1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
マルビル店オープン日の午後、メーカーさんとの打ち合わせを終えて、再びマルビル店に戻る。

待ち合わせをしていたビール会社の方々と「大阪の飲食を知る会」の開催です。
ビール会社の担当者、関西担当者の方、酒屋さんと、自分たちで大阪の夜の街を移動する。

なんば駅で下車して、結構ディープなお店についた。

カウンター、テーブルもほぼ満席状態で活気がある。決してきれいなお店ではないが、その活気が大阪らしくて良い。ホルモン・豚足「かどや」という店。

自分たちは6名という団体だったので、奥の部屋?に案内された。
大阪の夜3
大阪の夜2

部屋というより、仕込みをする場所だった。おそらく団体客や店内が満員の時に兼用にしているのだろう。

東京でこんな感じのお店って、今はほとんどないだろうな。いくら混んでいても、キッチンにテーブルだして「ここでどうぞ」なんてないだろう。

ただ、この感じがまた大阪らしくて良いですね。

ビールを注文して、適当にホルモンや豚足などを注文する。注文してから料理が出てくる速度が凄く早い。
大阪の夜4
大阪の夜5
あっという間にテーブルは料理で一杯になった。

つけだれがあるのだが、青ネギとの相性バッチリで、ホルモンなどをつけだれに付けながら食べる。
大変美味しくビールもすすむ。

ここでは、灰皿がなく床に直接捨てる方式らしい。なんでも忙しいので灰皿を洗う手間と、灰皿を交換する手間を省くためにそうしているらしい。東京ではまずありえない。

一通り食べた後に、もう1件「シュウマイ」の美味しいお店に行くことになった。

一芳亭というお店。
大阪の夜6
昭和8年創業でシュウマイがメインのお店だ。メニューは非常に少なく、ほぼシュウマイを食べに行くといったお店。
それでもお店は満席状態で、なんとか席をあけてもらって座るほどの人気店だ。

ここのシュウマイは通常我々が食べているシュウマイと食感が違うらしい。

商品が出てきた。シュウマイは通常の皮ではなく、薄皮玉子を使用しているとのこと。
大阪の夜7
食べてみるとなんともフワフワな食感。そして食べた感じが軽いので、いくらでも入るといった感じか。
大阪の夜8

豚肉が入っているが、豚肉だけではこのフワフワ感は出せない。
魚介系のすり身が入っているのかな?と思いながら食べていた。本当に新食感といったシュウマイで美味しくいただきました。

その後、もう1件お酒をメインにしたお店にはしごする。ビール会社の担当者に方に言わせると「食事の後は慰安バカ~ン」だそうである。

楽しい時間を過ごさせていただきました。それにしてもビール会社の人って、愛社精神もそうだがバイタリティがある方ばかりです。お話をさせていただいてて大変楽しいです。ありがとうございました。

そしてそこで解散して、社長と営業部が懇親会をしているというので、そこに合流して飲む。

その後、カラオケに行く。あまり酔っていなかったので自分は歌うつもりはなかったのだが、18番の「長い夜」がいつの間にかリクエストしかたなく歌うはめに。

ただ、これが初めて聞く人大うけした。なんてこの後、中華にいったり、スナックにいったり、結局7件はしごの大阪の夜でした。
ちょっとはしょったが、本当に熱い大阪でした。
人はあつくないといけないよ!

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター