1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
組織で仕事をしている以上、ルールや報連相を徹底しないといけないと思っている。
組織が大きくなればなるほど、そうでなければいけない。

ただ、机上で仕事をしているのと、お客様やスタッフなど、人を相手にしている立場の人では対応が異なると思う。

自分も両方の立場で仕事をしているので(ほとんどの人がそうだと思うが)机上でWEBやモバイル更新などで、「ここをどうしようかと思っているんですが?」とか先日に楽天市場のショッピングサイト構築においても、自分がやることになっていたが、楽天のことをあまり知らないという部分と時間的な余裕がなかったことなども踏まえて業者の方に依頼することにした。それは相談したことによって解決した。
メニューの試作も同じように、周りの人の意見を聞く。当たり前の行為だ。

ただ、直接お客様やスタッフという人に接している部分に関しては、上に相談して判断する部分もあるが、その場で対応しないといけない部分もあると思う。

ちょっと大げさだが、その場面を戦国時代の戦場の場としよう。

指揮官が、作戦をたて城の南方から攻め入り、城の最上階にいる将軍を射止めるという細かい作戦を立てたとする。
すべて思惑通りいけばいいが、トラップが仕掛けられていたり、予想以上の兵力にてこずって、周りの兵隊がどんどんやられていく。その場で退散するか、攻め方を変えるのかは、指揮官の判断だ。
いちいち、上のものに相談は出来ないだろう。

上司に相談して、その上司が社長(将軍)に相談してなんて言ってる場合ではないだろう。

指揮官=店長とするならば、その場で判断する部分、2~3日で解決しないといけない部分、長期的な部分。
それによって対応はことなると思う。

現場はスピード感が必要なのだ。

事後報告でも、上司を納得させられる判断をすれば良いことだと思う。
スンドゥブを日本の国民食にしたいというコンセプト。お客様に喜んでいただきたい。
スタッフにウチで働いて良かったと思っていただく。

はっきり言ってその部分さえ外していなければ、指揮官は判断すべきである。
それが職責なのだから。後でそれに対して色々言われたとしても、理念にあっている事が前提でが、喧嘩しても良いよ。自分もI部長、H山部長とは、どなり愛の喧嘩は良くしてたから。(愛はあえて)

周りから色々言われたりしても、俺が守ってやるよ。
指揮官たるものそれ位の気概を持っていないといけない。

上から言われたことをこなしているだけなら、ロボットと一緒。

自己の周りの見ている評価は、自身の考え方や行動から作られているのだから。

各セクションから色々注文がある。上からも色々言われる。でも自分というものがあれば、主張すればよいのではないかな?「自分はこう思うんです」「自分は現場をみてこう思うんです」・・・とか!

それが会社の目指す道とあっているなら、それこそ人財だと思う。
そんな人は企業は大切にしたいし、それこそ兄弟や姉妹のように思っている。

PCと違ってCPUがどうだとか、メモリーがどうだとか、決まっていないのが人なのだ。

学歴がどうだとか、職歴どうだとか関係ない。今自身が出来ることが大切なのだと思う。

もっと「自己」、「思い」を出そうではないか。

だって、色々な職歴や人生を歩んできた人が、集まっている集団なのだから。それが集結して強い集団ができるのだと思う。

ことわざで「沈黙は金」「雄弁は銀」というものがあるが、プラスして利にかなった、自己判断とか主張は、「プラチナ」だと思う。上記のことわざより上だ。

まぁ、そんな勝手な事を書いているが、そんな指揮官の意見をどんどん受け入れていける、体勢を作っていくことの必要性も自身で感じていますし、そうでなければいけないと思っています。目指してます。

理念にそった行動は評価される会社でありたい。

「行動はプラチナ」だと思う。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター