に整理し、速やかに対応してください。
 
なんだよ、ちょっと面倒だが出来るじゃないか!

原理原則って必ず必要なんだけど、飲食店でこんな対応をしたら絶対アウトだよね。

渋谷店でしか使えないクーポンを青山店に持ってきた。

そこでどうするか、店長判断だと思うが、相手の表情や状況を見よう。
俺らの使命は、お客様に笑顔を与える事なのだ。

規律や原則ではない。それが人がしている仕事なのだ。

あたらめて大切にしたい。
人が人を相手にしている商売なのだということを・・・・

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
昨日のブログに書いたけど、今日はくだらない話しを書くと言った。
くだらない話というのは、以前ブログでも書いたように1日1つのアイデアを蓄積するという意味で、ツイッターのアカウントに思い立ったアイデアをダイレクトメッセージで送信してアイデアをためるというもの。
結構、くだらないと思えるアイデアがたまった。
自分はくだらないと思っているが、そんなところにビジネスチャンスがあるものだとも思っているので、一部を紹介しようと思っていたのだが・・・・・。

またの機会にしようと思う。

もっと、タイムリーに心に響くことがあったから。

実はツイッターではツイートしたことなのだが、大阪出張時に新幹線に乗り遅れないために、普段通勤時に利用しない自転車を使った。そして帰って来た時には自転車はなかったのである。

 

自宅は普段使っている私鉄まで歩いて1分。地下鉄までは5分という立地だったので、自転車を使うということは経験ない。ただ、大阪出張の際には地下鉄までに2~3分で着く必要性があり、初めて自転車をつかった。
まぁ、1日だしどうにかなると思っていたし、駐輪場に止めるという概念もなかったし、時間的な余裕もなかった。

そして、1日経って地元の戻ってきたら自転車はなかったのです。
撤去されたかと思って、問い合わせをしたのですが、その履歴はないみたいで、盗難みたいでした。

ここらから本題。
今日は組織的に色々と打ち合わせや問題を抱えて、自宅に帰るのが遅くなるのをかみさんにメールをした。
かみさんからの返信メールには「盗難届はどうするの?」なんて書いてあった。
そう、盗難届を今日帰って手続きするつもりだった。
そのメールにはこんな事も書いてあった。

どうせ、たかが自転車、買えばいい。くらいに考えているんでしょうけど、ボビーとあちこちに行った大事な自転車です。返して下さい。

キッツイナー。ボビーとは去年亡くなった愛犬です。このメールを見ただけで涙が出てきたよ。しかも図星だったし。
結構緊迫した状況だったし、メールを見て今直ぐに帰りたかったよ。

たかだか、2万位のママチャリをなくした程度に考えていた自分が恥ずかしい。

まぁ、そう考えるのが普通かもしれないし、そう割り切らないといけないかもしれない。ただ、思い入れってそんなもんじゃないんだよね。たかが、スンドゥブ、たかが飲食店。

飲食業のイの字も知らずに参入した当時の青山店の創業時代。FLとか人件費率とかではなく、なにも知らない自分たちのお店に来てくれて喜んでくれるお客様。その感動を味わった当時いたスタッフのスピリッツはかけがえのないものだろう。
同じように東京純豆腐を通じて、スンドゥブを国民食にするという理念に基づいた考えを実行してくれるスタッフ。

お客様もスタッフも理屈じゃないんだよね。

たかだか、2万位のママチャリをなくした程度に考えていた自分が情けないというか、ボビーとの思いでを思い出しながら、ボロボロ涙を流しながら書いてます。

普段偉そうなことを書いていても、ケースのよってはこのなことも起きる。

人って、理屈じゃなくて心なんだなぁって思う。今日はかみさんに1票。
ボロボロはおさまりませんので・・・・・。この辺で。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
言ってやる人(有言実行)
言わずにやる人(不言実行)
言ってやらない人(有言不実行)
言わずにやらない人(不言不実行)

自分はどのタイプだろうかと自問自答して見る事も時には必要だと思う。
どれが一番良いかは言わずとわかるだろうと思う。

小学生の時に、先生から不言実行という言葉を教えられた。主に道徳的なことだと思うが、お年寄りが困っていたら何も言わずに助けてあげたり、席をゆずってあげたり、小学生の美徳ではないが不言実行という言葉はそんな印象をもっている。

ただ、ビジネスでは有言実行のみが評価される世界である。

プランを立てて、発表して実行して、それが周りの評価につながる。
言うということは責任を持つことだ。

本人が思っていても、なにも言わずに結果が出たとしても、それはたまたま成り行きで結果が出たと思われてもしょうがない。それがビジネスという世界だ。道徳ではない。

なんて、そんな話を社長を交えて飲みながら話をしていた。

少なくとも幹部である以上、あっていようが、間違っていようが、自分の意見を主張できなければ幹部になる資格はない。それが結論だった。

社長から言わせると、出席した会議で発言がなにもないのは「虫けら」と同じだと。確かに存在意義は自身ではあるだろうが、周りには全く見えてこない。

良く人前で話すのが苦手だとかいう人もいるだろうが、そんなら克服すれば良い。しなければならないだろう。

現在の自分で考えると、店長会議・本部会議・グループ全体会議・役員、幹部会議とあるが、それなりのスタンスを持っている。

店長会議では、マネージャーや統括店長、店長が主導権を持つべきものなので、あまり発言しないようにしている。
自分を含めて部長連中が発言力が強いと、それで決まってしまうので、少し遠慮している傾向がある。
言いたいことがあっても、じっとこらえている事もある。最後にはスポットをついて言いますが。

自分たちの職場の事や、スタッフに係わること。もっともっと主張をするべきである。

自分の考えを言うべきだと思う。そうじゃなきゃ、仕事って面白くないじゃん。

マルビル店オープン時にご来店したお客様が「スンドゥブにバターをいれるって感覚は無かったけど、美味しいですね」という言葉。

してやったりです。

当初、エゲツナイとか気持ち悪いとかブログに書かれていたりもしたが、いまではスンドゥブ専門店にはチーズとかバターがトッピングで用意されている。

だって、美味しいんだもの・・・その主張を曲げなくて良かったと思っています。
本場韓国からTV局が取材にくる位です。

主義や主張をもとうよ!

思ったことをまず、自分で整理して考えてみる。そして、それが自身でOKと思ったら、言わずにいられない。

自分はそんなタイプは好きだし、自分もそんなだと思う。

細かいことでもいいし、馬鹿な発想でもいいと思う。

主張しようよ! 自身の存在意義はそんな所から作られると思う。

明日は馬鹿な発想を書きますね。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター


1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
マルビル店オープン日の午後、メーカーさんとの打ち合わせを終えて、再びマルビル店に戻る。

待ち合わせをしていたビール会社の方々と「大阪の飲食を知る会」の開催です。
ビール会社の担当者、関西担当者の方、酒屋さんと、自分たちで大阪の夜の街を移動する。

なんば駅で下車して、結構ディープなお店についた。

カウンター、テーブルもほぼ満席状態で活気がある。決してきれいなお店ではないが、その活気が大阪らしくて良い。ホルモン・豚足「かどや」という店。

自分たちは6名という団体だったので、奥の部屋?に案内された。
大阪の夜3
大阪の夜2

部屋というより、仕込みをする場所だった。おそらく団体客や店内が満員の時に兼用にしているのだろう。

東京でこんな感じのお店って、今はほとんどないだろうな。いくら混んでいても、キッチンにテーブルだして「ここでどうぞ」なんてないだろう。

ただ、この感じがまた大阪らしくて良いですね。

ビールを注文して、適当にホルモンや豚足などを注文する。注文してから料理が出てくる速度が凄く早い。
大阪の夜4
大阪の夜5
あっという間にテーブルは料理で一杯になった。

つけだれがあるのだが、青ネギとの相性バッチリで、ホルモンなどをつけだれに付けながら食べる。
大変美味しくビールもすすむ。

ここでは、灰皿がなく床に直接捨てる方式らしい。なんでも忙しいので灰皿を洗う手間と、灰皿を交換する手間を省くためにそうしているらしい。東京ではまずありえない。

一通り食べた後に、もう1件「シュウマイ」の美味しいお店に行くことになった。

一芳亭というお店。
大阪の夜6
昭和8年創業でシュウマイがメインのお店だ。メニューは非常に少なく、ほぼシュウマイを食べに行くといったお店。
それでもお店は満席状態で、なんとか席をあけてもらって座るほどの人気店だ。

ここのシュウマイは通常我々が食べているシュウマイと食感が違うらしい。

商品が出てきた。シュウマイは通常の皮ではなく、薄皮玉子を使用しているとのこと。
大阪の夜7
食べてみるとなんともフワフワな食感。そして食べた感じが軽いので、いくらでも入るといった感じか。
大阪の夜8

豚肉が入っているが、豚肉だけではこのフワフワ感は出せない。
魚介系のすり身が入っているのかな?と思いながら食べていた。本当に新食感といったシュウマイで美味しくいただきました。

その後、もう1件お酒をメインにしたお店にはしごする。ビール会社の担当者に方に言わせると「食事の後は慰安バカ~ン」だそうである。

楽しい時間を過ごさせていただきました。それにしてもビール会社の人って、愛社精神もそうだがバイタリティがある方ばかりです。お話をさせていただいてて大変楽しいです。ありがとうございました。

そしてそこで解散して、社長と営業部が懇親会をしているというので、そこに合流して飲む。

その後、カラオケに行く。あまり酔っていなかったので自分は歌うつもりはなかったのだが、18番の「長い夜」がいつの間にかリクエストしかたなく歌うはめに。

ただ、これが初めて聞く人大うけした。なんてこの後、中華にいったり、スナックにいったり、結局7件はしごの大阪の夜でした。
ちょっとはしょったが、本当に熱い大阪でした。
人はあつくないといけないよ!

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
大阪マルビル店オープン当日、オープンに間に合うように新幹線で移動する。

前の日に、予定外でI部長たちと30分一本勝負で飲みにいって、案の定120分一本勝負になってしまい、少々眠い。
途中ツイッターでTLを見ていたり、ツイートしていたら、名古屋位で電池がなくなってしまった。
新幹線とか移動の時はツイッターは面白いかもしれない。

そんなこんなで、久々の大阪に降り立つ。
経理のS君と合流して店舗を目指す。

店舗に到着。祝花のスタンドが数多く展示されていた。
マルビル店1

そして待望のオープン。

結構ひっそりしたオープンになった。11時オープンだったのだが、実際に人が通りに出てくるのは11:30位からポツポツといった感じ。
12時を過ぎると一気に人通りが多くなってくる。
マルビル店2

そんな中、一組2組とご来店があった。

印象としては、都内の商業施設のオープンなどでは「東京純豆腐がここにできたんだ~」とか「よくTVに出ているお店だよね~」って感じの方が多いのだが、大阪マルビル店では「チゲ屋が出来たんだね」とか「スンドゥブだぁ~」という感じに人はいたが、「東京純豆腐だぁ」という人はほとんどいなかった。

これは夜のリサーチでも実証済み。東京では、ほぼ外食好きのF1世代の女性の5名の1人は知っている東京純豆腐だが、まだまだ大阪では知名度が低いというのを実感した。
予測はしてはいたが・・・・。

そんな感じではあったが、ピークタイムになるとお並びが出来る。ただ、それ程ピークは長く続かない。
マルビル店3
HEPナビオ店に移動して久々に調理長とも話をする。

これはHEPナビオを含めて、青山店や新宿店を開店した当初のように、丁寧な調理、丁寧な接客をバイトにも浸透させてリピーターを増やしていく事が最優先課題だと思った。
そしてその楽しみと、燃え上がる気持ちを伝えて欲しい。お客様に来ていただける「ありがたさ」「うれしさ」そして、「満足していただきたい」「喜んでいただきたい」というマニュアルを超えた、創業スピリッツをより一層伝えていかなければいけないと思った。

まぁ、今赴任している調理長も山○SVも、S水店長もその経験があるし、なんと言ってもハート最優先の人だから期待もしているし、大丈夫だと思ってはいるが。

ランチのピークが終えたころ、社長が大阪駅に到着する。
迎えに行って店舗に案内する。

自分とH山部長、S君はメーカーの工場見学と打ち合わせがあるので神戸まで移動。
約2時間程の見学とミーティングを済ませ、再びマルビル店に移動する。そのままビール会社さんとの商談に。

打ち合わせをしたメーカーの方々が、夜マルビル店をご利用いただき、結構飲んで食べて使ってくれたみたいだ。
ありがとうございます。本当にありがたいです。

そんな感じで迎えたオープンだったが、大きなトラブルもなく上々なスタートを切ることができました。

今はファンになっていただける努力をする段階。その為にはスタッフ一同が、マニュアルうんぬんだけではなく、お客様にご来店いただける嬉しさ、ありがたさの実感をしてもらうこと。

それが最重要項目として実践していって欲しいと思う。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター