1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
好評発売中の映画「時をかける少女」とのコラボスンドゥブ「時かけスンドゥブ」ですが、ツイッターなどでなにがコラボなのか、どこがタイアップなのかなんてツイートがあった。

確かに。
時かけスンドゥブ

時かけスンドゥブ3
インスタントラーメン・魚肉ソーセージ・豚肉・チーズ・ニラ・キムチ・豆腐・卵・ネギ・その他基本具材(あさり・えび・貝柱・油揚げ・ネギ)

PRICE:¥1,200

まず、時かけスンドゥブ誕生の背景からかかせていただきます。
映画配給会社からタイアップ出来ないかという話が広報にきた。
まぁ、以前から映画とはタイアップ企画などしていたが、韓国映画であったり、韓国料理に関係する映画が主だったが、今回は純粋に邦画。しかも韓国には関連性がない。

どうしようかという意見も出たが、そこを何とかするのがウチの社風であり、快く受託した。
映画をみるであろうと思われる世代と、当店の世代もマッチするし・・・・。

ただ、頭を抱えたのが現在商品開発をしている、○林君。テストキッチンで自分や調理長へ相談があった。

なかなか浮かんでこなかったので、ちょっと遊び心で、名前から自分は入ることにした。

映画の題名に動詞がはいっている。「かける」で。

トキヲカケルなら、文字をを分解して「ト」「キ」。トッポギとキムチを別盛りにしてお客様にその場でスンドゥブにかけて(入れて)貰ったらどうかと。

調理長「またはじまった、部長は本当下らないダジャレ見たいなことを良く考えつきますね」なんてやり取りと30分位していた。「とき卵」をかけるとか。
「じゃ、少女はどこ行ったんですか?、オヤジが注文したら、時をかける親父ですよ」みたいな周りから見たらくだらない会話。

ただ、新しいメニューや発想って、そんな下らない会話や話題から、派生して生まれることも事実だと思っている。今回はちょっと別だったが。

そんなこんなで、原点に戻って、映画がのストーリーを見てみる。映画の予告編を見てみる。

主人公が昭和にタイムスリップする。そうなれば昭和の懐かしい食材を使いたいという方向に向かう。

自分の中で最近はあまり見ないが、昭和のころに懐かしい食材ということで、色々と頭で考えたがスンドゥブに入れるということで、魚肉ソーセージはどうかと提案した。
その他にも色々と意見が出たが、とりあえずそこでいったん話を終えた。

家に帰っても色々考えて、昭和の食文化の最大の発明はインスタントラーメンという結論をだした。
「そうだ、チキンラーメンだ」。

翌日、テストキッチンに出勤して、その事を話したら、彼は既に同じことを考えていたみたいで、試食用のチキンラーメンを購入して来ていた。なんというシンクロ。

そして、魚肉ソーセージとチキンラーメンがメインで、何度も試作・試食をして、○林君が他の食材と組み合わせて作り上げてくれました。

昭和の懐かしい食材をつかったスンドゥブというのが、「時かけスンドゥブ」なのです。

こんなストーリーがある「時かけスンドゥブ」ですが、もしご興味あったら、ぜひご賞味くださいませ。
映画「時をかける少女」も、ぜひご覧になってください。
時かけスンドゥブの情報
映画「時をかける少女」公式サイト

gifanime

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター