先日会社の先輩に、池袋の飲食業の方々が良く利用するという日本酒のお店に連れて行ってもらった。
普段いく、庶民的なお店も良いがたまには贅沢して、美味しい料理とお酒を堪能しました。

鯨
しかし、鯨は久々だなぁ。

白子
白子も新鮮で美味しい。
自信
自信のあらわれ

普段は結構、飲みが中心になっちゃうんだけど、料理を堪能しながら日本酒をチビチビと、悪酔いしません。

朝の5時までやっているとの事。この味と営業時間、飲食業界の人が利用する理由がわかります。

少なくとも以前朝までコースの定番の、モツ鍋屋さんには足が進まなくなります。

週が変わって、新しい業態のテストをしているスタッフメンバーと焼き肉忘年会。

調理長やSVも一緒だが、中心はアルバイトの若い女性スタッフ。

老舗的な焼き肉屋さんで、昭和40年開業とのこと。普段はランチで利用することはあったが夜の利用はほぼ初めて。
焼き肉

うーんかなり美味い!!あの焼き肉業界に何十年といた調理長もうなるくらいだから相当だ。

若いスタッフも、チェーンの焼き肉店などを利用することがあっても、ちょっと高級な焼肉は初体験の者が多く、「こんな肉、はじめて~~」と興奮。

その喜んでいる姿がなんだか嬉しく、じゃーどんどん頼んでいいよ~と!なり飲み放題メニューにないマッコリやら日本酒、イチボだと追加注文しまくり。

さすがに3900円の特選サーロインはストップかけたが・・・・。

そんなこんなでいくらか会費を取る予定だったが、一人1000円だけもらって、支払いはカードでという流れになり、片手超えちゃいました・・・・トホホ。

まぁ、これを来年の仕事の活力にしてくれればいいし、喜んでもらえるのは楽しいもんです。

少なくとも、俺も1万円払いますんでスナックに連れてってくださいよと懇願して、3万以上払わせておき、払わず、会うたんびに今持ち合わせないんですと3カ月程逃げ回っている某店長と飲むよりはよっぽど有意義だったよ。

しかし、世の中デフレで、均一居酒屋全盛といわれているが、安いから良いってことじゃなく、コストパフォーマンだよな。

対価以上の満足感を得られれば勝負出来るってこと。

45年も続いている焼き肉店、立地はめちゃめちゃ悪い日本酒の店。

それを証明している。

決してウチは高級店ではないが、格安のお店でもない。

きちんとした料理と提供とサービス。

料理はどんなに素晴らしく出来ても未完成。

サービスという調味料をかけて、完成するのである。それが満足感につながるのだ。

そこを理解するべし・・・・・だなぁ。