1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
自分がセールスの仕事をしていた時に、ある本で読んだ事で「20のアイデアノート」という項目があった。
一日どんな些細な事でも良いから、20個をアイデアをひねりだしてノートに書いていくというものであった。

1日20のアイデア、30日で600のアイデアが蓄積する。年間では凄い数になる。
もちろん、似通っていたり、関連することでも良しとして毎日考え、アイデアをひねり出すという作業は、仕事や自身を見つめなおす時間も持てるし、なにも考えない人との差は歴然と考え実行に移すことにした。

アイデアというと、当時の自分は「発明家」をイメージして、無縁な存在だった。
ただ、実はアイデアというものがビジネスにおいて、ものすごく重要な存在だと当時学んだのであった。

当時からPCに触れていたので、どうせデータを蓄積するのなら、データベースで項目別に整理してあとから振り返ることが出来るようにと自作でデータベースまでつくった。

先日そのデータベースを開けてみたのだが、1日も進んでいなかった。

失敗した原因は2つ。データベースにまとめるという発想は間違ってはいないと思うが、アイデアというのは机上ですぐに出てくるものではない。電車の中であったり、ランチをしている時であったり、なにかを刺激を受けた時に出てくる時が多い。

それをメモをするのだが、それをデータベースに移す作業が面倒になりがちだ。
それと20個のアイデアをひねり出すのは、かなりハードルは高かった。

無理やりこじ付け的なアイデアでも続けていればそれは形にはなるのだろうが、ちょっと疑問を感じてしまった。

それでやめてしまった。

ただ、当時は意識して仕事していたし、歩いていたし、人と接していたので、そこで考えて実行したアイデアは当時役に立ったと思う。でも20のアイデアノートは出来なかった。悔しい思い出だ。

なので、ハードルを下げて1日1つを目標として、最低でも2日で1個のアイデアを考えていこうと思う。
いつでも蓄積できるツイッターが良いとも考えている。幸いアカウントは自由にとれるのだから、普段使っているアカウントとは別にアカウントをとり、そのアカウント宛てにダイレクトメッセージでアイデアを送るという手法だ。ダイレクトメッセージなら他人に見られることもないし、PCが故障してもアカウント情報だけあれば見ることが出来る。

「出来るだけ多くのアイデアを持っていなければ、本当に良いアイデアは生まれない」というライナス・ポーリング氏の言葉にあるように頑張ってみようかな!と思っている。

同時に、純豆腐のスタッフも「こんなこと出来たらなぁ?」とかアイデア持っていると思うんだけど。
出来るだけ多くのアイデアという観点で考えたら、自分一人で考えるより、2人・3人と増えていけば、かなりの数になるわけだ。でも中々話す機会がなかったりする。でもツイッターを利用したら可能かもしれない。

ダイレクトメッセージを使えば出来るし、お客様からのアイデアも聞けるかもしれない。

うーん、ツイッターって色々活用できるな・・・・。

話しはそれたが、アイデア。
1日1個がハードル高いのなら、週で1個のアイデアをスタッフに考えて欲しいな。

1か月で4個。20店舗なら80個。重複していても考えて出したアイデアにはものすごい可能性があると思う。
採用されなくったていいじゃないか。下らないこと歓迎。考える・意識する事が大切なのだから。
経営者ならプロセスは美徳で、結果がすべて。でも成長していく過程で経営者でもそんな過程を踏んでいるはずだ。
お客様とじかに接しているのは現場。もっともっと声を聞かせて欲しいと思う。

挫折した20のアイデアノートだが、ぜひとも復活させていきたいと感じています。
今度の勉強会の合間にツイッターの使い方を含めて特別参加させてもらいたいと思います。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター