1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
昨日ちょっとだけIpadの話題にふれたが、本当に買って良かったと思っている。
元々、Ipadの関しては外出先でもメールが見れたりとか、資料を見れたりとか情報を持ち歩けるだけで十分だった。

今、一番自分が良かったと言うのは、以前は情報を持ち歩くとすれば重たいPCとACアダプターを持ち歩く。
カバンからなんだら、8kgになるものを持ち歩いていた時代を思い出す。

PCはどうしても、充電をしないと2時間ほどしか持たないから、ACアダプターは必須である。

Ipadは10時間は持つし、充電も細いケーブル一本で出来る。
他の荷物をあるので、1kg以下のIpadとアダプターを含めて4kgでは明らかに違う。

ああ、時代は変わったなぁ。

もちろん、資料を作ったり、細かい事をする部分においてはPCにかなわない。

ただ、資料を持ち歩いたり、インターネットをしたり、手帳的な要素は満たしている。

スケジュール管理なども、もともとPCでやっていたが、出先では限界があって手帳に書いていたり、携帯端末に色々といれていた。
スケジュール管理をPCを使うようになったのは、マーケティング部時代。
アポイントだけではなく、原稿の締め切りから、決済の期限とか、何時にアポイントがあるとか、とにかくスケジュールに追われた。
Ipad4
ヴィトンのシステム手帳、実は買った当時はIpadより高価?

それがPCでは枠がないし、スケジュールとタスクを分けて表示できるし、特にタスク機能は便利だった。
スケジュールは時間の予定を表記するだけだが、タスクはやり遂げたとチェックを入れない限り、消えない。
毎日出てくる。

3カ月先にやらないといけない事も予約できる。そこに長い文書も添付できる。

ただ、問題なのがそれが手帳には当然出来ないので、手書きで書く。
かなり、面倒だ。

スケジュール位でも面倒。いまでは、共通のスケジュールボードというアプリがあり、皆の予定が分かるように入力しているが、手帳・スケジュールボード、PCとかなり3か所に入力しないといけない、かなり面倒だ。

それが、IpadやIphoneを持つ事よって、解消された。
Ipad1
こんな雑誌も

Ipad2
プレジデントも!

クラウドという考え方だ。端末自体に情報を持たず、インターネット通信を通じて、そこから情報を得るということだ。スケジュールでも、タスクでも、欲しい資料でも設定をしておけば、通信を通じて共通して見る事が出来る。

データが元々一緒だから、Ipadでも、IphoneでもPCでも同じ情報が得られると共に、どこで更新しても同期されるので、手帳に書き写す必要がなくなる。

これは自分にとってかなり便利である。手帳やIpadを持ち歩いてない時でも、携帯は持っているので急にスケジュールを確認しなきゃいけない時、以前であれば折り返し連絡しますって感じだったが、携帯で即座に確認できる。

タスク管理も忘れてしまいそうな免許の更新や、3カ月先にやらないといけないことなど、事前にタスクに入れておけば、アラートがなって教えてくれる。

見たい資料があれば、電話回線かWifiでつなげてみる事ができる。
Ipad6
最新の雑誌が読めちゃいます。現在はダイジェスト版だが、月450円で30誌読めちゃいます。

これって、特に外出や出張が多い人や、外部の企業と付き合いが多い人には特に良い仕組みだと思う。

移動中に読書が出来たり。

名刺管理もスキャナーを使わなくても、写真をとってEvernoteというアプリにいれておけば、勝手にフォーマットしてくれて、なんと文字検索が可能となる。名刺入れに何百枚もいれてデスクの肥やしするよりよっぽど有効だ。
なんせ、検索が楽だ。
Ipad5
名刺管理もらくらく。文字検索も出来ますし、分かりやすいキーワード(タグ)をつけて管理することも可能です。

このような電子機器で問題になるのが紛失。
データの漏えいだ。クラウド環境であれば、サーバー側のパスを変えてしまうとか、データを消してしまうとかそれで情報漏えいを防ぐことが出来るし、サービスに入れば端末をロックさせることが出来る。

ただ、端末やシステムが良くても、一番肝心なのは使う人である。

仕事も一緒なので、そこを勘違いしないように。

さぁ、アイパッターになりませう!

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマさん、これ位でいいかな!!
これをかみさんに見せてアイパッターの仲間入りしてください。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
アイパッターは純豆腐事業部では5名だが、まだまだ増えそうだし、他の事業部でも購入予定者がどんどん増えて来ている。

近い将来、ペーパーレスの時代はくるのだろうか??

まだ、まだですし、そんな時代はこない。
紙の方が便利な部分あるしね。ただ、ペーパーレスではないが、スモールペーパー時代は来るかもしれない。

純豆腐本部では物件情報などのファックスが非常に多いので、マイトークファックスとメールシステムを構築して、ファックスは全てPDFのメールで受信できるようにしてあります。システム構築費ゼロ。ランニングコストゼロ。
バイトの給与明細に関しても携帯で閲覧するシステムを使う事になった。
これは、ASPシステムを使うのでコストはかかるが、給与明細を印刷して郵送するというコストを考えると、コストダウンになる。

なんせ、バイトだけで300名を超えるのでかなり有効な手段だと思う。

会議資料に関しても、レーザープリンターの印刷代、綴じる作業、紙代と考えれば年間にすればかなりの費用がかかるわけだ。しかも、3か月もデスクにしまっておけばデスクがいっぱいになり、シュレッダーにかけるのが関の山だ。資料は大切に保管しておきますっている人もいるが、それが生きれば別だが・・・。
まして、専用のデスクが持っていれば別だが店舗の勤務の店長は・・・やばいなぁ。
どうしてる?

仮に本部みたいにデスクを持っていたとしても、数百枚の資料から過去を振り返るって、マメにファイリングしていれば別だが、手間がかかるし限界がある。

データで保存しておけば、あるキーワードの議題が出てきた時に、検索すれば即座にその議題に関して過去の記録を拾い出す事が出来る。そのように活用できる過去の資料なら別だが、ただデスクを占有する資料なら無用な長物である。

自分は以前から、すべてが良しとは思わないが、そんなことを社内で言って来た。

ただ、新しいものに抵抗を感じたり、いままでのやり方に固着したり、また慎重になってデメリット部分からの発想で話が進まないことが何度もあった。

ただ、飲食業という、何百円の儲けを積み重ねて出来ている業態は、本当にそんな工夫をして経費を削減する考えは必要だと思うし、季節メニューや食材が変わって、やり方が変わる事があって当然だと思っている。

常に変化が多い業界だと思う。

なので、経費という部分と変化と言う部分により一層感じるものがある。

情報漏洩とかその辺のリスクを考えていないわけじゃないし。

その辺に関しては、一回全社の有識者を集めて討議したいですね。

なんて、こと書いてますが、一番言いたい事は、先輩が決めた事や会社の決めた事は守らないといけない。

それがないと組織では無くなってしまう。

ただ、それに対してもっと良いアイデアがあったら、提案することが必要だということだ。
具体的に。それが会社を成長させることである。
特にウチ店長は中途採用で、キャリアや面接時の対応をかわれて入社して来てるわけだ。
それが、組織に入ったら、同じ色に染まることはない。
着物に例えると、同じ会社という着物があったとしたら、それぞれの柄が主張し合って、綺麗な着物を演出する。同じ色になる必要はない。
同じ着物の中で、それぞれ自分が主張することが、いい着物をつくるわけだ。

ボンクラが50人集まった企業より、精鋭部隊で意見をぶつけられるスタッフ10名の企業の方が強いと思う。
保守的な考えの人を何十人を集めるより、攻撃的な、壁を打ち破ろうとする精鋭を何人か集めた方が強いと思う。
そこには、新しい方法やアイデアを生む可能性があるからだ。
なんで、自身の信念があるなら、もっとアピールというか、出して欲しい。

もっと、皆の能力を上にだしてくれ!

PS.書いていてテーマが変わってしまいました。○埼さんの要望に答えようと最初書いてたんですが、かわってしまって。
まぁ、少しは前振りになってるんで、明日いきますね!

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
自分たちが居酒屋にいってメニューを選んでいる時に、気のきいた店員さんが「今日はこれらがお勧めになってますよ~」的な事を言われると、ほぼその商品注文してしまう。

まぁ、食事中心のお店と居酒屋ではことなるが、サジェストってコミュニケーションをとる意味でも、売上の意味でも大切なことだと思う。

ただ、間違えてはいけないのは、売りつけではなく、あくまでスタッフのオススメであったり、店舗のオススメという意味だ。

それがうまく機能している店舗は、単価云々だけではなくうまくコミニュケーションもお客様ととれるので、サービス評価も高い傾向にある。

きちんとサジェストできているか、もう一度チェックしてみてはどうだろうか。

サジェストだけではなく、こうしよう、ああしていきましょうと決まったことでも、現場レベルで実施されていないことがある。

単なる掛け声になってしまってアクションが全くないのであれば意味のないことである。

先日、山○SVの働きかけで東スンクラブの会員が少ない、大阪エリアでの会員獲得の試みをした。

仕組みを作ったのだが、最終的には現場のスタッフがお客様にクラブの説明とオススメをする。

すると、それまで3ヶ月間かかって登録いただいた会員数の倍以上の人数を1カ月もかからずに登録いただいたのである。

また、ある日の麻布台店ではランチ時にベテランの、バイトにトッピングをオススメしてみてと、調理長が話す。
しっかりやれたら、飯おごってやるからと・・・。

すると、やる気になった彼女は40以上のトッピングオーダーを獲得した。

かなり前の青山店で、ドリンクをお勧めするキャンペーンを当時の店長が企画をした。

しっかり、オーダー数を記録してトップを決めるというもの。

これに関しても、そのキャンペーン期間中のドリンクオーダーは相当数増えたのある。

そうなんです。アクションを起こせば結果はついてくるのです。

これはサジェストに限ってのことではない。

なにか、やろうと決めても現場レベルで実施していなければ意味がない。しっかりと話し合いしっかりと計画をして、途中経過をチェックして話し合い、問題があれば解決する。

やろうな!!と最初掛け声かけて、そのままほっておいたら、いつの間にか実施されてないってこと良くある話だ。

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)

