1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。
      ↓

ブログランキングに投票
昨日、書いた感覚の話だが、五感から感じ取れる周りの環境や情報、経験などからその感覚は作られると、書いたが、言い方を変えれば、周りの環境や状況を変える事によって、人の感覚は変わるということだ。

一番分かりやすいのは、旅行やバーベキューなど非日常ではものの見方や、感覚が変わってくる。

普段から食べているものでも、青空の下で食べたりするとやたら美味しいと感じることがある。

なにがいいたいのかというと、目標の見せ方でも仕事のやり方でも、内容は一緒だとしても見せ方や、やり方に変化を持たせることが必要だということ。

それと自分の一瞬の感覚を大切にすること。

なにとなにを組み合わせてこうなるとか、こんな味になって原価率はこうなるとかも必要だが、一瞬のひらめきではないが、これはいけるという感覚的に思ったことは、信じてみることである。


なにも味や商品開発だけではなく、戦略や戦術に関しても。頭で考える事(左脳)も必要だが感覚的(右脳)な発想も必要だと思う。

話題のブログランキングを見る。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ONEクリックが励みになります
  

 twitter始めました!
ツイッター