1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
キッチンでの仕事を終えた後に、本部に移動。17時から社長との打ち合わせにいどむ。
今後の出店計画や、通販、そして新業態のミーティングをする。

そのミーティングの中で、ビルのオーナーとの交渉は必要だが、純豆腐と新業態が同じビルに同時出店する方向性で決まった。しかもかなり視認性がある立地だ。

その後、ある業態の視察&試食で銀座に社長・I部長・H山部長と向かった。
ちなみにスンドゥブや韓国料理ではないです。

ここは屈指の飲食街だ。その通りすべて飲食店という通りだ。
十数年前には、よく足を運んでいたが最近では久々だ。

お店についた。女性のお客様を中心ににぎわっている。
お店の作りも、オシャレで洗練されている。モダンポップといった感じか?
重厚感があるわけではないし、凄く豪華な感じではないが、センスを感じさせるちょっとおしゃれな路線、これが最近の支流なのかもしれない。
韓国料理なら、韓国風の内装というのではなく、東京純豆腐でもその路線を歩んできた。この店もそんな感じ。

メニューを見て、色々と注文する。

出てくる料理だが、凄く色どりが綺麗で、しかも美味しい。
自分とI部長は、この業態の飲食店では自分たちの経験ではNO1じゃないかと評価が一致した。

本当に意味のある時間を過ごした。

自分も同じ飲食店の味を創造する立場の人間として、ものすごく刺激を受けたし、明日からもっともっと頑張らないといけないなと痛感した。

そして、I部長が一言。「やっぱり、美味しいもの食べなあかんな」と。

いつも行く居酒屋が駄目だとは言わないが、飲食業に携わるものは、時には人気店で食事をしてなんで人気になっているか?とか、自分の目で見る必要がある。そして自身への刺激とすることも必要であると痛感した。

考えてみれば、純豆腐開店前には1週間でスンドゥブを8食も食べるほど食べ歩いたり、韓国にまでいって食べ歩いた。それは具体的な味の研究・調査というものもあったが、今となっては「自分への刺激」が一番大きかったと思う。

時間を作って、外の刺激を受けに行こうとおもった。

もちろん、自身でも行きますが、2週間に1度でいいですから社長のお勧めのお店に連れて行ってください!
もちろん、業態開発のために!

今日は、仕事の関係で渋谷で行われたフードドリンクのセミナーには参加できませんでしたが、それ以上の刺激をうけることが出来たと思います。

毎日同じ気持ちで仕事をしているなんて、クソ食らえだし、既定路線・・・なにそれ!
自分たちの歴史やマーケットは自分たちで作っていくもの。いつもそんなことを思っている自分だが、ちょっとミーティング中に不安になって、マーケットがどうですか?的な質問をしてしまった自分を恫喝してくれた社長。
おそらく、その部分を考えてくれて、銀座の有名店に連れて行ってくれたのだと思っている。

マーケットも人財も我々が創っていくものだ。それが我々の目標であり、使命だ。

より一層に燃えてきた。やはり刺激という着火があって、人の気持ちの導火線に火がつくのだ。
刺激をもっともっと受ける身におくことが大切だと思った。

ありがとうございました、社長。
そんな自分たちが過ごしている時間にも、お客様と接しているスタッフの皆さん、ありがとうございます。

もっともっと良く出来るよう、頑張りますぜ!

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター