方向性

ずれていないと思っていても、微妙にづれていたり、ほんの小さなことでも方向性がづれることがある。

きちんと基準やチェックポイント、第3者の意見をきいたりして軌道修正しないといけない。

これは、ルーチンワークとして、オペレーションや味の確認なども必要だ。

最初はほんの少しにブレやヅレであっても、軌道修正をせずにそのまま進んでしまうと大きなヅレになり、修正がきかなくなる。

常にチェックが必要だし、常に意識するべきである。

何をなし得たいのかを、そしてその為には何をするべきかを・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す