先日、お取引業者さんの開催のセミナーに参加してきた。

事前に一定のメンバーに参加者をつどったんですが、結局自分とH部統括店長と行きました。

自分はなかなか、刺激を受けるところがありました。

こう言ったセミナーって直接的な部分でなく、自分がどう刺激を受けたり、考えたりって部分が大切だと思います。

だから、セミナーを受けたから、仕事が変わり業績が直ぐに変わるってものではなく、刺激を受けたり、自分にはない知識、自分にはない視点を感じたりすることが必要だと感じている。

なので、セミナーに限らず書籍などを通じて、自分の知らない世界や、違った物の見方を知る事が必要だと感じている。

ただし、セミナーでも本を読む事でも、それ自体が目的になっては意味がない。セミナーに出ること、本を読む事が目的ではいけない。
確かに自己満足の達成感はあるかも知れないが。

目的はそこから、自分の思考に刺激を受けることだ。

例えば1000ページの本を読破したとしても、合宿セミナーに参加したとしても「あぁ、面白かった」とか「為になった」と言うレベルで、そこからの生き方であったり、指針に全く影響がなければ、単なる読書だし、講習会になってしまう。

たった一つのことでも、やってみたいとか、実践してみたい。
なるほど、こんな考え方もあったか。

そんな刺激があるだけでいい。

先日エントリーした、マズローの話ではないが、感じ方は違うんだよね。

問題意識を持って物事を見れるか、常に自身の尺度ではなく勉強だという意識があるかって事。

そんな思考があれば、セミナーなどにいかなくても、いつもと違う飲食店で外食するだけで刺激を受けることもあるだろう。

中刷り広告や、お店のキャッチ、看板にも実はそんなヒントがある。

見方や意識の違いだけで、自分の見えてくる世界は変わってくるのだと思います。

なんで、そんな事をチョットだけ意識してみてねと思う。
凄く小さい事でも、それがジャブのように連続で頭に入ってくると、大きな発想につながる事もあるしね。

そして、本やセミナーって全てでは無いけど、グサッってくることあるんで、推奨です。

一番投資すべきは株式や不動産じゃなくて、自分にです。

(以下自身にも向けて)
目的を達成するためには、直接的な努力をするより、間接的な努力をする方が、目標達成する近道だという言葉があります。

それと同じです。

「ため」を作る。
「常にジャンプしていられない」
「大きいジャンプする前には、しゃがんだ方が大きくジャンプできる」

最近、自分も忘れがちだったので、記しておこう。