このPDCAプランをしっかり出来てこそ店舗運営が成り立つのである。

新しいドリンクメニューが導入になったが、しっかりその辺を意識してアクションを起こして欲しい。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
東京純豆腐のファンクラブ、東スンクラブ会員募集中です。

おもな会員特典

1.東京純豆腐からのnewsやお得な情報を、メールでお知らせします。1日限定のプレミアムサービスなども配信させていただきます。

2.新メニュー試食会(無料)に参加することが出来ます。
※ご参加の際には試食した感想などアンケートにお答えいただくことによって、あなたの意見がメニュー反映されることもあります。

3.宴会・団体予約時に割引特典をうけることが出来ます。

4.ミステリーショッパーズメンバーとしてサービス向上のご協力していただきます。(任意)
 店舗に出向いてお食事をしていただき改善点などをご指摘していただきます。
 その際のお食事代はいただきません。

その他、様々な会員特典を企画しています。

ぜひ、ご登録お願いします。

ご登録は下記からお願いします。(現在携帯会員のみ)

東スンクラブ

 現在、入会時に7月一杯使えるクーポンを進呈中!!

 

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター

1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
結構前の話だが、グリーン車に乗っていて若い女の子が、かかって来た電話に出て会話を始めた。
時間にして30秒位だったかな?

ヒソヒソ話で話すわけでもなく、普通に会話していた。

こんな時は、電車に乗っている事を相手に告げて電話をきるか、グリーン車のデッキに移動してから話すのがマナーだ。

だが、その女の子は普通に会話をしはじめた。すると後ろの席の50代後半のサラリーマンの人が注意をする。
女の子は平謝りしているのだが、大声で「うるさいとかマナーがなってないと」永遠と説教し始めた。

その女の子の電話より、このおっさんの方がうるさいなぁ~と思った瞬間に、他の乗客(50代男性)が「お前の方がよっぽどうるさい、あやまってんだからもうヤメロ・・・!!」と恫喝。

自分も含めて、他の乗客も心の中で拍手したことだろう。

このように、人って他人がやってる事には目がいくが、意外と自分のことがわかっていないケースが多い。

これは自分を含めて本当に注意しないといけないと思う事だ。

同じように、行為だけではなく思考や思想の部分にも言えることだ。

経験が違うからとか、条件が違うから、年齢が違うから、環境が違うからとか、頭の中で考えてしまって前進出来ない奴。自分で思い込んでいる。

でも、周りの人はそんな要素は一切見ていない。他の問題があるんじゃないって!

そもそも、そんな思考であれば仕事でもコミニケーションでも、それなりに出来たとしても、前進することはない。

そんな思考が芽生えた時期から成長はストップする。

色んな人に出会って、色々な考え方や生き方に心を打たれ、吸収して人って成長していくんじゃないかなぁ。

本などで感銘を受けて、人生に影響を与えられることってあるけど、それと同じ、いやそれ以上身近な生のハートを感じ取ることで、自分に無いものを受け入れて成長する。

それを拒絶してしまえば、利己主義で成長の無い日々しか残っていない。

どこかの無人島にでも行って、サルとイルカと一緒にでも生活した方が良い。
でも、いずれサルが悪いとか、イルカが悪いとか言って、それも拒絶して結局一人ぼっちだ。

ただ、言えることは、そんな思考に陥ってしまっても、自分が変えようと思えば人って変わる事が出来るんだ!

変えようと思わないといけない。無人島組は変えようとも思わないのだ。周りがいけないんだって。

そして、潜在意識の中で自分を否定している。わかりやすく言うと自分という人間が嫌いなはずだ。
それを顕在意識の中で自己防衛するために、周りのせいにして自己バランスをとっている。

あるセールスの本で読んだのだが、それを克服するために逆の発想で、自分が一番輝いている時の偶像をイメージしながら「自分が好きだ、自分は輝いている、自分を心から愛している」とアファーメーションするのが良いと・・・。

実際にアメリカのトップセールスマンが毎日実践しているらしい。
確かに、成功していて生き生きしている人って自分が好きなはずだし・・・ね。

とにかく、もしマイナス思考地獄になってしまったら、潜在能力系の書籍を読んでみるとか、身近な自分にとってプラスになると思う人に相談してみることだ。

そして、自分を変えるっていう意思を継続すること。

人生、長いんだからそんな時期に陥るときもあるだろうと思う。

ただ、そんな時にはこのエントリーを参考にしてください。

マイナス思考からは何も生まれません!

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター