ボツ原稿にしようと思っていて

他のブログを書きはじめていたのだが。
アルバイトも下りやなんだで、思考が交錯してしまってね。

じゃ、いきます。

新業態が立ち上がります。

先日もそのシュミレーションに参加しましたが、あくまで自分の主観ですが、凄く良くなっていると感じました。

色々と問題点はあるだろうし、まだレベルは低いかもしれない。

でも、テストキッチンでシュミレーションしている時に比べれば、キッチンもホールも凄く進歩したもかなぁーと感じてます。
本気でモードになって来てるかな(^-^)/

自分は味の部分を追求する立場だし、キッチン中心に関与していたのだが、実はホールスタッフがこんなにポテンシャルを秘めていたとは、はじめて気がつきました。

ポテンシャルというあえて表現したのは、今のままで良いという事ではない。改善点もあるだろうが、凄い可能性を感じたんです。
名前は覚えてないけど、最近結婚した女の子だったかな?

じゃ、なにかって言われると答えは出しにくいのですが、オペレーションの能力以上にかもし出す個性なのかな?

自分は元々営業マンでしたので、そんな感は働きます。みんな良かったのですが、そんな感じがしました。

料理に関しては、定番のものに関しては文句のつけようがない位に、美味しかった。

自分が作ったレシピの料理だったが、あまりにも美味しかったので、調理を褒めに行ったのだが、実は調理をしたのは新人さんのアルバイトのKちゃんだった。
たれと、炒め具合が絶妙と伝えると….
オタク料理人のY本が「俺がタレを作ったんです」と。
そうすると、俺的に大期待している、ヨッシーが「俺が最後、味の調整しました」とか。
作ったkちゃん、そっちのけで。
Y本、お前俺と剛が作ったレシピを混ぜてるだけやろ。

みんな笑顔で反応。

でも、そんな事が嬉しいんだよね。

自分達が、協力をしながら作った「作品」を褒められる、つまり受け入れられるという事は、この上無い程嬉しいんだよね。

それをホールに託す。

出てきた料理にサービスとか気付きとか、笑顔というスパイスを加えると、お客様の満足度は120%に150%なるんだよね。

だから、ホールとキッチンのチームワークだよね。
キッチンが気持ちを込めて調理をしたものは、ホールにも伝わるし、逆に作業で作った料理って、ホールにも伝わらないし、お客様にも伝わらない。

ホールのスタッフは直に表情や、コミニュケーションを取る事ができる。それを良い意味でも悪い事でもフィードバックする。
そこで、生まれるものってあるんだと思います。

しつこいようだが、お客様は選択している。

この店はこんなお店だとか。

その認識の根源には、スタッフの意識の反映だと思う。

この程度のお店って思ったら、そんな接し方になるしね。

本当に期待してる。

サン○ャインで色々な部分でNo1獲れるぜ!

それ位の気持ちで行こう。

ある、方から資料を見せてもらったのだが、年を追うごとにスンドゥブが、一般市場でも伸びているとのこと。

詳細に、分析された資料で、いわゆる我々などの飲食店の市場でなく、スーパーやコンビニでの販売数も伸びているという。

ちょうど3年前から位かなぁ。その方は東京純豆腐の躍進が影響を与えてるとも。

そして、チゲ鍋の素は冬に売れているのだが、スンドゥブは毎月平均的に売れつつ、冬は更に売れているというデータ。

飲食店だけじゃなく、一般市場もスンドゥブを注目しています。

ここでは、詳しく話せませんが、注目度が高まってます。

実はそんな傾向は以前からあり、大手の居酒屋さんから始まり、大手牛丼屋さん、スーパーなどでもスンドゥブとか、純豆腐とかのパッケージを見る機会が増えました。

我々が、5年前にはじめたスンドゥブ専門店。当初の目的である、国民食にするという部分では、少なからずとも影響を与えてると実感しています。

日本にスンドゥブを広げたのは、どこですか?

って言ったら、東京純豆腐って言ってもらえらたらうれしいです。

でも、それって現実味があって、いろいろな人からも現在も言われてます。

そこには、思いがあるから。

飲食店をして儲けましょうという事だけじゃなく、そんな自分達が愛した商品を広めたい、国民食にしたいという部分をかたくなに拘った部分だと思います。

自分は今、スンドゥブの仕事をしながらですが、新たな異なったジャンルにも挑戦してます。

スンドゥブの時も一緒でしたが、色々な困難や問題に直面した。
なんせ、ゼロからの出発だから。

線路が引いてある上を走るのではなく、線路をひく作業からスタートだ。

どこにどのように線路を引いていくのか、試行錯誤しながら線路を作っていく。

一人じゃ無理だから、一緒に考え悩み、作り上げればいい。

事業って何がどうのこうのっていうのも大切だけど、人の思いが集結して出来ているのだから。

思いが強ければ絶対に影響力を持てる。

そんな事を感じた、日でした。

それにしてもスンドゥブの普及度は5年前と比べれば、凄いなぁ。

自分は結構人を驚かせるのが好きだ。

良い面ではサプライズ。
悪い面ではイタズラ好き。

まぁ、うちの会社で言えばイタズラは自分とM利部長が双璧かな。

握手する時にマネキンの手で握手してビックリさせたり、エレベーターを降りると、電気が消えていて真っ暗な中でキューピー人形が不気味に光りだしたり。もう10年以上前の話ですがね。

調理長のタバコにジョロキアと言う、激辛唐辛子を仕込んだり。

これ位にしておこう。コンプライアンス委員会から告発されそうなので。そんなのないか?

とにかく、人の驚く顔やもし感動してくれたら、そんなんのが好きです。

だから、そんな妄想するのも好きですし、どんな表情してくれるだろうとイメージしながら妄想します。

仕事で言えば自分は料理の開発。

料理の世界で何十年も修行したみたいな人に、技術では勝てません。

でも、その人に勝つ発想力と新しいものを考える力はあると思います。

それは長い間、営業の世界で磨いてきました。
そして、その結論は既存のやり方、先人の教えはないがしろにしちゃいけないが、いつかそれをブレイク(壊す)ことも成長だということ。

だから、枠を作ったり、こうでないといけないとか、そんな発想を捨てることも必要だと思っています。
そして、遊び心はもちろん、自分がお客になった時に「ハッ」と少しだけ驚いて欲しい。

こんなのいままで無いじゃん。みたいな。
つねに、自分はそんなスタンスでいたいと思います。

今年を振り返るにはまだ早すぎると思うので、多くは書きませんが、激動ですね。年末のパーティーでその辺は語るとして、酔って忘れる前に書いておきたいことがある。

すばらしい仲間と年末にパーティーをします。

こんどのパーティーは5周年記念も兼ねて。

かんどう的でかつ来年飛躍できるパーティーにしたい。

すんどぅぶから始まった飲食事業。

すてぃーぶじょぶすのような、想像的で創り出す仕事をしていきたい。

来年も皆で祝杯を挙げられるように頑張ろうぜ。皆一緒だぜ。来年はもっと仲間は増えているでしょう。

うーん、ちょっとキツかった。スティーブジョブスまで出しちゃったよ。
上のひらがな混じりの文書ですが、1行目は1文字目。
二行目は2文字目と読んでもらうと。

スンドゥブ祝となります。

って、こと書くと見返しちゃうでしょ。へぇーと思うでしょ。
そんな事好きなんです。
でも、平仮名で書いた時点で、H部統括には読まれたかも知れませんが。

年末から新しい展開も始まりましたが、お客様に業界にもサプライズを起こせる組織でいようぜ!

そして、パーティーも盛り上げようぜ!

仕事柄、当然飲食店にいけば、頭の中で「ああだ、こうだと」考えてしまう。素晴らしいサービスを受ければ感動するし、そうでなければ不満もつのる。

商売って人と人とのぶつかり合い、人と人との繋がりに成り立っているのだから当たり前の事。

まぁ、飲食店の話は過去にも何度もしてるし、これからも書くだろうから、コンビニのレジ会計をあくまで、自分の主観を。

とにかく、コンビニに対してサービスって求めて無いんです。
普通に会計してくれればいいと思ってます。

でも、ほぼ毎日行くコンビニで混んでいてレジが二台、三台空いていたら、間違いなく避けるスタッフさんが2名いる。

一人は前にブログでも書いたが、マニュアル君。
氷と熱いコーヒーを買って、わざわざ違うカゴに入れてるのに、暖かい物と冷たいものはおわけしますか?

これにはきれたよね。
このスタッフには前から、色々と言いたい事があったのでよけいに。まぁ、このスタッフには、色々とあるけどやめとく。

もう一人は、もう向いてないとしか言えない。
同時に同じ事が出来ない。
クレジットカード清算なら、クレジットカードの承認を待つ間に色々とできそうなもんだが、なにもしない。動きが遅すぎるのだ。まぁ、いいです。

