1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票

東京純豆腐のファンクラブ、東スンクラブ会員募集中です。
今年は、春に会員様の中からビックなプレゼントを企画中です。

おもな会員特典

1.東京純豆腐からのnewsやお得な情報を、メールでお知らせします。1日限定のプレミアムサービスなども配信させていただきます。

2.新メニュー試食会(無料)に参加することが出来ます。
※ご参加の際には試食した感想などアンケートにお答えいただくことによって、あなたの意見がメニュー反映されることもあります。

3.宴会・団体予約時に割引特典をうけることが出来ます。

4.ミステリーショッパーズメンバーとしてサービス向上のご協力していただきます。(任意)
 店舗に出向いてお食事をしていただき改善点などをご指摘していただきます。
 その際のお食事代はいただきません。

その他、様々な会員特典を企画しています。

ぜひ、ご登録お願いします。

ご登録は下記からお願いします。(現在携帯会員のみ)

東スンクラブ

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
PCの保存していたファイルを整理していたら、そのメモに覚書みたいなものが書いてあった。
大分前のファイルだが、確か古い手帳を整理する時に書き写したものだった。
当時自分が営業部だったころ、毎日朝礼を行うので、思いついたネタに関してはメモに残すようにしていた。
「居酒屋の店長の話し、スムーズなクロージング」とか「不世出のセールスマン夏目志郎、言葉の壁をのりこえて」「会社に期待するな、自分に期待する」とか、いくつか書いてあった。

「会社に期待するな、自分に期待する」という題材が今の東京純豆腐にもマッチングしているので、書いてみたいと思う。

よくスタッフから「①会社はどこを目指しているのですか?」「②チェーン店ですか専門店ですか?」「③何店舗を目標をしているのですか?」なんて質問を受けることがある。

当然自分たちが仕事をして職場なのでそのような質問が出てくるのは当然だと思う。

その度に答えるのだが、①会社としては純豆腐をラーメンやような、国民食にするのが目標。純豆腐を一人でも多くの人に味わってもらい、ファンになって欲しい。

②純豆腐の専門店をつらぬく。ノウハウもあるのでビビンバや冷麺なども提供可能だが、セットならまだ考えることが出来るが単品での提供はしない。それが純豆腐を国民食にするという専門店のポリシーだ。

③そして、純豆腐を日本全国に知らしめるためには、店舗数という指標では考えられない。
もちろん、ある程度の店舗数は必要だと思うが、よくチェーン店にありがちが、本年度何店舗出店目標というものは当社にはない。スンドゥブというまだ世に知れ渡ってない業態なので、店舗数だけだせば良いというわけではない。それを探りながらの出店しているのが現状だ。

また、聞いてくる者はまだいいが、なにも聞いてこない者もいる。
全てを会社にゆだねていると言うか、依存しているというか・・・。

もちろん、何年も前に朝礼のネタにしようと書いていたメモなので、東京純豆腐と現状ということではなく、当時の営業部や一般的な会社の事情を考慮したネタです。

よく、「会社がこうしてくれたらいいのになぁ」とか「会社がこう変わって欲しい」とか「こんな会社であって欲しい」とかある意味会社に期待をしている社員ってのは数多くいる。

「会社に期待している」というとある種聞こえがいいし、愛社精神があるように思える言葉だ。

ただ、言い方を変えると「会社がこうしてくれれば、自分も良くなれる」とかある種、依存している部分もあるのではないだろうかと思う。

では、会社がこうなって欲しいという事に対して、自身は何かをしているのか?
立場的に自分は「どうこう言える立場ではない」と言う人もいる。
だったら、言わないでも、そこに少しでも近付ける努力をしていけば良いと思う。そうすれば、そこでつかんだ経験や努力の蓄積から、提案せずにはいられなくなる。そしてその提案には実証がともなってきて説得力が出てくる。
段階を踏むということだ。

だた、ほとんどの会社に依存している社員は、そのことすらしていないのが現実だ。会社が悪いんだ、社会が悪いんだと言って・・・・・。

企業の中で成功している人、実業界で成功している人は、会社への期待や社会への期待の前に自分自身に能力や可能性に期待していると思う。

今、自身がおかれた状況の中で自身で何が出来るのだろうかと考え、そして行動する。そして行動する時に自分の可能性に期待しているのだと思う。
当社の社長が俺は「運が良い」という部分につながる部分がある。

未曾有の不況と言われて「不景気」を言い訳に事がうまくいかない理由にする人が多くいる。
確かにそこに要因はあるのだろうと思うが、それだけを理由になにもしない人が多い。

8割の人がそうであっても、残りの2割の人は自らの可能性を信じ期待して行動しているのだ。
どんなに景気が悪くても、業績が伸びている企業はある。
そんな「企業は飛び道具」を使っているわけではなく、地道に出来ることを1つ1つ実施している。

また、そこのあるのは、自分に期待して自身を伸ばそうとしているスタッフが多い企業だと思う。

「会社に期待するより、自分に期待しよう」

そうすれば、会社はその者に注目するし、黙っていないだろう。

「自分に期待出来ない」なんてそんなつまらない人生はないと思う。

もっと自分の可能性を信じて欲しい。

なんか当時の事と今のことを織り交ぜて書いたが、当時朝礼の時に「現状、どうしても自分に期待を持てない人はどうしたらいいのですか?」なんて質問もあった。

凄く簡単なことなんですが、今日は会議もあるしその時でも良いし、ツイッターでも可能な限り自分の見解しようと思う。
ただ、自分もなりにですが。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 twitter始めました!
ツイッター

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
車の免許を取ってちょうど2~3年位して運転になれた時に起こす大事故が一番多いらしい。
人は最初、習ったことや得たことを意識しながら行動する。
そして、慎重になったり丁寧にやる。

ただ、その事がなれて日常的になってくるとあまり意識しなくなる。
そしてもっと高度な事へ挑戦する。

言いかえれば有る意味成長でもあるのだが、基本中の基本を忘れてはいけないと思う。

飲食店であれば、お客様への感謝の気持ちであったり、クリンリネスであったり、業界に入って一番初めに教わることだろう。

ただ、いつしか「もっと効率の良い集客方法はないだろうか」とか「人件費率をおさえる」とか直接的ですぐに結果が見える部分に目がいってしまう。

それが悪いことではない。逆に色々な問題意識を持つことは大切だと思う。

ただ、基礎中の基礎を忘れては、それは成り立たない。

いつも愛読しているブログを見て、改めて思った。
http://ameblo.jp/1122-1224/entry-10470692902.html

まず、現場にいる先輩が示していかなければいけないのだと。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 twitter始めました!
ツイッター

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
    ↓
キッチンの仕事を終えた後、夕方から明日オープンのルミネ荻窪店のオペレーション検証会があるので、食事は軽めにすませる。

夕方、池袋からりんかい線・中央線を乗り継ぎルミネ荻窪店に到着。

オペレーション検証会とは、本部スタッフがお客さん役になってディナーの注文をして、オペレーションの最終チェックをするというもの。

本来ならもっと早くする予定であったが、引き渡しからオープンまでのスケジュールがタイトで前日になってしまった。少しまだ課題は残っているが、明日はベテランが応援に来るので良いオープンを迎えて欲しい。
ルミネ荻窪オープン前夜

レストランフロアを見て回ったのだが、18時~19時の時間帯であったが今までの商業施設と比べるとかなり顧客層が違う。結構年齢層が高いように感じた。

純豆腐という料理を知っていたり、ウチを知っているのがF1世代の方なので、そういった意味では青山店開店の時にしていたように、丁寧に純豆腐という料理の説明や食べ方の説明をしていく必要性があるだろう。

そして、これはオープンだとかどうだとかではなく、飲食店の本質を大切にして欲しい。
自分たちの仕事は、お客様から注文を受けて、それを提供するのが仕事ではない。

お客様がお店にご来店するのは、美味しいものを食べたい、楽しい時間を過ごしたいと「期待」をしている。
言いかえれば、良い時間を過ごしたい、良い気分を味わいたいということ。

そのウチへ期待をもったお客様の気持ちを裏切ってはならない。

その期待以上の「美味しいもの」「サービス」を与えることが出来たなら、それが「感動」という言葉につながるのだと思う。
もちろん、高級ホテルのレストランのような内装ではないし、サービスでもない。ただ、お客様は行くお店によって期待するものが異なる。
東京純豆腐なりの出来る限り、お客様の期待に答えられるようにしていってもらいたい。
ルミネ荻窪オープン前夜2

人を良くすると書いて「食」と言う。

どれだけ、人を良くする事を出来たかが飲食店の価値だ。

それを忘れずに、お客様をお迎えし、接して欲しい

ルミネ荻窪店本日オープンします。

店舗情報

宜しくお願いいたします。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 twitter始めました!
ツイッター

 

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
ツイッターを初めて約1カ月が経過した。まだまだ使いこなせていない状況であるが、ブログからを見てフォローしてくれたり、Tweet Deckというクライアントソフトを使ってフォローしてきたかいもありフォロワーは約1300名を超えた。ツイッターの中で東京純豆腐に対するご意見を聞けたり、応援メッセージもありコミュニケーションツールとしての有効性を感じる日々が続く。

ただ、それより凄いのがI部長である。ほぼ同時に始めたが、自分がPC中心でツイッターを利用しているのに対して、I部長は携帯オール。

しかも、色々な人とコミュニケーションをとっている。映画批評や、食事のことや幅広い分野でツイートしている。休日には「ぶらりツイッター下車の旅」ならぬ、色々な所を探索して写真入りでツイートしているという徹底ぶり。
元々、つぶやく事が好きなI部長なので、下馬評からも絶対にツイッターははまるという周りの見解だったが見事にはまった感じである。

まぁ、どうしても自分の場合ブログでもツイッターでも、東京純豆腐という看板があるので制約がないわけでもないので、ツイッターに関しては個人のアカウントもとって趣味の釣りや食べ歩きなどの情報交換やコミュニケーションツールとして利用して見ようかとも考えています。

さて、先日「kikutomatu」さんという1934年生まれの方をフォローさせてもらった。きっかけは「ふぁぼったー」という「つぶやきの人気ランキング」みたいなサイトで「kikutomatu」さんのツイートに感動したからだ。
ふぁぼったー「kikutomatu」さんのツイート

1月28日にtwitterを始めて今日で1ケ月、視界が広がります。11年前64歳でパソコンを始めた時もそうでした。高齢者の多くはパソコンなどは若い人のする事のように思っている。体力的に行動範囲の狭くなった高齢者こそ大きな助けになるのだが、やってみない事には判らない。そこが問題だ。

 

そのツイートからもわかるように、75歳の女性でツイッター以外にも精力的に活動している感じの人です。
自分の親父が生きていれば同じくらいの歳です。
自分の母親が生きていれば、彼女より年上です。自分は高齢出産で生まれた子でしたので。
母親から聞かされた言葉ではなく、色々聞きだした話を「kikutomatu」さんのツイートを拝見すると思いだします。
当時、常に「なんで?どうして?」と常に疑問に対して聞きまくってました。そんな自分の疑問や昔の話に嫌な顔をひとつ見せずに、語ってくれた母でした。

なんかそれを思い出すような温かみを感じるツイートです。しかも、昔話だけではなく、学ぶ事も多いし問題定義や政治に関する意見も多い。

人を攻撃したり、悪口を言う姿は見良いものではない。そういうことで相手を低めても自分が高くなることはありません。高齢政治家に良く見られる姿だが、同じ高齢者として、良い姿を見せていただきたいと思う

為す事もなく過ごす定年退職者にツイッターを進めてみたいところだが、大方はパソコンが出来ない。為すこともなくジット過ごす人にはそんな自分を考えて、うつ病になる人もいる。孫が来て、他の人が仕事があって、「見ていてね」と言うと孫をじっと眺めているとかだけ。見てね、の意味が判らない。

時間が過ぎるのを忘れるといえば、今年も間もなく2か月が過ぎる。一年もあっという間かもしれない。75年だってあっという間であったような気もする

うーん奥が深くて、ハート感じるツイートだ。

人生常に変化とチャレンジスピリッツを持つことの大切さを、教えてくれる。

自分はそんなことを感じました。

変化と、チャレンジスピリッツ!

年齢は関係なく、常にその部分を大切にしたい。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります

  

 twitter始めました!
ツイッター