1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
今日自宅で、風呂に入っていた時のこと。

まぁ、この時期なんで湯船つかってって感じではなくシャワー。

シャンプーを頭につけてゴシゴシしていると、どこらかともなく虫が出現。

通称ハサミ虫だ。

マンションではなく一軒家なんで、そんなことも頻繁にあるので、あわてることなく、さりげなくシャワーを出して、流そうとした。

シャーと流れていく。

流れたと思ってシャワーを止めると、実は排水溝にしがみついていて、はい出してきた。

なんで、また同じようにシャワーで流す。また同じように排水溝の裏にしがみついて・・・・。

2回ほど同じことをしたが、彼だか彼女だかわからないが、結果は同じ。

自分はゴキ(G)ならそれでも徹底的にするだろうが、ハサミ虫ならいいかって。

最後、いっかいシャワーしてまだ粘っているんなら、そのままにしてあげようと、シャワーを浴びせた。

期待したかしなかった別にして、排水溝に流れていった。

シャワーを止めて少し見ていたのだが、しがみついている様子はない。

流れていったと確信した。


頭をシャワーで流す。シャンプーしてリンスして、体も洗って・・・。

風呂からあがって、妙に例のハサミ虫が気になった。

冬なら本を持ち込んで、休みの日なら3時間位風呂に入る事もあるが、シャワーは15分程度。
なんてタイミングが悪いハサミ虫なんだって。

ハサミ虫目線で。自分がシャワーの時間以外であれば、ハサミちゃんは自由に動けただろうしね。

なんて下らないことを考えていた。

でも、これって深く考えると、人にも該当すること。

時代がとか、タイミングとか、経験とか・・・・。

人生それぞれ、持っているものは違うだろう。

ハサミちゃんは、2回頑張って実は自分からチャンスを与えられたんだけど、3回目で頑張れなかった。

もし、自分ではなくカミサンだったら、そんなこと思わず殺虫剤とか徹底的にやられただろうなぁ。

みんな、人生においてそんな経験をしていると思う。

時代も違うし、景気も違うだろうし、周りの環境も違う。

だけど、それを周りのせいにしてしまったらいけない。時には追いつけなくてもしがみ付いていれば、可能性があるんだよね。そんな事を偉そうにいいながら、自分も絶望した時があった。

19歳の時に、母親が突然死に、翌日のお通夜の準備している時に父が脳卒中で倒れ、母の通夜と葬式の喪主をした。
葬式やお通夜の合間をぬって、危篤の父の入院手配から、面会をする。

父は意識が無い。だけど眠ったままの姿で、「浩之頼むよ!!」って言ってくれたみたいな。

周りの人も協力してくれたし、本当につらい思い出ですが、自分を成長させてくれたと思ってます。
無言の言葉は、俺にしか聞こえなかっただろうと思う。

要は、とらえる側の考え方なんじゃないのかなぁ。

外的な要因は自身が思う内的な要因の反映であるってこと。

すべて自身のある姿って、自身の考え方や思いの反映だってこと。
自分が置かれている立場や、生き方って、まわりに影響を受けるのは確かだけど、自分の内的な要素が反映しているんだと思う。

すごく良い環境にいても、「まわりが駄目!」なんていう奴もいるし、かわいそうに思える位な境遇の中にいても「凄く元気で、輝いている」奴もいるしね。

なんて、ちょっぴり一人で考えてみたりして。

でも、こっからの本題なんです。

風呂からあがって、20世紀少年をみながら・・・・。トイレに行った時に風呂の前にハサミちゃんがいたんですよ!同じ虫?なんて野暮は言わないでね。
内的な部分で、自分はハサミちゃんだと感じたんだからね。

なんか、ちょっとばかり感動というか・・・・。コピー用紙を持って行ってハサミちゃんを乗せて、庭に放してあげました。

あきらめちゃいけない、しがみつくほどの精神を持つ必要性を、ハサミ虫から改めて感じた。

そして、生命力を!

生活力とか生命力とって、立場とか収入とかじゃなく内面から出てくるんだと思う。

ハサミちゃんありがと!頑張れよ!!
しかし、俺も営業マンやな。ハサミちゃんを題材に人生語るって。
すみませんでした。でも感じた事なんでね。
頑張ろうぜ、ハサミちゃんに負けるなよ!

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター