発言するということ。

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
言ってやる人(有言実行)
言わずにやる人(不言実行)
言ってやらない人(有言不実行)
言わずにやらない人(不言不実行)

自分はどのタイプだろうかと自問自答して見る事も時には必要だと思う。
どれが一番良いかは言わずとわかるだろうと思う。

小学生の時に、先生から不言実行という言葉を教えられた。主に道徳的なことだと思うが、お年寄りが困っていたら何も言わずに助けてあげたり、席をゆずってあげたり、小学生の美徳ではないが不言実行という言葉はそんな印象をもっている。

ただ、ビジネスでは有言実行のみが評価される世界である。

プランを立てて、発表して実行して、それが周りの評価につながる。
言うということは責任を持つことだ。

本人が思っていても、なにも言わずに結果が出たとしても、それはたまたま成り行きで結果が出たと思われてもしょうがない。それがビジネスという世界だ。道徳ではない。

なんて、そんな話を社長を交えて飲みながら話をしていた。

少なくとも幹部である以上、あっていようが、間違っていようが、自分の意見を主張できなければ幹部になる資格はない。それが結論だった。

社長から言わせると、出席した会議で発言がなにもないのは「虫けら」と同じだと。確かに存在意義は自身ではあるだろうが、周りには全く見えてこない。

良く人前で話すのが苦手だとかいう人もいるだろうが、そんなら克服すれば良い。しなければならないだろう。

現在の自分で考えると、店長会議・本部会議・グループ全体会議・役員、幹部会議とあるが、それなりのスタンスを持っている。

店長会議では、マネージャーや統括店長、店長が主導権を持つべきものなので、あまり発言しないようにしている。
自分を含めて部長連中が発言力が強いと、それで決まってしまうので、少し遠慮している傾向がある。
言いたいことがあっても、じっとこらえている事もある。最後にはスポットをついて言いますが。

自分たちの職場の事や、スタッフに係わること。もっともっと主張をするべきである。

自分の考えを言うべきだと思う。そうじゃなきゃ、仕事って面白くないじゃん。

マルビル店オープン時にご来店したお客様が「スンドゥブにバターをいれるって感覚は無かったけど、美味しいですね」という言葉。

してやったりです。

当初、エゲツナイとか気持ち悪いとかブログに書かれていたりもしたが、いまではスンドゥブ専門店にはチーズとかバターがトッピングで用意されている。

だって、美味しいんだもの・・・その主張を曲げなくて良かったと思っています。
本場韓国からTV局が取材にくる位です。

主義や主張をもとうよ!

思ったことをまず、自分で整理して考えてみる。そして、それが自身でOKと思ったら、言わずにいられない。

自分はそんなタイプは好きだし、自分もそんなだと思う。

細かいことでもいいし、馬鹿な発想でもいいと思う。

主張しようよ! 自身の存在意義はそんな所から作られると思う。

明日は馬鹿な発想を書きますね。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す