1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
本田宗一郎さんの言葉で、「失敗と成功は、紙の裏表みたいなもの」というものがある。

物事が成功するか、失敗するか本当に紙一重ってことだ。

先日、社長をはじめ幹部だけが集まっての会議があった。幹部の中でも実質会社を動かしているメンバーのみが招集された。
その会議が終わって、本社近くの割烹居酒屋に集まって、色々と先輩と話をしたのだが、輝かしい実績を残している先輩でも社長からの話で、前の事業で欠損を出したり、失敗している人が多い。

そんな話を聞けた。

それが創立30年の重みだったのかなぁとも感じた。

ただ、その事業においては、新しいことをするという意味において挑戦するといった姿勢で挑んだ結果だ。

そこにはスピリッツがある。それゆえに、その事業を閉じる事になったとしてもそこには「生きた経験」があるわけだ。

昔、社長から聞いた言葉「男は負けてから勝つのが真の勝者」「ジャンプする前にしゃがまないと大きなジャンプは出来ない」


なにも、挑戦しなければ失敗もしないだろう。どんなに有能な人でも失敗はする。なにも考えない、なにもしないで失敗したのなら意味はないが、挑戦して失敗したのならそれが次に生きるってことだと思う。

そして、大きく成功する為には、それなりの失敗や挫折感を味わわないといけないのかもしれない。

本などで成功している成功者って必ずと言っていい程、失敗や挫折を味わっている。

そして、失敗後に成功しているパターンを考えると、必ず協力者が現われているのだ。

自身にはない発想や技術などを持っている人との出会いだ。

人のタイプにもよるが、一度挫折を味わったりすると、自身だけの能力の限界を感じて諦めるか、自身の思考で同じように突き進む人、本質は変わらないが自分にはない物を人の求めるというか、柔軟性をもって受け入れるって姿勢。

まず、成功している人って3番目なんだよな。

自分には無いものを持っている人って、いっぱいいる。

否定的な観点から肯定的な観点に変えてみる、そんな事も必要だよ!

って、思うわさ。

分かんない事や協力が欲しいと思ったら、社歴・年齢問わず聞く耳を立てる事だ。

ただ、ブレてはいけないのは、先日のブログでも書いたが、理念・ビジョン・戦略以下の部分でだと思う。

仕事を通じて自分の夢を実現する、成長する!

絶対に実現しようぜ!皆で!

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター