日本にとって本当に激動の年だった。

辛い事、悲しい事、沢山あった。本当に言葉では現す事が出来ない。

会社も激動だった。震災のあった3月には4店舗の出店計画が、あり全て11日以降の予定。

関東圏では二子玉店があり、開店準備をしているさなかの大震災。
オープン日が大幅にずれました。

被災地の宮城にある仙台店は、壊滅的な被害状況。

一ヶ月程、営業が出来なかった。不幸中の幸いだが、スタッフは無事だったのが救いでした。余震があると直ぐに仙台の店長に電話連絡してたなぁ。

電話に出ないと、心配で心配でヒヤヒヤもんだった。

その後も続く自粛ムードや節電で、飲食業会は大打撃でした。

夏の暑い時期に、熱いスンドゥブを出している店舗が節電で冷房を制限されるのは非常に厳しいです。

それで、青山ギャラリーでお付き合いのある、イラストレーターの鳳ヘッポバーンにご協力を頂き、全店でうちわを作ったり…。

苦しい時期でしたが何とか、乗り越えて来ました。

その間も出店計画は続き、今年は10店舗の出店で終わりました。
内、2店舗は新しい業態です。この数字をどうみるか?

まだまだです。

ただ、一つ言えることは、日本の食文化に定着している、
誰しもが親しみのある題材ではないと言う事。
ラーメン、うどん、ステーキなどは、誰しもが知っている。

スンドゥブは、まず題材の説明から入らないといけない。

でも、マイナーなスンドゥブを日本の食文化にするという理念にかかげた以上、その辺も考慮しての戦略。

サークルKサンクスさんからの、東京純豆腐監修のスンドゥブの発売。

大手ハンバーグチェーンや大手ファミレスチェーンのTVCMで、毎日「スンドゥブ」っていう言葉が聴けるのが嬉しい限りです。

去って行った仲間も居たけど、それ以上に増えた仲間。

暗い話もあったけど、明るい話題もあった。

そして、飲食事業部の大忘年会。

社員のみだが、総勢60名程でパーティー会場を貸し切り、様々な趣向を凝らして、笑あり、涙ありの今までの人生の中で最高の忘年会だった。

多分、一生忘れない心に残る忘年会だった。

もし、自分に何かあったら、葬儀で流して欲しいくらいだよ。

ちょっと、話はずれましたが、来年は今年は以上にスンドゥブは一般的になると思います。

そして、新業態を含めてまた、激動の年になるだろう。

現状を認識する。分析する。

それは全て未来をより良いものにする為の、ツール。

だから、変化する事に意味がある。逆にいえば分析も過去のデータを元にするものなんで、それを壊すことも意味ある。数字で。

そして、大切なのは未来を変えるパワー。

生きていれば、辛いことや苦しいこともある。

でも、そんな中でも嬉しいこと、楽しいこと、未来に繋がりそうなこと。

凄くちっぽけななことでも。

そんな種を見逃さず、大きく育てる事が必要なんだと思う。

たまたま社長がNYで、目的店に向かっている時に強い雨が降って来て、たまたま近くにあった、スンドゥブが売りの店に入ったのがスタート。

その美味しさに魅了されて、全く異業種の飲食をやって見たいと始まった事業。そんなちっぽけな種がなかったら、今の東京純豆腐はない。

そこが根元。

でも、始めてこの話を聞いた時に、社長には失礼かもしれないが、それほどの、パワーを感じなかったんです。

それが、I取締役、H山部長、それと俺が具体的に推し進めてと言うか、社長の心に火をつけたような気がします。

もし、最初から現在の事業部のそして、国内におけるスンドゥブのイメージがあったのなら凄いけど。そこまでのイメージはなかったと感じました。

その種に真剣に向き合い試行錯誤して、本気で喧嘩して本気で喜びあい、涙した結果、芽が出たんだと。
そして、出た芽を大きくしてくれてるのが、今のスタッフ皆んなです。
社長、間違ってたら、今度叱って下さい。

そんなこんな長い話になりましたが、可能性はロジックでは無く、思いで無限に広がるものなんだと思う。

小さい種を大きくすること。

そして、現状の自分を未来に向かって創造しよう!
想像じゃないよ。

創るんだ!

そんな集団がいればいくつでも事業は創れる。

そして、事業部のテーマ。

誰かを元気にする。自分が元気じゃなきゃ元気に出来ない

誰かを元気にするってことは、元気を与えられる自画像を創造することなのだから。

頑張ろう、我を張ろう、そして分かち合おう。

今年も本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

そして、沢山のお客様に支えられて来ました。

本当にありがたいと思うとともに、感謝いたします。

来年はもっともっと愛される愛される、東京純豆腐でありたいと心に誓う限りですございます。

来年は今年以上に、お客様にとっても、スタッフにとって必要とされる事業体であることを誓います。

大晦日を迎えた今、今年の出来事は、たった今から来年への架け橋。

栄光への架け橋に出来るよう、自身の思いと自分への期待を強めて、2012年を迎えよう!

飲食業は大晦日も元旦も関係ないけど、新たなきっかけを見つける為にはいい機会。

いいお年を……ではなく自らいい年にして行こう。

そして、今年の自分の言葉は「ありがとう」です。

来年の年末の言葉は……まだ秘密です。

では、2012年に会いましょう。

東京純豆腐
フードプロデューサーS 杉山浩之

ちょっといい話が聞けたので無断で公開しちゃいます。

大手ファミリーレストランで彼は働いていた。

100席以上ある店内でもピーク時には満席でウェイティングも出来る。

キッチンもホールも早くお客様に提供することが最優先。

そんな日々が続いていた。

そんな中、新任の社員が店舗に配属される。

その社員はその状況を見てステーキを提供しようとした、アルバイトの彼を注意した。

本来そのお店のステーキは鉄板の上におかれていて、ジュージュー音を立てている状態で提供されるのだがピークの忙しい中では提供スピードばかり重視されて、それが出来ていなかった。

「これだけ待たせている中、シズル感がないステーキを提供されるのと、あと1分だけお待たせするけど、シズル感がある美味しそうなステーキが出てくるのは、君だったらどっちがいい?」

答えは明確である。

この一言でアルバイトの彼は、飲食業やサービスに関する姿勢が変わったという。そして今現在も飲食業に携わりながら、その気持ちを守り、そして教えてくれた社員とも職場は違うけれども、熱い関係が続いている。

飲食業ってお客様にサービスを提供する事が本質でもあるが、そこで働く人々の成長を見たり、助けたり、繋がりあったりする事が楽しいし醍醐味だとも感じる。

企業であればあたり前の事でもあるが、直接社会経験のない多くのアルバイトにそれを伝える事が出来るのが飲食業である。

飲食業界で活躍されている経営者や成功者も、ほぼその最初の飲食業のバイトでサービスや料理の楽しさや、やりがいを感じて飲食業を続けてきている。

そして、その中には上記のようなエピソードも多くあることだろう。

オペレーションを教える、作業効率を教えることも大切だが、そんな飲食業の楽しさややりがいを教えることが最も大切な使命だと思う。

そんな集団でいつまでもいたい。

あるテーマでブログを書いていたのだが、凄くいい記事があったので予定を変更して紹介しようと思う。

以前、山崎SVと一緒に受けた、セミナーの講師でもあったキープウィルダイニングの代表の保志さんのブログ。

「目標が明確なこと」「絶対やる。と決めている事」

そんな思考や思いを持っている人と

「目標が曖昧」「決めた事への強さに欠ける」

そんな思考を持っている人の差を書いていた。

どちらが人生において仕事において良い結果をもたらすかは、説明するまでもないだろう。

ちょうど、そんなテーマに近い内容の記事を書いていたので、余計に感銘を受けたし、分かりやすい内容なので、ぜひ読んで見て欲しい。

人の能力差は、一部の天才を除いて

大差なんて絶対ない。

どこに差が生まれるか?というと

根拠の無い根性論は嫌いなんだけど

もう、これしかない!!と思うくらい、

2点の【目標が明確】で【絶対やる】と決めている事に

集約されていて

今日、僕自身もハッキリ学びました。

人間って凄く単純で

1つの良いきっかけが好循環をうみ、次々とうまくいき自信をつけ

よりよい人生をひきつけていく。

悪循環はどこかで、ほんの少しでいいから

周囲を上回る本気さがないと断ち切れないで

だんだん、負ける事に慣れちゃう。これが実は一番怖い。

社員達によく伝える話として、飛行機の話があります。

【結果のでない仕事】って

雨や風が吹き付ける雲の下を飛んでいる飛行機のようです。

その状態で、まぁまぁ頑張るのが一番辛いですよね~。

人の本気さや集中力ってそんなに長く継続できないと思うんです。

だから短期間で一気にギアをTOPに持ち込み

雨雲を突き抜ける。という目標を立てて勝負にでる。

そうすると、凄い重力がかかり潰れそうで

息できないくらい辛い瞬間がくる。

でも負けずにギアを上げつづけていると

最後、視界さえ見えなくなった所を突き抜けると、いきなり、

ぽーーん。と

視界がひらけた所にでる。

そこは風も無く太陽がさんさんと

降り注いだ静かな場所に出れる。

そこからは一気に飛行しやすい好循環が始まる。

みたいな。

そこそこ頑張る。って言うのが実は一番辛いし大変です。

人生はたった半年・1年で180度風向きを変えられる。

と最近、社員達をみていて思うし、僕自身も経験がある。

たった半年間でいい。

目標を決め。

絶対達成する。と決める。だけ。

これだけ。

この期間だけは今までの人生になかったくらい

その組織で誰にも負けない集中力で

誰にもできる事を誰にも真似できないレベルでやり続ければ

よっぽど大企業でなく中小企業であれば

そのレベルでやる子は間違いなく、目立つ。

そして間違いなく重宝される。

そして、人生の風向きが一気に変わる。

ここまで。

凄く為になる話です。そして、そんな経験をして来ました。

いや、これからも次の人生のステージに立つ為には、そんな過程の積み重ねが必要なんだなぁと感じてます。

技術や理屈じゃなくて、人それぞれの思いが、その人の人生をつくるんだよね。

出来そうだからとか、そんなんじゃなく、やりたいか、やれるかの意識で変わってくるんだと思う。

だからこそ、企業は人なりとの言葉がある。

個々に辛い事があっても、思い出して欲しい。

突き抜けまで、我をはろう。そして頑張ろう!

 誰にも見せない泪(ナミダ)があった
 人知れず流した泪があった
 決して平らな道ではなかった
 けれど確かに歩んで来た道だ
 あの時想い描いた夢の途中に今も
 何度も何度もあきらめかけた夢の途中

 いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある
 だからもう迷わずに進めばいい
 栄光の架橋へと…

 悔しくて眠れなかった夜があった
 恐くて震えていた夜があった
 もう駄目だと全てが嫌になって
 逃げ出そうとした時も
 想い出せばこうしてたくさんの
 支えの中で歩いて来た
 悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある
 さあ行こう 振り返らず走り出せばいい
 希望に満ちた空へ…

 誰にも見せない泪があった
 人知れず流した泪があった
 いくつもの日々を越えて
 辿り着いた今がある
 だからもう迷わずに進めばいい
 栄光の架橋へと…
 終わらないその旅へと
 君の心へ続く架橋へと…

555555

今年の飲食事業部「踊る大忘年会、笑いと感動の涙をゲットせよ」でエンディングで映像付きで流れた曲。本当に笑あり涙ありの最高の忘年会だったが、この映像には本当に感動した。

そして、噛みしめるように歌詞を確認してみると、より感動が湧いてくる。

確かに歌詞の心境に沢山遭遇した。

決して過去を振り返ると言うことではなく、新しい挑戦、新たな創造をする時には、歌詞のように涙もあるだろうし、あきらめかけたり、絶望感に襲われる事があるということ。

でも、それを乗り越えるのは個人の努力もあるだろうが、仲間。

同じベクトルの仲間の力があって、困難を乗り越える事が出来る。

ただ、同じベクトルであっても、それぞれの役割や立場で乗り越えないといけないハードルは異なる。
そこで、「誰にも見せない泪があった」
「人知れず流した泪があった」なんて事もあったと思う。

新しい時代を作るのは、役割や立場を乗り越えて個々の力が集結して初めて実現することが出来る。

泪も共有できる仲間。

それが栄光の架橋へとつながるのだと思う。

忘年会、忘年会、会議、会議の年末です。

ふぅ、キツイ、キツイ! でも楽しい!

月曜日に史上最大な、デンジャラスな飲食事業部の忘年会。

今までで最高の宴でした。来年も今年以上に盛り上がりたいよね!

グループ全体の忘年会も、来年はH部統括、A田をはじめ司会の二人、企画してくれた方にお願いしたいなぁ。なんて個人的に思ってます。

笑あり涙あり最高だよ。
だって、サプライズや、感動を与えるプロの飲食マンなんだからね。
なんてね!

そして、グループ全体の会議と忘年会。

懐かしい仲間、初めて会う仲間。

楽しかったです。

会議でも、忘年会の言葉でも出てきた「3.11」の大震災。
なんか、今年の言葉は「なでしこJAPAN」ということだが、本音の部分で言えば、震災は最大の出来事なのだろうと思う。
しかも、原発の問題も解決していない。

ヤバイ、話がそれそうなので、戻します。

それ程、日本は打撃を受けました。

当社のグループも我々の飲食事業部も。

被災地の宮城をはじめ、関東は大打撃でした。

宮城の仙台パルコ店は、あの大きな業務用の冷蔵庫が、吹っ飛んでコードが切れたり、お店が壊れて1カ月程営業が出来ませんでした。

関東も自粛モード。節電などで大幅に売り上げが落ちました。

そんな中でも振り返ってみれば、新しい業態2つ、出店で言えば8店舗。
そして二度の被災地への炊き出し、サークルKサンクスよりスンドゥブの発売、九州、北海道へ進出と初めての出来事が沢山ありました。
全てが震災後の出来事です。

個で言えば、飲食事業部では結婚、出産ラッシュ。

マイナスとプラスは表裏一体。

好調の飲食事業部もあれば、グループの他事業部が不振だったり。

ただ、平然としていたのなら何も変わらないが、ジャンプする為に色々とやったはずだ。

何十年も前に社長に聞いた言葉がある。

「ジャンプする前にしゃがめ」

大きくジャンプする為には、しゃがまないと大きなジャンプは出来ない。

大きくしゃがめばしゃがむ程、チカラを貯めれば貯める程、大きなジャンプ、大きなチカラが出てくるもんだ。

しゃがんでいる時は辛い。でもそれは大きくジャンプする為にあるんだなぁ。

そこを見てないといけないと思う。

環境が人を変える。そして人が環境を作って行く。

凄く実感した一年だった。

飲食事業部の来年のテーマでもある、「誰かを元気にしよう」

それが、自分をも元気にするんだから。

お疲れ様とは言わない、まだ今年は残っているし、我々が目指している課題はまだも続いている。

さぁ、ジャンプしようぜ!

より高く、より力強く!!