1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
自分たちが居酒屋にいってメニューを選んでいる時に、気のきいた店員さんが「今日はこれらがお勧めになってますよ~」的な事を言われると、ほぼその商品注文してしまう。

まぁ、食事中心のお店と居酒屋ではことなるが、サジェストってコミュニケーションをとる意味でも、売上の意味でも大切なことだと思う。

ただ、間違えてはいけないのは、売りつけではなく、あくまでスタッフのオススメであったり、店舗のオススメという意味だ。

それがうまく機能している店舗は、単価云々だけではなくうまくコミニュケーションもお客様ととれるので、サービス評価も高い傾向にある。

きちんとサジェストできているか、もう一度チェックしてみてはどうだろうか。

サジェストだけではなく、こうしよう、ああしていきましょうと決まったことでも、現場レベルで実施されていないことがある。

単なる掛け声になってしまってアクションが全くないのであれば意味のないことである。

先日、山○SVの働きかけで東スンクラブの会員が少ない、大阪エリアでの会員獲得の試みをした。

仕組みを作ったのだが、最終的には現場のスタッフがお客様にクラブの説明とオススメをする。

すると、それまで3ヶ月間かかって登録いただいた会員数の倍以上の人数を1カ月もかからずに登録いただいたのである。

また、ある日の麻布台店ではランチ時にベテランの、バイトにトッピングをオススメしてみてと、調理長が話す。
しっかりやれたら、飯おごってやるからと・・・。

すると、やる気になった彼女は40以上のトッピングオーダーを獲得した。

かなり前の青山店で、ドリンクをお勧めするキャンペーンを当時の店長が企画をした。

しっかり、オーダー数を記録してトップを決めるというもの。

これに関しても、そのキャンペーン期間中のドリンクオーダーは相当数増えたのある。

そうなんです。アクションを起こせば結果はついてくるのです。

これはサジェストに限ってのことではない。

なにか、やろうと決めても現場レベルで実施していなければ意味がない。しっかりと話し合いしっかりと計画をして、途中経過をチェックして話し合い、問題があれば解決する。

やろうな!!と最初掛け声かけて、そのままほっておいたら、いつの間にか実施されてないってこと良くある話だ。

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)

このPDCAプランをしっかり出来てこそ店舗運営が成り立つのである。

新しいドリンクメニューが導入になったが、しっかりその辺を意識してアクションを起こして欲しい。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター