遊び心

仕事って考え方や、心の持ちようで仕事への楽しさや、発想が変わって来ると思う。

仕事である以上、結果を求められるのは当たり前だし、努力する事は必然。

結果を出すにはプロセスが必要だ。

ただ、会社的に考えれば、結果が命。

プロセスを評価する会社組織は無いはずだ。
ただ、自分なりの成功する為のプロセスの構築が無いと、連続で成功し続けることは不可能だし、ヒットを打つ事は出来ない。

たまたま、短期間成功する事が出来ても、成功する為のプロセスや方法論の確立が出来なければ、いけない。そしてそれが、永遠の課題となる。

定石通りにやってうまくいっているなら問題ないかも知れないが、そうで無ければ見方を変えてみる事も必要。

その為には、定石を把握した上で、あえて脇道にそれた発想をしてみる事も必要。

それも、左脳的な感覚ではなく、右脳的な感性。

こんなのあったら面白いなぁみたいなぁ、便利だなぁみたいな。

そんな発想から生まれたヒット商品は多くある。

失敗する事は次の成功の糧になり得るので、失敗はするべきだと思う。

ただ、その失敗がチャレンジしての、失敗ならいいが通り一辺倒の事をしての失敗なら考えものだ。

そこには進歩は無いから、糧にならないから。

飲食店だけではなく、流行っている商品、お店をみてなぜ「ヒットしているんだろ」とか書き出して、つなげてみるのも良いかも知れない。

ただ、そこには自分で楽しいと思う事をすること。

遊び心があることだと、自分は個人的に思っている。

言い換えると、仕事を仕事と考えるとそんな発想は思い浮かばない。

「なにをくだらないことをとか」とか「そりゃ、無理だろ」とか言うことでも継続的に結果を出せれば、それが新たな「定石」となるのだ。

特に飲食店はお客様に「楽しくて充実した時間を提供するのが使命」なのだから、楽しい発想やサプライズ的な発想はサービスの部分でも、商品開発の部分でも大切にしたいし、そんな東京純豆腐であって欲しい、いやグループを含めて会社組織でそうであり続けたい。

PS. ブログを書いていてI取締役が最近はまっている故:岡本太郎さんの「グラスの底に顔があってもいいじゃないか」というお酒のCMを思い出しましたわ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す