ここから、いいスタッフの話になります。

でも、そんな中で凄いオペレーション能力があるスタッフがいます。
メガネかけた学生さんなのかなフリーターなのかな。

とにかく、手際がよくて全てにおいて手早いです。

忙しい店でランチのキッチンをやってるのかな、と思う位手際が良いです。
例のマニュアル君と比べれば、会計のスピードは4倍違います。

彼にレジ担当してもらった時は、その鮮やかさに魅了されます。

彼、うちに欲しいです。

そんなコンビニの批評を持ちながら、普段はあまり行かないコンビニのいきました。

かなり買いました。
お茶の2リットルやら、720mlの焼酎、その他のドリンク。

それ以外にも。

レジにいくと、高校生位?の学生さんがレジに。最近年齢わかりません。
もしかしたら25歳かもしれません。

前述に書いた方と比べれば遅いし、決して手際がいいとは言えない。

でも、その後が実は感動してしまいました。

何袋にもなったんですが、その一番重いビニールの袋を自分に手渡そうと、持った瞬間に「重いのでビニール切れないように、2重にしますね」と言って袋を2重にしてくれた。

重い袋を片手で持ち上げ、袋を外側からかけようとするんだが、上手く行かない。
重いんで腕がプルプルしている。
即座に自分は袋をしたから支えて。

キュンだよね。

誤解がないように、キュンの意味が違う。

そんな、小さな事だが大切なんだよね。

ある急成長している企業では、ジャブを打てなんて言われて、現にうたれたことがある。

でも、でも。

お客さんをキュンとさせたいよね。

難しい事じゃなく自分が、お客だったらどうされたいか。

それが、キュンなんだよな。

キュンとさせる仕事をしたいなぁ。

東京純豆腐は今年の四月に五周年を迎えました。
長いようで短い。なんか、青山店オープン、その前の開発期間もつい最近のように感じられます。

今年もいつものように忘年会。

年末に、全社員を迎えて東京で忘年会を開く予定です。

そんな盛大にやるとか、そんな事は考えてないのですが、第二のステップに上がるために、意識統一をはかりたいと思います。

全社員が集まる事によって、日計や名前だけしか知らない同志が、顔を合わせる。そして交流を持つ。

そんなのって刺激を受けたりするよね。

自分もそんな経験があります。
自分は平成元年の9月か10月入社。

翌年の7月だったと思いますが、会社の10周年記念パーティーに出席しました。
目白の椿山荘でフロアーを借りて、進行はプロのアナウンサー。
フジテレビ?の局アナです。TVで見る顔です。
有名な芸人さんも来ていて、芸を披露してくれました。
海老一染之助、染太郎さん。当時は凄い売れっこでTVに出まくりの方でした。とにかく驚く事ばかり。

自分はフロアーに出ていた、めちゃ旨い寿司屋台の前で、中トロとウニ、イクラのローテーションで注文して食ってました。

そこで、初めて社長を始め、いま一緒に仕事をしているH山部長との出会いだった。取締役のI部長とも初対面かな。

当時はI取締役が、長だったかな。H山部長が主任か係長かな?
その大阪組が
会場に原色スーツ軍団が入ってきた時には、ドキッとしたよ。

なんだ、こいつらって(笑)
紫や黄色のスーツって見た事ないですよ。

そして、初めて社長との対面。
いきなり、頭を下げながら「自分が食べられてるのはS山君を始め、みなさんのおかげです。ありがとう!」と力強い握手をされた。

なんて、社長なんだろうと。

あくまでイメージなんだけど、若い自分は社長像にそんなイメージは無かった。だからハッキリ覚えてるかも。

その後も、たまたまと言うか巡り合わせで、スクラム杯という歴史あるコンテストでトップの成績をあげられたのもあってか、皆自分の周りに集まってくれて、全国の売り頭(がしら)とはみんなと話しました。バシバシと。

色々と刺激を受けた。
普段、名前と数字しか知らない人ととの会話。
そんな中で表彰などあったのだが、見てなかった訳ではないのだが、フツフツと営業マン同士との会話をしているというイメージがあり覚えていない。

そんな思いも歴史。
昔のそんな時の写真をみつけました。

と言うより、この写真をみつけて、このブログのエントリーしたってのが、正直なところです。

凄くカッコいいしってことで、
無断掲載しちゃいます。
10周年の時の表彰風景です。

はっきりいって、話しまくってて表彰はあまり見てませんでしたが、
諸先輩がた若いです。

若すぎますよ、まだリチャードギアには程遠いですね。

いまでは、浪速の東京在住のギア(なぜかヘイとも呼ばれます)ですが、凄くカッコいい先輩です。

そのカッコいいギア先輩のご子息が、実は純豆腐ある店舗の店長を務めてます。

もちろん、先輩の息子うんぬんは関係ない配置です。
実力です。

だからこそ嬉しいんだよな。

そんな自分の子供をいれられるような企業でい続けたいよな。

話はそれましたが、そんな、イメージを踏まえた忘年会をしたいな。
キッカケは仕事なんだけど、初めて会って話してから、色々と言える仲間。

言い合える仲間。

思いでに残る、記憶に残る。

そんな、みんなでいたいなぁ。

事件は会議室起こってるっじゃ、無い!

忘年会だ!